現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 廃棄物とリサイクル >
  4. 資源循環・3R >
  5. 小型家電リサイクル法 >
  6.  都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクトについて
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 廃棄物・リサイクル課  >
  4.  リサイクル推進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクトについて

ご家庭で使わなくなった携帯電話・パソコン・デジカメなどが、東京オリンピック・パラリンピックのメダルに生まれ変わります!

 「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で使用する約5,000個の金・銀・銅メダルを、全国各地の家庭でお持ちの使用済み携帯電話等の小型家電等から作る国民参画型のプロジェクトです。
 三重県は、当プロジェクトに賛同しています。

プロジェクトの詳細は、専用ホームページをご覧ください。(下のバナーをクリックしてください)

専用ホームページ(一般財団法人日本環境衛生センター)


 

プロジェクトの参加方法

(1)プロジェクトに参加している市町による回収

お住いの市町がプロジェクトに参加し、回収をスタートしている場合、市町の回収品目や回収方法に合わせた回収をご利用ください。
なお、三重県内でプロジェクトに参加し、回収をスタートしている市町は以下のとおりです。

★回収をスタートしている市町と回収方法(平成30年7月24日現在)
市町名 ボックス 拠点 イベント
桑名市      
いなべ市      
木曽岬町      
東員町      
四日市市    
菰野町      
朝日町      
鈴鹿市      
亀山市      
津市      
松阪市    
多気町      
明和町      
大台町      
玉城町      
度会町      
大紀町      
伊勢市      
鳥羽市      
志摩市      
南伊勢町      
伊賀市      
名張市      
尾鷲市      
紀北町      
熊野市      
御浜町    
紀宝町      


 

(2)全国のドコモショップでの回収

携帯電話・スマートフォン・タブレットのみ回収しています。
詳しくは、専用ホームページをご覧ください。
(外部リンク)docomoホームページ


 

(3)イベントにおける回収実績
【平成30年度】

 夏のエコフェア2018(開催場所:三重県鈴鹿山麓研究学園都市センター)で、四日市市と連携して小型家電の回収を行いました。
 小型家電の回収量は約130kgで、回収した品目は以下のとおりでした。
 回収にご協力いただきありがとうございました。

夏のエコフェア2018で回収した小型家電(主なもの)
○携帯電話、スマートフォン、タブレット
○デジタルカメラ、デジタルビデオカメラ

○パソコン、ノートパソコン、モニター
○電子辞書
○ゲーム機
○電話機、ファクシミリ
○ラジオ
○電子レンジ
○映像用機器(DVDレコーダー、プレーヤー、チューナーなど)
○音響機器(CDプレーヤー、テープレコーダー、ヘッドホンなど)
○理容用機器(ドライヤー、電気かみそり、電動歯ブラシなど)
○付属品(リモコン、ACアダプタ、ケーブル、充電器など)


【平成29年度】
 みえ環境フェア2017で、津市と連携して小型家電の回収を行いました。
 小型家電の回収量は以下のとおりでした。
 回収にご協力いただきありがとうございました。
(みえ環境フェア2017での小型家電回収量)

品目 回収量(個) 回収量(㎏)
携帯電話
(スマートフォン含む)
36 108.2
ノートパソコン 12 30.6
タブレット 2 0.8
デスクトップ型パソコン 8 73.8
デジタルカメラ 14 3.0
ディスプレイ 6 44.0
ラジオカセット(※) 2 6.4(※)
電話機(※) 3  
チューナー(※) 5  
ドライヤー(※) 2  
ゲーム機 3  
その他(マウスなど) 多数 2.8
合計 153
(その他マウス多数)
178.7
※ラジオカセット、電話機、チューナー、ドライヤーを合わせた回収量(㎏)

 

小型家電リサイクル法とは

 日本全体で1年間に使われなくなったパソコンや携帯電話といった小型家電は、約65万トンと推定されています。
 その中には鉄や銅、金や銀といった有用な金属が多く含まれており、金額にして約844億円にもなるといわれています。
 そのため、使われなくなった小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」とも呼ばれています。
 推計では、現在使用中の製品も含めて、日本国内の「都市鉱山」には、金が6800トン(世界の埋蔵量の約16%)、銀が6万トン(世界の埋蔵量の約23%)と、資源国をしのぐほどの量が埋蔵されています。
 これらの使用済小型電子機器等(携帯電話、パソコン、デジタルカメラ及びゲームなど)を適切に処理し、含まれている貴金属やレアメタルなどの資源のリサイクルを促進するため、平成25年4月から施行された法律です。
 正式名称は「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」といいます。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 廃棄物対策局 廃棄物・リサイクル課 リサイクル推進班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2385 
ファクス番号:059-222-8136 
メールアドレス:haikik@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000207010