現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 医師・看護職員確保対策 >
  5. へき地医療支援機構 >
  6.  へき地医療支援機構の活動
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 健康福祉部  >
  3. 地域医療推進課  >
  4.  医師・看護師確保対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

へき地のみんなを応援します!三重県へき地医療支援機構

へき地医療支援機構の活動

1.代診医等の派遣、巡回診療の調整 

代診医派遣・巡回診療の実績はコチラ

へき地診療所に対する代診医等の派遣調整

へき地の診療所等の医師が休暇(夏季休暇、学会出張、病休など)を取れるよう、代診派遣調整を行っています。

へき地診療所への代診システムの図解

 代診派遣調整事務を、志摩病院に委託し、へき地医療拠点病院の協力により代診派遣を行っています。またそれ以外に、へき地医療拠点病院以外への直接の依頼も行っていますので、御協力いただける医師の皆様、ぜひご連絡ください。(へき地医療機関のスポット勤務情報も、おいないねっとみえ医師バンクに掲載されていますので、ぜひご覧ください。

へき地医療拠点病院、へき地診療所とは

 

無医地区に対する巡回診療の調整

無医地区の地図表示

 三重県には3箇所の無医地区2カ所の無医地区に準じる地区があり(平成27年1月末時点)無医地区へは近隣医療機関から、巡回診療の御協力を頂いております。

地区名 市町名 実施医療機関
太郎生(たろう)地区 津市  -
伊勢地(いせち)地区 津市  -
浅里(あさり)地区 紀宝町  紀南病院
西山地区 熊野市  紀和診療所
上川(じょうせん)地区 熊野市  紀和診療所

無医地区とは
 

2.へき地に従事する医師等に対する研修会の立案・実施

へき地医療体験実習

へき地医療体験実習の写真

詳しくはコチラ

対象:へき地医療に興味のある医学生 25名程度
日時:8月の水曜午後~土曜(3泊4日)
    ※研修会も参加の場合、4泊5日
場所:三重県内のへき地医療機関
参加費:2,000円(県内交通費、宿泊費は補助します)
内容:①各医療機関2~3名に分かれての実習
   ②意見交換会(へき地医療研修会場に集合)
   ③体験実習報告会(へき地医療研修会にて)
 

へき地医療研修会

詳しくはコチラ

対象:へき地医療に興味のある方 参加者100名程度
日時:8月の土曜午後~日曜午前(1泊2日)
場所:三重県内
参加費:無料(懇親会のみ有料)
内容:①学生による体験実習の報告会
   ②シンポジウム、ワークショップ、ワールドカフェ、講演など
 

東海三県へき地医療研究会

詳しくはコチラ

対象:へき地医療に興味のある方 参加者60名程度
日時:2月の土曜午後
場所:岐阜、愛知、三重のいずれかで開催
参加費:無料(懇親会のみ有料)
内容:①各県からの発表
   ②シンポジウム、ワークショップ、ワールドカフェ、講演など

地域医療体験実習(県外実習)

詳しくはコチラ
・METCH(地域医療研修センター)と協同し、修学資金貸与学生等への地域医療体験実習の提案・支援
  対象:医学生(三重県医師修学資金貸与制度の利用者等)数名
  場所:県内・県外の医療機関等

三重県地域医療研修センター(METCH)での地域医療研修の提供

詳しくはコチラ
・紀南病院に設置し、医学生、臨床研修医等へ地域医療研修を提供

・地域医療研修センターの県内へき地・離島医療機関への拡充検討・調整
 

へき地医療に関する学生教育

三重大学医学部医学・看護学教育センター、公益財団法人市町村振興協会との協働による三重大学医学部医学科学生への地域医療教育の充実

 ・三重大学での三重県地域医療講義(1年生)
 ・全市町での地域医療保健活動の調整(1年生・2年生)
 ・県内へき地・離島医療機関での診療見学実習の調整(3年生)
 ・地域枠B学生の推薦者訪問調整、懇談会(年2回)、地域訪問活動の実施(年2回)
 

へき地医療に関する医師臨床研修(地域保健・医療)の支援

対象:県内の保健所等において臨床研修(地域保健・医療)を実施する研修医
場所:へき地診療所または保健所
内容:・短期へき地診療所研修(2~6日間)の連絡・調整
    ・「三重県のへき地医療について」専任担当官よりレクチャー
 

3.へき地医療支援連絡調整会議の開催

へき地医療支援事業(代診医派遣調整等)に関して、県内のへき地医療関係者が集まり協議を行う。

参加者:へき地診療所、へき地診療所・無医地区を有する市町村、へき地医療拠点病院の実務者、
     三重県へき地医療担当者、三重県へき地医療支援機構専任担当官など
 

4.へき地医療についての広報、情報提供

「へき地ネット」の情報の登録、修正等
「三重県へき地医療支援機構」ホームページでの情報発信
「へき地医療通信」での情報発信
 

(参考)へき地保健医療計画

第11次へき地保健医療計画

コチラからダウンロードできます

  本県のいわゆる「へき地」と呼ばれる地域においては、高齢化が顕著となり、病院・診療所の医師不足など医療体制の確保に多くの課題を抱えています。
 三重県のへき地保健医療対策については、これまで、国が策定した第1次から第9次までの「へき地保健医療計画」及び地域の実情に応じて都道府県が策定することになった第10次の「へき地保健医療計画(平成18年度から平成22年度)」に基づき充実を図ってきました。
 今回、第10次三重県へき地保健医療計画の計画期間が終了したことから、国から示された第11次へき地保健医療計画策定指針に基づき「第11次三重県へき地保健医療計画」を策定しました。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 健康福祉部 医療対策局 地域医療推進課 医師・看護師確保対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階西側)
電話番号:059-224-2326 
ファクス番号:059-224-2340 
メールアドレス:chiiryo@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000030153