現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 建設業 >
  5. 入札参加資格申請 >
  6.  三重県建設工事等入札参加資格者名簿への解体工事業の追加登録の取扱いについて(お知らせ)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 建設業課  >
  4.  入札制度班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県建設工事等入札参加資格者名簿への解体工事業の追加登録の取扱いについて(お知らせ)

 平成26年6月4日に「建設業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第55号)」が公布され、建設業許可の業種区分に「解体工事業」が新設されました(平成28年6月1日より施行)。

 三重県建設工事等入札参加資格者名簿(建設工事)への参加資格審査申請については、県内市町等27団体と共同受付を行っており、希望業種を三重県の名簿に追加する時期については変更手続要領により、以下のとおりとなっています。

平成28年7月1日~平成28年9月30日申請受付分 平成28年11月1日(済)
平成28年10月1日~平成29年1月4日申請受付分 平成29年2月1日
平成29年1月5日~平成29年3月31日申請受付分 平成29年5月1日
平成29年4月1日~平成29年6月30日申請受付分 平成29年8月1日(予定)
平成29年7月1日~平成29年10月2日申請受付分 平成29年11月1日(予定)
平成29年10月3日~平成30年1月4日申請受付分 平成30年2月1日(予定)

 「解体工事業」の許可及び経営事項審査を受け、希望業種を追加する場合であっても、平成31年5月末までは法の施行日前日までに「とび・土工工事業」の許可を得ていた者については経過措置により解体工事を請け負うことができます。
 「解体工事業」の業種追加申請についても、その他の業種と同様に原則として前記のルールに基づいて三重県の名簿へ追加登録させていただきます。
⇒自動的に名簿に追加されるわけではありません。その他の業種と同様に業種追加の申請が必要となります。
 ただし、法の施行日前日までに「とび・土工工事業」を有していた者が、「とび・土工工事業」を廃業、又は経営事項審査を受審せず、新たに許可を得た「解体工事業」で経営事項審査を受審し希望業種追加申請を行う場合は、受付があった時点で三重県の名簿に掲載することとします。

(例1)
「とび・土工工事業」の許可・経営事項審査を受け名簿に掲載されていた者が、新たに「解体工事業」の許可・経営事項審査を受け、平成28年11月1日に「解体工事業」の希望業種追加申請を行った場合
⇒平成29年2月1日に名簿に「解体工事業」が追加されます

(例2)
平成28年5月31日までに「とび・土工工事業」の許可・経営事項審査を受け名簿に掲載されていた者が、新たに「解体工事業」の許可・経営事項審査を受けたが、「とび・土工工事業」の許可は廃業、又は経営事項審査を受審しなかったため、平成28年11月1日に「とび・土工工事業」の希望業種削除及び「解体工事業」の希望業種追加申請を行った場合
⇒平成28年11月1日に名簿に「解体工事業」を追加し、「とび・土工工事業」を削除します

(例3)
平成28年6月1日以降に「とび・土工工事業」の許可・経営事項審査を受け名簿に掲載されていた者が、新たに「解体工事業」の許可・経営事項審査を受けたが、「とび・土工工事業」の許可は廃業、又は経営事項審査を受審しなかったため、平成28年11月1日に「とび・土工工事業」の希望業種削除及び「解体工事業」の希望業種追加申請を行った場合
⇒経過措置の対象ではないため、平成28年11月1日付けで「とび・土工工事業」を削除し、平成29年2月1日に名簿に「解体工事業」を追加します(希望業種が「とび・土工工事業」のみであった場合は、一旦名簿から抹消し、平成29年2月1日に再度掲載されます)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 建設業課 入札制度班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2723 
ファクス番号:059-224-3290 
メールアドレス:kengyo@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000188961