現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 教育全般 >
  4. 教育委員会 >
  5. 学校名簿・統計 >
  6.  第12回全国生涯学習フェスティバルを終えて
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育総務課  >
  4.  企画調整班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の教育 - 三重県教育委員会ホームページ

第12回全国生涯学習フェスティバルを終えて

第12回全国生涯学習フェスティバル「まなびピア三重2000」を平成12年11月1日(水)から5日(日)にかけて開催しました。

三重県実行委員会主催事業である総合開会式、総合閉会式、生涯学習見本市、生涯学習体験広場をはじめ、津市、四日市市、伊勢市、松阪市、上野市、東紀州地域(尾鷲市、熊野市、紀伊長島町、海山町、御浜町、紀宝町、紀和町、鵜殿村)の6地域において324事業が開催されました。

四日市ドームとその周辺で開催した生涯学習見本市には、276のブース出展があり、生涯学習体験広場には210団体の出演、出展があり、様々な生涯学習を体験・体感することができました。

5日間の参加者は、生涯学習見本市が約121,000人、生涯学習体験広場が約146,000人にものぼりました。

来場者に楽しく、快適に参加していただこうと、5日間で、延1,100人余のボランティアの方が活動しました。また、街をまるごと「まなびの場」に演出し、公共交通機関の利用を促進するため、四日市駅を中心に、自主企画ジョイントボランティアの300人余が様々なまなびの演出を行いました。

三重県総合文化センターで開催した総合開会式は、鈴木文部統括事務次官、北川三重県知事、近藤津市長のあいさつにはじまり、藤島親方(第66代横綱若乃花関)、宮川泰さん(作曲家)、今陽子さん(歌手)らゲストを交えて、「発見・新しい仲間をさがしに出かけよう」をテーマに、約2,300人の参加を得て行われました。

総合閉会式は、銭谷眞美教育改革国民会議室長、河合隼雄国際日本文化研究センター所長による講演をはじめ、「発信・三重から21世紀へ」をテーマに三重県での学習成果を次期開催県の山形県に引き継ぎました。

総合開会式、総合閉会式は、一般公募によるスタッフ養成講座生が5月から12回の講座を受講し、演出・運営のノウハウを学び企画・運営にあたりました。

学ぶことの喜びや楽しさ、大切さを三重県から全国へ発信し、県民のみなさんの生涯学習に対する理解を深め、学習活動への第一歩を踏み出すきっかけや手掛かりとするという開催目的は達成できたと考えます。これを契機に、三重県における生涯学習がますます盛んになり、県民のみなさん自らが様々な形で生涯学習に参加し、自己実現の可能性を求めていただければと願います。

最後になりましたが、フェスティバル開催にあたり、様々なご協力ありがとうございました。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育総務課 企画調整班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2946 
ファクス番号:059-224-2319 
メールアドレス:kyoiku@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000025063