現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 知事のページ >
  4. 知事の1週間 >
  5. 平成23年度 >
  6.  1週間の動き(23年9月)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 秘書課  >
  4.  秘書班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

知事のページ

1週間の動き(23年9月)

これまでの活動報告

平成23年8月29日(月曜日)~平成23年9月4日(日曜日) 

 

翌週へ  

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

8月29日
(月曜日)

8時40分

河南省農業科学院訪問 (鄭州市内)

11時

河南省環境保護庁訪問 (鄭州市内) 

12時 環境保護庁主催昼食会 (鄭州市内)
14時30分 河南省旅遊局及び教育庁訪問 (鄭州市内)
16時30分 河南省人民代表大会常務委員会表敬 (鄭州市内)
17時30分 河南省長表敬・覚書調印 (鄭州市内)
18時10分

河南省政府主催友好提携25周年レセプション (鄭州市内)

 

河南省政府主催友好提携25周年レセプションの写真

  河南省の農業科学院、環境保護庁、旅遊局、教育庁を訪れた後、河南省長を訪問し、友好提携25周年における覚書と観光・交流の推進に関する協定書を締結しました。今後も引き続き、三重県と河南省が、経済、文化、環境保全、農業、人材育成などさまざま分野で交流と協力を促進するとともに、とりわけ観光分野での交流を強化していきたいと考えています。

8月30日
(火曜日)

  鄭州空港~上海空港
11時  JNTO上海事務所訪問 (上海市内)
13時30分 上海国旅国際旅行社訪問 (上海市内)
14時15分 上海市旅遊局訪問 (上海市内)
16時30分 

三重県観光説明会・交流会 (上海市内) 

 

三重県観光説明会・交流会の写真

  上海市に移動し、上海国旅国際旅行社、上海市旅遊局、上海市教育委員会などを訪問し、それぞれの取組について意見交換を行いました。また、三重県観光説明会・交流会を開催し、観光誘客に向けて県内の観光事業者の皆さんとともに、三重の観光を強くPRしました。
8月31日
(水曜日)
9時

上海観光情報拠点(上海ぐるなび)訪問 (上海市内) 

10時30分

上海電器科学研究所(集団)有限公司及び中国電器工業協会訪問 (上海市内)

13時5分

三重県中小企業家同友会展示場開設予定場所視察 (上海市内)

14時

在上海三重県企業との意見交換会 (上海市内) 

 

訪問(上海電器科学研究所)の写真

  来年4月に三重県中小企業家同友会の商品展示場が開設される予定の上海電器科学研究所(集団)有限公司を訪れ、高度部材イノベーションセンターでの取組や県内進出時の支援制度を説明したほか、上海観光情報拠点(上海ぐるなび)などを訪問しました。今回の訪中を県内企業の販路拡大や観光誘客につなげていくよう取り組んでいきたいと思います。
  上海空港 発 ~ 関西国際空港 着

9月1日
(木曜日)

11時40分

面談(県警本部長)

12時50分

面談(北陸大学 石井多賀子教授)

14時

「三重県食品の自主衛生管理認定制度」認定証交付式

 

「三重県食品の自主衛生管理認定制度」認定証交付式の写真

  三重県では、食品製造業を対象に、自主衛生管理の推進を図るため、HACCP手法(ハサップ(危害分析重要管理点方式))を取り入れた事業者の認定制度を実施しています。製造工程ごとに危害の分析と衛生管理を行い、安全な食品を製造する方法で、今回、ノーベル製菓(株)三重工場第二工場が認定されました。こうした取組が拡がり、消費者にとって高品質で安全な食品の提供につながることを期待しています。
14時15分 9月補正予算知事査定

9月2日
(金曜日)

9時15分

面談(フォーミュラ・ニッポン オリベイラ選手)

 

面談(フォーミュラ・ニッポン オリベイラ選手)の写真

  国内最高峰の自動車レース「フォーミュラ・ニッポン第5戦」の鈴鹿サーキットでの開催に先駆け、フォーミュラ・ニッポン2010年チャンピオンでブラジル出身のオリベイラさんが県庁にお見えになりました。オリベイラさんは「鈴鹿サーキットは選手なら誰もが走りたいと思うコース。最後まであきらめず頑張りたい」と話されていました。今後とも活躍を期待しています。
9時45分 面談(中部経済連合会会長)
10時

9月補正予算知事査定 

9月3日
(土曜日)

   

9月4日

(日曜日)

16時

災害対策本部本部員会議 

 

  台風12号の記録的な豪雨により、三重県をはじめ紀伊半島を中心に甚大な被害が発生しました。尊い命を亡くされた皆様に深く哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。県としましては、引き続き、被災された皆様の生活支援やライフラインの復旧に全力をあげて取り組んでまいります。

 

平成23年9月5日(月曜日)~平成23年9月11日(日曜日) 

  前週へ

翌週へ  

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

9月5日
(月曜日)

10時

三重県災害対策本部本部員会議

13時20分

視察(台風12号による被害地域視察等) (紀宝町内) 

 

視察(台風12号による被害地域視察等)の写真 

  台風12号の豪雨により大きな被害を受けた紀宝町に入り、被害の状況について町長から聴き取るとともに、被災現場をこの目で確認してまいりました。県としても、行方不明の方の捜索を最優先で進めるとともに水や電気などの生活インフラの復旧に向けた活動、食料等の物資の提供、県職員の派遣、災害廃棄物の処理、避難された方々の心のケア、ボランティアの確保などについて、市町のニーズを聴き取りながら、関係機関とも連携し全力で取り組みます。
18時10分 取材(月刊ガバナンス)
19時20分 取材(枻出版)

9月6日
(火曜日)

6時35分  取材(フジテレビ)
9時30分 面談(世界マスターズ陸上競技大会 曽野政男氏)
10時 面談(FC鈴鹿ランポーレ)
14時

防災担当大臣との面談、視察 (紀宝町及び御浜町内)

 

防災担当大臣との面談の写真

被災地域の視察の写真

  紀宝町で平野防災担当大臣とお会いし、財政支援と激甚災害の早期指定などについて強く要望いたしました。その後、紀宝町の大里、御浜町の阿田和の被災現場に入り、その後、熊野市長とお会いし被害状況についてお聴きしました。引き続き、被災市町に対し、県、県内市町、自衛隊、消防、警察が一丸となって支援すべく全力を尽くします。
9月7日
(水曜日)
17時

取材(名古屋テレビ) 

9月8日
(木曜日)

8時30分

三重県災害対策本部本部員会議

9時

障がい者支援施策総合推進会議

9時15分

部長会議 

9時45分 総合経営会議
11時 三重県行財政改革本部本部員会議
12時30分

企業立地協定調印式

 

企業立地協定調印式の写真

 

マグ・イゾベール株式会社が津市内(ニューファクトリーひさい工業団地内)に新工場を建設することになり、立地協定の調印式を行いました。マグ・イゾベール株式会社が建設予定の津工場は、西日本で最大規模の住宅用グラスウール製造工場となる予定です。

今後も、積極的に企業誘致を進め「もうかる三重」を実現したいと思います。

9月9日
(金曜日)

9時45分

三重南紀みかん命名式 

 

三重南紀みかん「みえの一番星」命名式の写真

  県農業研究所が開発した超極早生みかんを「みえの一番星」と命名しました。「みえの一番星」は、糖度が高く、ハウス栽培みかんを除くと、全国でいち早く販売できます。希望の星として歩んでいけるようにという願いを込めて命名しました。私もしっかりとPRしていきたいと考えています。
10時30分 定例記者会見
14時30分

内閣総理大臣との面談及び視察 (紀宝町内) 

 

首相との面談及び視察の写真

 

 

紀宝町で野田総理大臣とお会いし、激甚災害の早期指定、国の第三次補正予算における災害対応、土砂災害にかかる財源の重点配分、紀勢自動車道、熊野尾鷲道路など新たな命の道の早期完成、産業や雇用の面からの新しいまちづくりの支援などについて強く要望しました。

また、9月11日には自民党の谷垣総裁とも面談し同様の要望をいたしました。

9月10日
(土曜日)

10時  三重県漁業者決起大会 (伊勢市内) 

9月11日

(日曜日)

8時30分

自由民主党総裁との面談 (紀宝町内)

18時  取材(ケーブルコモンネット三重) (津市内)

 

平成23年9月12日(月曜日)~平成23年9月18日(日曜日) 

  前週へ

翌週へ  

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

9月12日
(月曜日)

15時

面談(県土整備常任委員会委員長 他)

17時30分

面談(高校総体成績優秀者 他)  

9月13日
(火曜日)

9時30分 面談(台北駐大阪文化弁事処 処長)
12時 視察(窯業研究所 他) (四日市市内)
15時 中部産業振興協議会 (愛知県内)
9月14日
(水曜日)
10時

県議会第三回定例会(開会)

12時45分 面談(自民党三重県連台風12号災害対策本部 他)
14時30分 県議会 全員協議会

9月15日
(木曜日)

13時30分

自衛隊災害派遣撤収関連行事 (津市内)

自衛隊災害派遣撤収関連行事の写真

  台風12号の豪雨により被害を受けた紀宝町において、自衛隊第33普通科連隊の皆さんには孤立地域の救出活動と給水活動をお願いし、約100名の住民が救出されました。15日には自衛隊の皆さんに撤収していただき、その際、私からは、不眠不休による自衛隊の皆さんのご尽力に対し心から感謝申し上げたところです。
16時10分

取材(中京テレビ)

9月16日
(金曜日)

10時

野生獣による農林産物への被害について考えるフォーラム (志摩市内) 

野生獣による農林産物への被害について考えるフォーラムの写真

  志摩市で「野生獣による農林産物への被害について考えるフォーラム」を開催しました。野生鳥獣による農林産物への被害が増加してきていますが、一方で、生物多様性の観点から野生鳥獣とどう共生していくかを考える必要があります。県民の皆さんにも、いかに野生獣と共生しながら農林産物への被害を軽減していくのか考えていただければと思います。

9月17日
(土曜日)

9時30分 

三重県版事業仕分け (津市内) 

三重県版事業仕分けの写真

  新たな行財政改革の取組の一環として、全ての事業をゼロベースから見直すため、「三重県版事業仕分け」を行いました。今回、特に議論が必要な40の事業について、政策シンクタンクの構想日本や有識者のほか、公募で選ばれた県民の方を仕分け人とし、公開の場で議論していただきました。私が行おうとする無駄やしがらみの排除につなげていきたいと思います。
13時45分

台風12号による被災地視察 (熊野市内)

台風12号による被災地視察(熊野市)の写真

  台風12号の豪雨により被害を受けた熊野市五郷町と金山町に入り、熊野市長とお会いし、山林崩壊や土砂流出箇所など被災現場を確認してまいりました。また、翌日の18日には津市美杉町の山腹崩壊箇所や橋梁流出現場などの被災現場に入りました。県としても1日も早い復旧・復興に向け全力を尽くしたいと思います。

9月18日

(日曜日)

10時30分

全国脊椎損傷者協会連合会東海北陸ブロック会議三重県大会 (津市内)

12時40分  台風12号による被災地視察 (津市内)
15時40分 三重県版事業仕分け 閉会式 (津市内)

  

平成23年9月19日(月曜日)~平成23年9月25日(日曜日) 

  前週へ

翌週へ  

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

9月19日
(月曜日)

   

9月20日
(火曜日)

10時

県議会第三回定例会(代表質問、議案質疑)

 

9月14日に県議会第三回定例会が開会されました。

代表質問では、台風12号の被害と対応、また、14日に公表した「みえ県民力ビジョン(中間案)」を中心に質問がされました。私からは、被災地の1日も早い復旧・復興と、今回の災害で実感した課題や教訓について改善を図るよう努力していくと申し上げました。また、「みえ県民力ビジョン」については、「県民力でめざす『幸福実感日本一』の三重」を基本理念に、新しい三重づくりに取り組むことを改めて表明しました。
16時30分 面談(三重難病連)
9月21日
(水曜日)
11時

三重県災害対策本部本部員会議

18時30分 三重スリーアローズシーズン報告会 (津市内)

9月22日
(木曜日)

10時

県議会第三回定例会(一般質問)

 

9月23日
(金曜日)

 

 

 

9月24日
(土曜日)

13時30分 

国際森林年記念行事 シンポジウム「もっと知ろう!三重の森林」 (伊勢市内) 

 

国際森林年記念行事「もっと知ろう!三重の森林」の写真

  伊勢市で国際森林年記念行事「もっと知ろう!三重の森林」を開催しました。森林は地球温暖化や生物多様性の保全など、私たちの命と暮らしの安全・安心を支える重要な役割を担っています。県では、林業が元気を取り戻し、森林の機能が十分発揮されるよう、県民の皆さんと「協創」し取り組んでいきます。
16時45分

ふるさと三重物産展 (津市内) 

19時45分 全国青年会議所建設部会三重建設クラブ (松阪市内)

9月25日

(日曜日)

10時

みえ風水害対策の日 (志摩市内)

 

「みえ風水害対策の日」の写真

  「みえ風水害対策の日」は、1959年(昭和34年)本県に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風による被災体験や教訓を風化させることなく、災害のおそろしさや災害への備えの大切さを次世代の子どもたちに伝え、県民の皆様と防災文化を築く目的で定めています。この日は、小・中・高校生の皆さんからご応募いただいた防災標語の表彰式も行いました。家庭や学校、職場で防災の大切さについて話し合い考えていただくことを切に望みます。
15時30分  面談、視察(文部科学大臣) (紀宝町内)
19時40分

四日市工業高校テニス部優勝祝賀会 (四日市市内)

 

四日市工業高校テニス部優勝祝賀会の写真

  県立四日市工業高校テニス部が、全国高等学校総合体育大会テニス競技で3冠達成をされました。3冠達成は県内の公立学校ではじめての快挙です。こうした活躍は、県内の高校生や県民に元気・勇気・感動を与え、また、スポーツへの意欲と関心の高まりにつながるものです。県としても引き続き、スポーツ選手の育成・強化や指導者の養成に取り組んでいきたいと思います。

 

平成23年9月26日(月曜日)~平成23年10月2日(日曜日) 

  前週へ

 

月日 時間 行事等名称
(場所の記入のないものは県庁内)

9月26日
(月曜日)

9時 

キャリア教育視察(県立朝明高等学校) 

 

キャリア教育視察(県立朝明高等学校)の写真

  キャリア教育を実践している県立朝明高校を訪問しました。朝明高校では、コミュニケーション能力の向上を図り、社会的・職業的自立のための能力を育てるため、班別学習をとりいれた「参加型協同学習」を実施しています。キャリア教育は、自分の目標を達成するため計画を持って実行する力を養うということだと思います。今後もキャリア教育を充実させていきたいと思います。
16時  取材(京都大学大学院広報誌) 

9月27日
(火曜日)

10時

県議会第三回定例会(一般質問、質疑、委員会付託)

9月28日
(水曜日)
9時

職場訪問(津建設事務所) (津市内)

17時20分 三重の酒を楽しむ会 (津市内)
18時10分

ものづくり新グループ設立記念交流会 (津市内)

 

ものづくり新グループ設立記念交流会の写真

  優れた技術を持つ中小企業同士が連携し、試作品づくりを通じて、新技術開発や新分野開拓に取り組まれる「ものづくりグループ」が鈴鹿市と伊勢市に2つのグループが新たに設立されました。三重県が日本経済を支え、リードしていくためにも、中小企業の新たな技術開発や販路開拓等が必要であり、特に中小企業の連携やネットワークづくりが極めて重要だと思います。今後も中小企業の積極的な取組に期待します。

9月29日
(木曜日)

10時

県議会第三回定例会(一般質問) 

16時10分

面談(ザウバーF1チーム 小林可夢偉選手)

 

面談(ザイバーF1チーム 小林可夢偉選手)

 

ザウバーF1チーム小林可夢偉さんが、鈴鹿サーキットで開催されるF1日本グランプリの出場報告に県庁に来ていただきました。私からは、可夢偉選手に明るい話題を提供していただき国民を元気づけてくれていることに感謝申し上げ、また、地元開催なので最高の成績を残していただくよう頑張ってくださいと激励しました。

17時30分 三重県防災対策会議

9月30日
(金曜日)

8時30分

総合経営会議

9時30分 行財政改革推進本部本部員会議
10時  三重県環境保全・地球温暖化対策推進委員会
10時30分  定例記者会見
11時45分  台風12号三重県災害義援金の贈呈式(近畿日本鉄道)
12時  面談(御浜町長) 
13時20分  三重県立看護大学平成23年度公開講座 (津市内)
15時 

みえの現場・すごいやんかトーク大学編in県立看護大学 (津市内)

 

みえの現場・すごいやんかトーク大学編in県立看護大学の写真 

 

三重県立看護大学で、みえの現場・すごいやんかトークを開催しました。

県立看護大学では、東日本大震災で被災した岩手県に対し学生ボランティアによる支援を行っており、ボランティアに参加された学生さんを中心にトークをしました。被災地で皆さんが肌で感じた思いをお話しいただき、また、県に対する提言もいただきとても有意義でした。

10月1日
(土曜日)

13時

高虎サミットin伊賀(オープニングセレモニー) (伊賀市内)

 

10月2日

(日曜日)

10時

みえ農商工連携フェア (津市内) 

 

 みえ農商工連携フェアの写真

 

津市で「みえ農商工連携フェア」を開催しました。

県内の農林水産物やそれらを活用した農林水産物加工品の展示・即売会を行い、 約9千人の方にお越しいただきました。このフェアで、地域の資源を生かして美味しいもの、ユニークなものができることを皆様にご承知いただき、商品の消費拡大つながることを期待します
13時 全国母子寡婦福祉研修大会 (桑名市内)
15時10分

彫型画展表彰式 (津市内) 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 秘書課 秘書班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2013/2014/2498 
ファクス番号:059-224-3130 
メールアドレス:hisho@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000025369