現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 知事のページ >
  4. 知事の1週間 >
  5. 令和2年度 >
  6.  1週間の動き(2年7月)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 秘書課  >
  4.  秘書班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

知事のページ

1週間の動き(2年7月)

これまでの活動報告           
                                                        

令和2年6月29日(月曜日)~令和2年7月5日(日曜日)

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

6月29日
(月曜日)

9時20分 「みえモデル」の実現に向けた視察(志摩市)
視察(志摩市観光案内所)の写真
  9時50分 「みえモデル」の実現に向けた視察(志摩市)
視察(NEMU RESORT)の写真
  11時50分 「みえモデル」の実現に向けた視察(大台町)
視察(宿屋まてまて)の写真
  13時00分 知事と市町長の1対1対談(大台町)
1対1対談(大台町)の写真
6月30日
(火曜日)
10時00分 県議会定例会(採決)
 
  11時00分 面談(台湾交通部観光局長)
台湾観光局長との面談の写真
  14時35分 面談(三重県高等学校野球連盟)
三重県高野連との面談の写真
  16時00分 中日ドラゴンズ選手会及び中日ドラゴンズからの新型コロナウイルス感染症対策への支援に対する感謝状贈呈式
中日ドラゴンズへの感謝状贈呈式の写真
7月1日
(水曜日)
11時00分 知事と市町長の1対1対談(紀宝町)
1対1対談(紀宝町)の写真
7月2日
(木曜日)
14時00分 総合教育会議(津市)
総合教育会議の写真
7月3日
(金曜日)
13時00分 伊藤製作所及び同社代表取締役社長伊藤澄夫様から三重とこわか国体・大会への寄附及び協賛金贈呈式
伊藤製作所からの寄附金贈呈式の写真
  14時00分 面談(観光庁長官)
面談(観光庁長官)の写真
  15時30分 県民への呼びかけ
県民への呼びかけの写真
 

移動自粛の緩和、経済活動の再開により全国的に人の往来が増えていますが、県民の皆様におかれましては、移動先の地域の感染状況等の情報に十分にご留意ください。
東京都心部など、感染が急速に拡大している地域へ移動を予定している方については、移動先で知らないうちに感染することを防ぐため、移動の必要性や訪問先について、一度立ち止まって考えてください。
そのうえで、移動の必要がある場合は、「まめに手洗い・手指消毒」、「密閉、密集、密接といった三つの『密』の回避」、「人との間隔は、できるだけ2m、最低1m空ける」といった『新しい生活様式』による感染防止対策の徹底をお願いします。
特に、東京都心部における繁華街にある接待を伴う飲食店等については、感染が相次いで確認されていますので訪問を控えていただくようお願いします。
 

7月4日
(土曜日)

 
 
7月5日
(日曜日)

   

                                                                                

令和2年7月6日(月曜日)~令和2年7月12日(日曜日)

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

7月6日
(月曜日)

10時15分 「三重のお宝マーケット」のPRに伴う表敬訪問
  17時30分 内外情勢調査会3支部合同懇談会
7月7日
(火曜日)
10時30分 知事定例記者会見
  15時00分 1対1対談(南伊勢町)
7月8日
(水曜日)
10時30分 犯罪被害者等への民間賃貸住宅の仲介等に関する協定締結式
  11時45分 災害時における乳児用液体ミルク等調達に関する協定締結式

三重県は、昨年、都道府県としては初めて、液体ミルクの現物備蓄を開始しました。この度、全国に先駆けて、更なる確保を目指し、日本チェーンストア協会様(三重県支部長:榊原スギ薬局会長)と協定を締結しました。これにより、三重県がミルクとして災害時に確保すべき目標量を液体ミルクだけでも達成できることになりました。
液体ミルクは、常温保存が可能で、かつ粉ミルクのように溶かすためのお湯も不要ですので、災害時に有用で、今回の協定では、その有用性の啓発も一緒に行っていただきます。

 

  16時10分 三重県商工会議所連合会通常会員総会
7月9日
(木曜日)
13時30分 紀伊半島知事会議
7月10日
(金曜日)
10時30分 知事緊急記者会見
  10時40分 県民への呼びかけ

7月11日
(土曜日)

14時00分 地方創生ベンチャーサミット
7月12日
(日曜日)
10時00分 日本ボーイスカウト三重連盟年次総会


                                                                                

令和2年7月13日(月曜日)~令和2年7月19日(日曜日)

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

7月13日
(月曜日)

9時30分 視察(三重こども食堂ネットワーク)(桑名市)
07130930
  11時20分 視察(特別養護老人ホーム美里ヒルズ)(津市)
  12時45分 令和2年度第1回三重県経営戦略会議
07131245
  16時30分 三重県市長会、三重県町村会の緊急要望
07131630
7月14日
(火曜日)
10時30分 知事と市町⻑の1対1対談(四日市市)
07141030
  14時00分 リニア中央新幹線建設促進三重県期成同盟会総会令和2年度総会(津市)
07141400
7月15日
(水曜日)
   
7月16日
(木曜日)
11時15分 面談(伊賀FCくノ一三重)
07161115
  15時30分 ぶら下がり会見
07161530

東京都などにおいて、新型コロナウイルス感染症が急速に拡大している状況をふまえ、また、連休を来週に控え、週明けから外出を計画される方もお見えになると考えられることから、あらためて県外への移動について注意喚起を行いました。

(県内の新規感染者の発生について)
新型コロナウイルス感染者の発生について、本県では7月10日に76日ぶりとなる新規感染者の発表をさせていただき、以降この方を含めて県内で8名の感染者が発生しました。
三重県では、『三重県指針ver.2』において、モニタリング指標を定め、感染拡大の予兆を察知した場合に対策を講じる判断基準としておりますが、16日発表した新規感染者を含めて直近5日間の状況は、新規感染事例2、新規感染者5、入院患者7となっています。
モニタリング指標からも直ちに措置を強化する段階にはありませんが、短期間で新規感染者が発生していることから警戒を強めていく必要があります。

(東京都心部等への移動について)
また、東京都の新規感染者数は、7月9日から12日の間200人を超え、その後も100人を超える人数で推移しており、16日は286人で過去最多となっています。15日には小池都知事から「感染拡大警報を発すべき状況」との呼びかけがあり、依然として予断を許さない状況にあると考えています。
近隣県においても、東京都をはじめ、神奈川県、埼玉県を感染経路とする事例が増えており、本県でも47例目、54例目の感染者の感染経路は東京都に由来すると考えられています。
これらのことをふまえ、東京都心部等、感染が急速に拡大している地域への移動については、その必要性や訪問先について、一度立ち止まって、慎重に考えていただきますようお願いします。
そのうえで、移動の必要がある場合は、「まめに手洗い・手指消毒」、「密閉、密集、密接といった三つの『密』の回避」、「人との間隔は、できるだけ2m、最低1m空ける」といった『新しい生活様式』による感染防止対策の徹底をお願いします。
特に、感染防止対策が不十分な飲食店、クラブ、カラオケ、劇場などへの訪問を控えていただくようお願いします。
他県の方におかれましては『三重県指針ver.2』においてお住いの都道府県の移動に関する方針にご留意いただくようお願いしているところですが、東京都にお住いの方におかれましては、16日都知事が呼びかけたとおり都外への不要不急の外出はお控えいただきますようお願いします。

(人権への配慮)
また、これまで県は、個人への偏見や差別につながる行為や人権侵害、誹謗中傷等を絶対に行わないようお願いしてきたところですが、大変残念なことに、SNS等において、個人や企業の特定、患者の勤務先や行動先への風評被害が懸念されるような情報が見受けられています。
戦うべきは人ではなくウイルスであり、私たちはまさに今、ウイルスという見えない敵と戦っています。さらに「差別」という見えない敵を増やして、地域や大切な人間関係に不安や混乱を増長させても、誰にもなんらプラスになりません。ウイルスとの戦いの収束にもつながりません。
直近の感染者にはお子さんや帰国された外国の方も含まれていますが、感染した方やその家族、関係者が地域や職場、学校において不当な差別、偏見、いじめを受けるようなことは、絶対にあってはならないことです。
感染は自身や大切な家族にも起こりうることで、決して他人事ではありません。県民の皆様におかれましては、個人や企業への偏見や差別、いじめにつながる行為、人権侵害、誹謗中傷は絶対に行わないでください。
県では、感染症への対策を徹底しながら、「“命”と“経済”の両立をめざす『みえモデル』」にもとづき、傷ついた暮らしと経済の再生・活性化に向けて全力で取り組んでまいりますので、皆様には引き続きご協力をお願いします。

 

7月17日
(金曜日)
10時00分 みえOKAMIの会オリジナルセット販売開始に係る表敬訪問
07171000
  10時30分 株式会社三重軸装、しょうわ額縁株式会社、畑井工房の3社が共同製作した飛沫感染防止パーティションの贈呈式
07171030
  11時45分 GoToキャンペーンに係る臨時ぶら下がり会見
07171145
  14時00分 知事と市町長の1対1対談(志摩市)
07171400

7月18日
(土曜日)

 
 
7月19日
(日曜日)
10時00分 全国知事会「新型コロナ緊急対策本部」「広域災害対策本部」
07190900
  11時00分 視察(北村地方創生担当大臣)(桑名市)
07191100
  13時35分 視察(北村地方創生担当大臣)(いなべ市)
07191335
  14時40分 視察(北村地方創生担当大臣)(いなべ市)
07191440

   令和2年7月20日(月曜日)~令和2年7月26日(日曜日)

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

7月20日
(月曜日)

17時00分 連合三重政策・制度要請行動
連合三重政策・制度要請行動の写真
7月21日
(火曜日)
10時30分 知事定例記者会見
定例記者会見の写真
  16時00分 三重県警備業協会との大規模災害時及び家畜伝染病発生時の交通誘導警備業務等に関する協定締結式
警備業協会との協定締結式の写真
7月22日
(水曜日)
10時00分 一般社団法人三重県建設業協会から「新型コロナ克服みえ支え“愛”募金」への寄附金贈呈式
建設業協会からの寄附金贈呈式の写真
  11時45分 セブン‐イレブン・ジャパンの「三重県食材応援!」企画に係る表敬訪問
セブンイレブン表敬訪問の写真
 

今年は三重県にセブンイレブンが初出店して15周年だそうで、それを記念して、22日から新商品を発売‼️新型コロナで影響を受けた養殖マダイを活用した、冷やしラーメンや鯛めしおにぎり、同じく新型コロナの影響を受けた伊勢茶のシュークリームなど、試食しましたが、めちゃくちゃうまい‼️三重県だけでなく、愛知県、岐阜県でも販売してますので、ぜひ皆さんお買い求め下さい‼️

  13時15分 熊本県に派遣した災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)による活動報告会
DHEAT活動報告会の写真
  15時30分 県民への呼びかけ
県民への呼びかけの写真
  16時45分 「チームみえスーパージュニア」指定証交付式(津市)
チームみえスーパージュニア指定証交付式の写真
7月23日
(木曜日)
   
7月24日
(金曜日)
   

7月25日
(土曜日)

12時30分 県民への呼びかけ
県民への呼びかけの写真
7月26日
(日曜日)
15時20分 県民への呼びかけ
県民への呼びかけの写真
 

   令和2年7月27日(月曜日)~令和2年8月2日(日曜日)

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

7月27日
(月曜日)

10時45分 「新・ダイバーシティ経営企業100選」に係る受賞報告会
  11時15分 元県議三重の会
  14時00分 四日市港管理組合第2回定例会
7月28日
(火曜日)
9時00分 バイオコモによる新型コロナウイルス感染症ワクチン共同開発の報告に係る表敬訪問
  10時00分 知事と市町長の1対1対談(玉城町)
  13時00分 LITALICOジュニア四日市教室開設の報告に係る表敬訪問
  14時20分 三重県社会基盤整備協会定時総会
  16時00分 新型コロナウイルス感染症対策本部本部員会議
  16時35分 県民への呼びかけ
7月29日
(水曜日)
10時00分 三重県戦没者追悼式
  13時00分 労働関係3団体からの寄附金贈呈式
  13時30分 三重県町村会定期総会
  19時30分 青山社中フォーラム
7月30日
(木曜日)
10時30分 知事と市町長の1対1対談(尾鷲市)
  14時00分 知事と市町長の1対1対談(伊勢市)
  16時15分 水産関係団体との意見交換会
7月31日
(金曜日)
14時00分 三重県町村議会議長会定期総会
  15時30分 緊急記者会見
  19時30分 三重県新型コロナウイルス感染症対策協議会


 

今後の更なる新型コロナ感染拡大に備えた医療提供体制、特に病床確保計画について審議いただくため、7月31日、医療関係者等の有識者による三重県新型コロナウィルス対策協議会を開催しました。
病床など医療提供体制の確保がなければ、PCR検査の徹底もできませんし、病床が逼迫したらコロナ以外の医療提供に支障が出たり、経済活動を止めたりしなければなりませんので、これまでも三重県として最優先課題として取り組んできました。三重県の地域事情に即した形でこれまで病床確保をしっかりできていましたので、PCR検査を徹底でき、いわゆる陽性率は、いずれも7月28日現在で、全ての期間トータルで1.4%、感染者が増加している直近で陽性率は3.9%となっています。
三重県では、厚労省から示されたモデルに基づきシミュレーションを行った結果、今後感染がまん延した場合、ピーク時で、入院患者と軽症者施設で療養する方を合計した最大療養者数が417名、最大入院者数274名、重症者40名、一日に発生する感染者が32名となりました。なお、8月1日15時現在の入院者数は49名(重症者ゼロ)であり、現在確保している病床は167床、加えて軽症者用施設としてホテルを100室確保する目途がたっており、現在の医療提供体制の備えとしては問題ありません。
今後に向けては、先程のシミュレーション結果を踏まえ、病床については当面209床まで即応病床として確保を進め、同時に軽症者が療養するためのホテルについて引き続き100室確保します。更に、それ以上の感染がまん延する状態のピーク時に備えては、358床の病床と軽症者施設100室+αを確保します。これらにより、ピーク時の最大療養者数417名を大きく上回る体制を確保できます。これについて、31日の対策協議会において、医療機関等の専門家の皆様からご了承をいただきました。
医療提供体制の確保は、ベッドだけではなく、人材の確保も必要であり、新型コロナ以外の医療提供もしていただきながらですから、医療機関の皆様の多大なご協力の賜物であり、改めて心から感謝申し上げ、県としても医療機関に対する最大限の支援を行ってまいります。引き続き医療提供体制の確保に向けて、関係者の皆様と連携し、全力で取り組んでまいります。

8月1日
(土曜日)

 
 
8月2日
(日曜日)
12時00分 四日市市及び桑名市との共同会見


 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 秘書課 秘書班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2013/2014/2498 
ファクス番号:059-224-3130 
メールアドレス:hisho@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000240596