現在位置:  
  1. みっぷる広場
  2.   >  家庭教育応援Web講座
  3.   >  家庭教育応援Web講座葛巻先生

葛巻 直樹先生

 

葛巻 直樹先生


イライラ、怒りのコントロール(アンガーマネジメント)

 子育てに奮闘する皆さんは、きっといつも笑顔で育児をしたいですよね。いつも今日は良いママでいようと考えている人が多いと思います。でも現実は育児と家事そしてお仕事にいっぱいいっぱいな日々で疲れや焦りから、つい子どもを怒鳴ってしまった経験はありませんか?特に新型コロナ禍によって家族以外の方とふれあう機会が減り、イライラを抱えやすくなっている・・という相談が激増しています。
 そんなお気持ちを少しでも和らげるための心の持ちようを一緒に考えてみましょう。

 このママたちの後悔する気持ちや自己嫌悪する気持ちこそが、育児にとっては悪影響になってしまいます。ママの自己肯定感が下がることでストレスがたまり、余計イライラしやすくなり、また子どもに対して大声を出してしまうきっかけになりかねません。
 それを防ぐには、まずは罪悪感のもとになっている「衝動的・反射的に大声で叱ってしまう」ことを防ぐのが大切です。そこで反射的な怒りをコントロールするにはアンガーマネージメントが有効です。
 自分の怒りの感情をコントロールして、生活や仕事や人間関係をよりよくするためのセルフトレーニングをご紹介します。

  その1 「呪文を唱えながら6~10秒待つ」
 よく「気持ちを落ち着けるために深呼吸を」と言いますが、まさにその通りです。人間の怒りが最高潮に達してから落ち着くまで、だいたい6~10秒ほどかかります。その時間をどうしのぐかが問題なのですが、まずは意識をそらすために「数を数えること」の他に「呪文を唱える」のも効果的。呪文は自身が言いやすい言葉、落ち着ける言葉など、どんな言葉でも大丈夫です。例えば「子育てバンザーイ!」と唱えるだけでも大丈夫です。

  その2 「怒りのピークが去ったら、まずは「聴いて」それから「伝える」」
 少しクールダウンの状態になったところで、子どもの気持ちを聴いてみましょう。「どうしてこれをしたの?」「やろうと思ったのはどうして?」と、その行為をしたくなった気持ちに耳を傾けます。
 人間は誰でも「自分の思いを聴いてほしい」「自分は大切にされたい」という思いを持っているもので、それが満たされることで、子どもたちはとても安心できます。
 そのあとで「でも、これはやってはいけないよ」と行動を叱ります。本人の人格を否定するのではなく、「行動を叱る」のがポイント。 「あなたはダメな子ね」というように、本人の人格を否定する言葉を使ってしまうと、子どもの自己肯定感が低くなってしまいます。「こういう行動がダメなのよ」と、行動に焦点を当てるように気を付けてください。


ママがイライラしていいんです!

 第1回ではママが罪悪感や自己嫌悪の気持ちを持つことが悪循環につながることをお伝えしました。
 きっといつも笑顔で育児をしたいとお考えだと思います。ただ現実は家事とお仕事に大変な中で育児にも関わっていくとなれば日々疲れや焦りから、つい子どもを怒鳴ってしまった経験があると思います。
 世の中は「褒めて育てる」が呪文の様に言われるので余計にそのようなプレッシャーがママ達にかかってきています。でもよく考えてください。イライラする気持ちは子ども達が憎いから起きる気持ちでしょうか?なかには子どもを持つまで、自分がこんなにイライラする人間だと思ってこなかった・・や、職場ではイライラしないのに、わが子には毎日イライラ・・といった声があります。悩みは付きませんね。でもママが子どもにイライラするのはあたりまえなんです。なぜならイライラする気持ちは身近な対象にほど強く感じ、力関係の強い人から弱い人へ向かう性質があるからです。子どもは母親にとって最も身近な人、そして大人と子どもには圧倒的な力の差があります。ですからもともとイライラを生みやすい関係なのです。出産を機に「子どもと常に一緒に居る」生活が当たり前になることは大きな変化です。ママになって慣れないうちに頼れる人が側にいない環境、仕事と家庭の両立など、働く女性にとってママになることはとてもストレスフルなものです。
 私たちには、大切な子どもを守るために、イライラが備わっているのです。

「褒めなきゃ」のプレッシャーを捨てて良い

 子育て支援の講演会などで寄せられる質問などで「うまく褒められない」や「うまく叱れない」・・というものがあります。できれば叱らず褒めて育てられればどんなに良いだろう・・と多くのママが考えてみえると思います。「褒める子育て」は流行・・と言っては何ですが、できればそうありたいと考える方が大勢いらっしゃると思います。「ひとりでお片付けできて偉いね!上手だね!」などと声がけをすると褒められた本人はお片付けスイッチが入ってお片付けをはじめます。しかしこれが続くと、褒められないとお片付けをしないように・・・。
 本来の目的はお片付けをする事であって、ママに褒められることではないはずです。片付けが必要なときに片付けずに遊び続けている子ども達には、「今は何をする時間かな?自分で遊んだおもちゃは片付けようね」と諭すことが必要な関わりです。褒めて人を動かすことは実は危険なことです。褒める人がいないと行動しなくなるものなのです。本来のゴールは誰から褒められなくても主体的に片付けるようになり、習慣になること。そのゴールに導くために、大人は必要に応じて褒めたり、叱ったりすることが必要です。子育てにおいて褒めることは重要ですが、それだけを重視するわけではありません。褒められた経験の多かった人は、社会を生き抜いていく資質・能力が高いという調査結果があります。そのうち「厳しく叱られた経験」が多かった人は社会生き抜く資質・能力がより高い傾向が見られるという結果が出ています。つまり褒められた経験と叱られた経験のどちらもある人が「諦めない心」「へこたれない心」や「自己肯定感」が高いということで、決して「褒める」ことばかりを推奨する必要はなく、「~しようね」と促したり「叱る」ことも大切にしていただきたいと思います。


講座名