現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 地域づくり >
  4. 景観 >
  5. 協働によるまちづくり事業 >
  6. 伊勢志摩快適空間創造事業 >
  7.  空間快適性向上方針(伊勢市駅前・外宮前)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 景観まちづくり課  >
  4.  景観・屋外広告班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

空間快適性向上方針と取組の方向性

モデル地区1 伊勢市駅前・外宮前地区(伊勢市)

地区の概要

JR線と近鉄線が乗り入れる伊勢市駅は、宇治山田駅とともに伊勢観光の起点となる駅です。ここから外宮まで続くコミュニティー通りでは伊勢楽市などが開かれます。他に当モデル地区には、外宮の別宮で、祭神は月が神格化された月夜見尊があります。天照大神は太陽の象徴で、月夜見尊はうるわしい月光の象徴です。ここから外宮北御門までつづく約300mの道路は、「神の通う道」または「神路通り」と呼ばれ、神様の恋物語が伝えられています。 外宮前写真
  方向性1 方向性2
空間快適
性の主要
な課題
物語性の重視 既存資源の磨き込み
 

↓

↓

空間快適性
向上に向けた
基本方針
歩いて楽しい歩行者空間を創出するための、地域資源の「物語性」のある修景整備 拠点性を高めていくための、地域資源に対する付加価値化等仕掛けづくり
 

↓

↓








ハード
整備
  • テーマに沿った地域資源の保全整備
  • 歩行者ネットワークの構築
  • 駐車場の整備
  • サイン・案内板の充実
  • 歴史と風格を感じさせる歩道空間の整備
  • 世古の修景整備
  • 地域資源のポイント的な整備
  • 整備効果が高い地域・地区における沿道建築物の修景整備
ソフト
施策
  • 商業空間における「もてなし」の充実
  • 夜のまちなみの雰囲気づくりと夜に行うイベントの実施
  • 観光地に暮らしているという地域住民の意識改善
  • 官民が協力・連携して取り組む、準公共空間(建物ファサード)の修景ルールづくり

次の地区を見る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 景観まちづくり課 景観・屋外広告班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2748 
ファクス番号:059-224-3270 
メールアドレス:keimachi@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000017607