現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 地域づくり >
  4. 景観 >
  5. 協働によるまちづくり事業 >
  6. 伊勢志摩快適空間創造事業 >
  7.  伊勢志摩空間快適向上整備計画 大王町部会(平成15年度)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 景観まちづくり課  >
  4.  景観・屋外広告班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

伊勢志摩空間快適性向上整備計画 大王町部会

平成15年度大王町部会概要

第1回部会 平成15年10月7日(火) 参加者:15人

平成15年度も、14年度に引き続き活動し、快適空間づくりに取り組んでいきます。

自己紹介

久しぶりの部会ということで、まずは自己紹介をしました。

平成15年度事業計画について

まずは前年度の取組について少し反省しました。

  • モニュメントは少し派手な印象がある…
  • 誘導石を見やすくする工夫が必要…

昨年度に引き続き、ウォーキングマップの続編(Vol.2)を作成する。
海側の住民だけでなく、山側の住民にも参加して頂くよう呼びかけをする。
空き屋の利用を検討。

  • こね寿司
  • かつお納屋

空き屋の活用については、先進地を調査してみよう。

ということで、早速、尾鷲の馬越屋に行って調査することになりました。


先進地調査 平成15年10月18日(土)

馬越屋(尾鷲市)

  • 熊野古道【馬越峠】から旧街道沿いに位置する。
  • 営業は、土日のみの営業で、地元の方がボランティアで営業している。
  • 地場産品及び弁当等の販売、コロッケの実演販売、コーヒーの無料提供。
  • 観光客だけでなく、地元の客が非常に多い。

代表の方の談

  • 空屋の大家さんは、コロッケを販売している人で、家賃は無償。しかし、理解してくれる人も増えているが、大家さんの為に協力していると思う人もいるのが残念。
  • 自分たちの場合は、少人数からはじめたが、これからやっていくのなら、まず、多くの方に「地域を盛り上げるためにボランティアして下さい」と理解させてから、皆でやっていく方が良いと思う。
  • コーヒーの無料提供については、役所などはお金を取るべきだと言われるが、少しでも頂けば他店への営業妨害になるし、設備を充実していかなくてはならない。また、お茶にすると、一般家庭どこに行っても出てくるし、コーヒーはお金を出して飲むという印象があるので、お茶よりコーヒーの方が、お客さんの「もてなされている」という意識が大きい。
  • お店で販売してでる利益については、ほとんどがコーヒー代にまわっていく。ボランティア保険までにはまわらない。
  • 利益はお客に還元している。利益を求めたお店ではなく、他でも同じような店が出来ることを期待している。ボランティア性がなければやっていけない。 大王町は団体観光客がメインとなっているが、ここの馬越屋は地元と数グループの古道客を対象としている。

第2回部会 平成15年10月31日(金) 参加者:11人

馬越屋の視察について報告しました。しかし、今年度の取組としては時間的に無理があるということで、おいおい検討していくことになりました。

平成15年度事業計画について、具体的な案を話し合いました。

  • 八幡公園の整備(緑化、案内板)
  • 方位盤の設置
  • 石積みの案内板設置
  • 坂道の名称板設置
  • 映画ロケ地の案内板設置
  • ベンチの設置
  • ウォーキングマップ作成

みんなんの意見としては…
石積みの案内板では、大慈寺の瓦壁についても表記がほしい。
ベンチは船頭の祠にもほしい。
船頭の祠のゴミ置き場はなんとかしないと…
町の景観計画が必要。
マップについては、観光協会のマップと連携出来るように。


第3回部会 平成15年12月12日(金) 参加者:11人

前回の部会に引き続き、平成15年度の取組について検討しました。

平成14年度に設置した誘導石について

もっと分かりやすく改良する必要がある。
縁取りや、矢印の再着色をしてみよう。

ウォーキングマップについて

掲載内容について検討しました。
伊勢エビの網裁き、灯台の官舎、階段、仙遊寺・波切神社の樹木
富士山の見える場所、漁が見える場所(漁り火)、海女さん
夜光虫・海蛍、公園、波切灯台 他
次回、まち歩きを行って調査をすることになりました。

その他検討事項

  • 宝門の浜で取れる「ビーチグラス」「流木」「貝殻」によるアート体験。
  • こね寿司(実際食べてみましょう!)
  • 倉庫街(網小屋)の利用検討。

第4回部会 平成15年12月19日(金) 参加者:12人

ウォーキングマップを作成するためにまち歩きをしました。
 普段、何気なく歩いている町も、地図で確かめ、カメラを持ち、目的を持って歩けば、今まで気づかなかったことを発見したり、町の人の声が聞けたりしました。

こね寿司の試食

まち歩き

  • 名前の分からない植物がたくさんありました。
  • いろんな石積みの方法がありました。
  • 網裁きの風景など、普段の姿がモデルになる。
  • ひとりひとりが町の素材(題材)になる。
  • 地元の人だと普通に思えることでも、他の地域から来た人にはすごく興味深いものが多い。
  • 絵かき、写真撮影のときのマナーをマップに載せると良い。

第5回部会 平成16年1月13日(火) 参加者:8人
第6回部会 平成16年1月27日(火) 参加者:6人
第7回部会 平成16年2月12日(木) 参加者:9人

第5回~7回の部会では、ウォーキングマップの掲載内容について検討しました。

  • 平成14年度に作成した「Vol.1」を引き継いだ形で作成する。
  • 表面のコメントには、Vol.1同様イラストを掲載し、紹介文は部会のメンバーで考える。
  • まつりの紹介文を入れる。
  • マップのサイズは、Vol.1(正方形)と重ねて持っても区別できるように、A3横サイズで作成する。
  • コースの名称は「ぐるっと 海と灯台・大王崎コース 四季の花めぐり」
  • 祠の位置にマークをおとす。
  • 階段が多い地形なので、どちらに上っているのかを表現する。

その他、たくさんの意見やアイデアを頂きました。
 現在、マップの最終構成を行っています。出来次第、配布致しますのでもうしばらくお待ち下さい。

会議の写真

部会の様子

大王風景写真

馬越屋

大王風景写真

馬越屋

大王風景写真

こね寿司

大王風景写真

大王埼灯台

大王風景写真

波切神社の階段

大王風景写真

富士山の見える公園

大王風景写真

石積み

ウォーキングマップ表

ウォーキングマップ(表)

ウォーキングマップ裏

ウォーキングマップ(裏)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 景観まちづくり課 景観・屋外広告班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2748 
ファクス番号:059-224-3270 
メールアドレス:keimachi@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000017594