現在位置:  
  1. みっぷる広場
  2.   >  家庭教育応援Web講座
  3.   >  家庭教育応援Web講座米田先生

米田 奈緒子先生

 

ふぁす
米田 奈緒子先生


人の言葉の発達について考えてみよう

 まず、赤ちゃんは1歳くらいで物の名前を覚えますよね。「マンマ」のようにすべての物に名前があると知って、どんどん名前を覚えて、「マンマ、ちょうだい」のように言葉を増やしていきます。爆発的に言葉の数が増えますが、それだけではありません。独り言のように、自分一人でお喋りをします。それはやがて、自分の頭の中で話すようになります。それは、「思考」です。人の言葉には「外言」つまりコミュニケーションのための言葉と、「内言」つまり思考としての言葉があるのです。しり取りなどの言葉遊びは、思考の元となる言葉の数を増やします。また、一件無駄に見える「おしゃべり」を繰り返して、人は時系列に話したり、物事の仮定をしたり、高度な思考ができるようになると言われます。
 コロナ時代でステイホームな毎日ですが、家族でおしゃべり、楽しんでいてくださいね。直したり、指摘したりしなくていいのです。話すことの楽しさを味わい、きままに、自由に話すことが大切です。「語り(ナラティブ)」となって、自身の思考をまとめ、高度な能力となってお子さんの言語思考能力になります。おしゃべりは大切なんです。
内言と外言
 ふぁすでは、このほかYouTube公式チャンネルにて 「ぷちゼミ」を配信しています。 一話3分程度の発達心理学のミニ講座です。 家事・育児・通勤・通学の隙間時間にどうぞ! 一般社団法人家庭教育研究センターFACE - YouTube  
ぷちゼミ


聞く力を伸ばそう

 今回は聞く力について考えてみましょう。子どもの知能検査をしていると、見分けることに比べて聞き分けることが苦手な子に出会います。知的に低くないのに、聞き漏らしが多いために、質問に正しく答えられず、残念な結果になってしまいます。
 もちろん、子どもは大人ほど語彙がありませんから、例えば「汚職事件」を「お食事券」と聞き間違えるかも知れません。それは当然のことで笑い話で済ませられますし、やがて漢字熟語を覚えていくことでしょう。けれども、例えば「一年は何ヶ月ですか?」と聞かれて「365日」と答えてしまうようなタイプのお子さんは、一年が365日であることを知っているわけです。一年が12ヶ月ということも知っているかもしれません。なのに、答えは不正解です。聞かれた質問を最後までしっかり聞き分けられないために起きる失敗です。
 スクールカウンセラーの頃、先生が国語の授業で落語のCDを用意しながら、「最近の中学生って、落語を聞いても笑わないんですよ。」とつぶやいていたことがありました。お話を聞いてもどこがおかしいかわからないようなのです。確かに、現代っ子はテレビ、パソコン、ゲームなど「目から入る情報が多く」「耳から入る情報」に鈍感になっているようです。そこでオススメなのが、まずは「カルタ取り」や「しりとり」などの遊びです。最初は勝たせてあげてください。やる気になって、やるほど得意になります。次には、逆さ言葉遊びをしてみてください。「『ス・タ・レ』逆さ言葉なんだ?答えはレタスでした。」というように。最初は「い・か」くらいから始めると良いかもしれません。段々文字数を増やし、「ホットケーキ」の逆さ言葉「キーケトッホ」ができるようになる頃には、聞き漏らしが減るかもしれません。様々な遊びの中で、聞くことに注意を払うゲームをたくさんしてみてください。コロナ禍はまだ続きそうです。ステイホームのストレス発散にも「ムーホイテス、逆さ言葉なんだ?」


社会性発達のお話

 今日は「社会性発達」のお話です。人は生まれてから生きていくために、人と関わる様々な能力を身につけていきます。初めに育ててくれる人との関係が作られますが、次にその養育者の声や表情を手がかりに、活動を広げていきます。養育者の反応を手がかりにすることを「社会的参照」と言います。
 ギブソンという心理学者は、底抜けガラスの端にいる赤ちゃんが、どのように行動をするかを観察しました。生後半年くらいのハイハイができる赤ちゃんは、すでに「高さ」を認知できているので、ガラス張りの崖を怖がります。その時に、崖の向こうからお母さんがどんな表情をするかで行動が変わるということを報告しています。もし、お母さんが怖がる表情をすると、赤ちゃんは止まります。ニコニコと安心している表情をすると、少し考えて、ハイハイして来るのです。このように、赤ちゃんはお母さんの表情を手がかりにしているのです。
 そして経験を積んで、幼児になる頃には、親のイメージを持ち続けられるようになるので、親から離れて幼稚園や保育園に行って過ごすことができるようになります。小学生になる頃には、親が怒りそう、悲しむだろうというようなことも大体わかるようになり、その基準になる人が先生などにも広がっていきます。それらは実は、乳幼児期に「社会的参照」が習得された証拠なのです。パッと親の顔が思い浮かぶって、大事なことです。
 そのような経験が積み上げられなかった子は、どうなるでしょう?
 危険なことや人を困らせる行動かどうか思い迷うことなく、身勝手な行動をしてしまうでしょう。子どもが親を見た時、親の反応がなかったら? いつも怒った顔してる? 沈んだ表情してる? スマホばっかりしていて、そもそも目が合わない?とても恐ろしいことだと思いませんか。
 お母さん(主たる養育者の方)どうか、お子さんのそばで、一緒に体験し、見守って、反応を返してあげてください。今からでも遅くありません。


道徳発達の話

 近代日本の政府が初めて作った教育のルールの中に、「道徳」というその当時の価値観を表す授業があったようですが、これからお話しする「道徳」はそれとは全く別の社会性発達の話です。
 子どもの心の中には、正義や協調性、他者との良好な関係を作るためのシステムが作られて行きます。それもステージ毎に発達していくのです。
 例えば、アメリカの心理学者R.コールバーグは、このように唱えています。小学生低学年では「先生や親に褒められることが正しいこと、つまり『良い子』」を正義と捉えていますが、中学年では「皆で決めたルール」が行動規範となります。更に高学年になると、同世代の仲間と秘密を持つことも出てきます。仲間への忠義心の優先を「正義」と感じる時期がある、ということになります。学齢期の子どもたちのトラブルの多くが、実は、この道徳水準の違いからくるものです。兄弟喧嘩を親から見ると、どちらも正しい時がありますね。上の子と下の子の道徳水準のレベルが異なることを、親は知っています。「友達との約束」を優先する上の子(高学年)と「お母さんと過ごすこと」を望む下の子。それぞれに心の発達を遂げています。
 コールバーグの後継者でハーバード大学の研究者セルマンは「社会性の発達は葛藤を通してしか身につけることができない」と言っています。なんでも大人が介入してしまうと、子どもには本物の社会性は身に付かない、ということになります。「はい、仲直り」「お互い謝って」と一瞬で解決しようとしていませんか?時に迷い、間違い、後悔する、そのことそのものが実はとても大切です。失敗する権利は子どもにあるということが「子どもの権利条約」にも謳われているのですが、忙しい大人たちは、なかなか子どもの迷いや失敗に沿う時間が取れないことが、昨今の社会性発達不全の原因とも考えられます。
 どうか、大人のみなさん、子どもの発達を急ぎすぎないでください。


日本語を丁寧に身に付けよう

 人の言葉の発達についてもう少しお話します。生まれてしばらくすると赤ちゃんは、呼吸する時や泣く時に、一緒に出る音を自分の声として意識して発するようになり、それが言葉の元になります。毎日のケアの中で言葉を掛けられ、生後半年の赤ちゃんは、喃語と呼ばれる「うっくん」「ばばば」のような言葉の元を、養育者と同じイントネーションで発することがわかっています。母語の誕生です。つまり、話すことができないうちに、すでに耳はできていて、頭の中には言葉が生まれていると言えます。人の聴覚は胎児期にほぼ完成しているので、おそらくお腹の中にいた時から赤ちゃんは聞いています。たくさん話しかけてあげて下さいというアドバイスはこのような理由によるものです。
 そして1歳頃に「まんま」のように意味のある言葉を話すようになる頃には、1000語くらいの言葉を理解していると言われるのです。人より話し始めが遅くて心配な親御さんも聞いて理解することができていることもあるので急がないでください。そして言葉を添えて一緒に遊ぶことがとても大切です。お母さんのおしゃべりは美徳です。「夕焼けがきれいね。」「もうすぐ桃の節句だね。お雛祭りのことよ」と季節やイベントに合わせておしゃべりをすることが子どもの情操に良いだけでなく、言葉の発達を促します。
 小中学生になっても、生活の中から社会や科学の知識を身に着けていくことは大切です。帰省や旅行の折には、史跡や文化遺産に足を運んで、社会見学をすることをお勧めします。「総合的な学習」を学校だけにお任せしないで、ちょっとしたお買い物や散歩の時間を作ってお子さんと過ごす中で、日本語の誤りを修正することもできるでしょう。例えば花が散ることを表現する時に、桜は散る、椿は落ちるというように、本来日本語は美しく、とても表現が豊かです。親子で学ぶという毎日は、とても刺激があって楽しいものですよ。お試しください。
言葉の発達