このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。


現在位置:
  1. ホーム >
  2. 入院案内 >
  3.  入院治療の内容


入院治療の内容(児童精神科)

 入院治療では、診察や薬物治療・心理療法等だけではなく、同年代の子どもたちが集団で過ごすことのメリットを生かした治療を行っています。

 

《主な活動内容》

  ○ グループ療育活動

  ○ 生活療育活動

  ○ あそび臨床「おもしろクラブ」の活動  
 

 

 

グループ療育活動

  • 集団遊び・集団活動グループ

 子どもたちにとってあそびとは「ただ遊ぶだけ」ではありません。認知能力・感情コントロール・社会性といった心の機能、あるいは筋力・身のこなし・器用さといった体の機能を育む場でもあり、疲れた心を癒したり自尊心を高めたりする場でもあります。

小集団であそぶ場面・様々な活動をする場面を、年齢に応じ組織的に子どもたちに提供します。それにより、子どもたちが自尊心を取り戻し、もっている心身の力を発揮できるように援助しています。

  • 生活技能訓練(SST)

対人関係がうまく行かないことから、子どもたちは自信をなくしがちです。そこで「どうすれば対人関係でうまくやれるような言動ができるか」を仲間達と一緒に練習するのがSSTです。小学生、中学生、高校生年代、それぞれの年代にあったスタイルで、「ロールプレイ」の形をとって練習しています。

  • にこにこグループ(広汎性発達障がい児療育)

三重県立子ども心身発達医療センター児童精神科は、前身の旧あすなろ学園からずっと発達障害の子どもたちの療育を続けてきました。「にこにこグループ」の療育はその長い歴史を踏まえて、認知能力や対人関係能力を育むこと・生活の力をつけることを目的に、教具を使ったり運動をしたり時には外出も行ったりしながら、子どもたちにあった集団プログラムを設定して取り組んでいます。

生活療育活動

集団活動の成果を踏まえ、24時間の生活の中で、子どもたち自身の「生きる力」を伸ばしていくことが、生活療育活動の大きな目的です。

お部屋を片づけること、洗濯をすること、自分の身体をケアすること、病棟の仲間とうまく付き合うこと、食事やお風呂、等々、生活場面の一こま一こまを担当職員と共有しながら目標を定め、よりスムーズな生活ができるように取り組むことが、生活療育活動です。

あそび臨床おもしろクラブ

  • 集団の中に居場所を得ること
  • 社会性を伸ばすこと
  • 楽しさを他者と分かち合うこと
  • 大人への信頼を確立すること
  • 心身を健康に発達させること

子どもたちにとって「あそび」は、このような発達課題を達成するために欠かせないものです。

個々の取り組みの楽しさや季節の生活文化を体感する「レクリエーション」よりさらに深い意味を求め、子どもたちがより大きな集団でのあそびを通じて発達課題の達成に向かい、健康な心を取り戻せるよう援助すること。

三重県立子ども心身発達医療センター全体の大人たちが一体になって、子どもたちと「あそび」を展開すること。 このための取り組みが「おもしろクラブ」です。

 

【H27年度 活動報告】

・ゲーム大会     ・宿泊キャンプ     ・旧あすなろ学園祭

・伝承あそび&餅つき大会     ・あそび大会

 

【H28年度 活動報告】

・ゲーム大会     ・宿泊キャンプ     ・旧あすなろ学園祭

・伝承あそび&餅つき大会

外来診療のご案内
児童精神科
整形外科・小児整形外科
リハビリテーション科
  • 医療関係者の皆様へ
  • 地域支援の取り組み
  • センターの取り組み