現在位置:
  1. トップページ >
  2. 防災・防犯 >
  3. 防災・緊急情報 >
  4. 川の防災情報 >
  5. 浸水想定区域図(北勢) >
  6.  三滝川水系・海蔵川水系浸水想定区域図について(他)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 河川課  >
  4.  河川計画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

みえの河川

三滝川水系・海蔵川水系浸水想定区域図について(他)

1)説明文

  1. この浸水想定区域等は、現状の三滝川、海蔵川、矢合川、金渓川、三滝新川の河道の整備状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である本川が概ね80年に1回程度起こる大雨が降ったことにより三滝川、海蔵川、矢合川、金渓川、三滝新川が氾濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。
  2. なお、このシミュレーションでは、上記の河川の氾濫を対象とています。その他の支川の氾濫、想定を超える降雨、内水、高潮による氾濫等は考慮していませんので、この浸水想定区域に示されていない区域に浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2)基本事項等

  1. シミュレーションの前提となる降雨
    80年に1回の降雨(1日間総雨量340mm)
  2. シミュレーションの対象区間
    三滝川:河口から庄部橋
    海蔵川:河口から東名阪自動車道海蔵川橋
    矢合川:三滝川合流点から桜西橋
    金渓川:三滝川合流点から錦社橋
    三滝新川:全区間
  3. 関係市町  四日市市(三滝川、海蔵川、矢合川、金渓川、三滝新川)
            菰野町 (三滝川、金渓川)
  4. その他の計算条件等
    ①氾濫計算は、対象区域を100m格子(計算メッシュという)に分割して、これを1単位として計算しており、また、計算メッシュの地盤高は、縮尺1/2,500の地形図相当の精度を有する地盤高データから求めた平均地盤高を使用しています。このため、微地形による影響が表せていない場合があります。

    ②浸水想定区域や等深線は、氾濫計算結果から各計算メッシュ毎の想定浸水位を算出し、隣接する計算メッシュとの連続性や縮尺1/2,500の地形図上の地形、連続盛土構造物(道路や鉄道の盛土など)を考慮して図化しています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 河川課 河川計画班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2682 
ファクス番号:059-224-2684 
メールアドレス:kasen@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000043070