現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 産業 >
  4. 公営企業(水道用水供給・工業用水道・電気) >
  5. 水道用水供給 >
  6. 水道用水供給事業・詳細 >
  7.  太陽光発電設備の概要(高野浄水場)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 企業庁  >
  3. 水道事業課  >
  4.  機電管理班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県企業庁

太陽光発電設備の概要(高野浄水場)

太陽電池

太陽電池の種類 多結晶シリコン太陽電池(167W)
モジュールの枚数 900枚
モジュール1枚の大きさ 1,323ミリ×1,004ミリ
公称最大発電電力 150kW
年間発電電力量(見込) 約 140,000kWh
モジュール設置面積 約 1,200平方メートル
遮光面積 約 1,470平方メートル

モジュールの写真

これがモジュールです。

太陽電池はN型とP型と呼ばれる性質の異なる2種類の半導体から出来ています。それに太陽光が当たると直流の電気を発生します。

パワーコンディショナー盤

定格出力容量 150kW
相数 3相3線式 200V

発電された直流の電気を一般的に使われている交流の電気に変換する装置です。

表示盤

中勢水道事務所正面玄関内に設置してあります。

毎日の発電量などがここで分かるようになっています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 企業庁 水道事業課 機電管理班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2833 
ファクス番号:059-224-3043 
メールアドレス:kigyosu@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000022832