現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 教育全般 >
  4. 教育委員会 >
  5. 教育委員会 >
  6.  総合教育会議準備会議を開催しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育総務課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

総合教育会議準備会議を開催しました

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律が改正され、平成27年4月1日から施行されます。法律の改正に伴い、知事と教育委員会で構成する「総合教育会議」の設置が義務付けられることとなりました。総合教育会議の設置に先立ち、来年度設置する「総合教育会議」が円滑かつ効果的に開催できるよう会議の運営や本県の教育課題等について意見交換や情報共有を行うため、「総合教育会議準備会議」を開催しました。

1 日時  平成27年1月13日(火)11:20~12:15
2 場所  本庁3階プレゼンテーションルーム
3 出席者 三重県知事、三重県教育委員会
4 概要
発言者: ●・・知事 〇・・教育委員会
【議題1】 総合教育会議の設置・運営について
〇均一性、継続性、良質性の3つが教育の柱であると思っている。均一性については、人口流動や南北格差の問題などの様々な課題があり、これを保っていくためには相当大きな取組が必要だ。ばらつきを止めることが必要であり、これは良質性にもつながる。また、学調の結果がすべてではないが、この問題が解決されない限り、県民や保護者から信頼が得られず、また良質性は確保できないのではないか。
〇「人口減少社会への対応」となると、県南の問題にも関係し、教育委員会だけでは議論しつくせなかった。過疎地域の小中学校の統廃合や県南にある高校の問題、県の大きな課題でもある若者の流出も教育や文化を絡めて歯止めをかける議論が必要ではないか。知事部局との連携が重要である。
〇「グローバル人材の育成」に関係して、先週、四日市高校のSGHの取組を見学したが、他地域の生徒も進学できるように校区を決めずに特区のように、ある地域に住む生徒が他の地域にある高校に進めるような仕組みが必要ではないか。今の子どもたちが、少しでも早く必要と思われる教育が受けられるよう、仕組みを少しずつ改正していくような取組・議論が必要ではないか。この会議で、そういう話ができれば非常に良いと思う。
〇ここ20年の間に学校が大きく変わったと感じている。いろんな人が互いに協力しながら学校を作っている。例えばスクールカウンセラーなど教員以外の専門職など多くの人が学校に関わってきており、学校そのものが学校だけでは成り立たなくなっている。学校をサンクチュアリ化(聖域化)するのではなく、生徒の6人に1人が貧困層に属しているような厳しい現実の中、どういうふうにそれぞれが協力・連携し、良い学校にしていくか、組織的なことも含めて議論していく必要がある。
●概ね事例案に挙げられている課題について総合教育会議で議論していきたい。

【議題2】本県の教育を取り巻く諸課題について
【議題3】教育施策大綱及び教育ビジョンの策定について
○学校の取組における課題については、改善できた部分と改善できていない部分があると思うので、これまでの経年変化も見ながら、それらを総合的に把握しながら、課題をはっきりさせる必要がある。
●重点取組方針の選定基準については、子どもたちのことを考え、子どもたちの可能性を引き出すにはどうすれば良いかという視点で考えた時に、重要度が高い項目であると認識している。また、県民から合格点をもらえていない項目であるともいえる。
〇三重の教育を考えたとき、学校のみならず、家庭にも課題があると思う。三重県は県外からの流入が少ないため、保護者は三重で教育を受けた人が多く、保護者の意識改革が難しい面がある。本県は通塾率が高いことが特徴であるが、塾の勉強に時間を取られ、学校の授業の復習が疎かになっているのではないか。大綱や教育ビジョンの施策について、子どもたちにしっかり届くよう取り組んでいくことが大切である。
〇大綱を策定するにあたっては、他部局と連携した取組についてしっかり位置づけるべきである。例えば、特別支援教育についていえば、福祉施策や就労支援施策との連携は重要である。
〇コミュニティ・スクールなど開かれた学校づくりについては、重点取組の中で何らかの記述があってもよいのではないか。
〇三重の教育宣言の文言や重点取組方針の項目は、概ねこの資料のとおりだと思う。大事なことは、具体的な取組の中味である。実効性ある取組にしていくために、数値目標を立てること、役割分担を明確化すること、PDCAサイクルを確立することが必要である。一番の根幹は、子どもたちが喜んで学校に行くようにするということである。
〇教育における家庭や地域の役割について、もっと強く保護者や地域に訴えるべきである。そのため、PTAや企業を学校教育にもっと活用するべきである。
●学力向上をテーマに3月下旬に次回を開催したい。


関連資料
資料1 P1~P2 (PDF形式 : 117KB)

資料1 P3~P4 (PDF形式 : 136KB)

資料1 P5 (PDF形式 : 133KB)

資料2 (PDF形式 : 498KB)

資料3 (PDF形式 : 498KB)

adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育総務課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-3173 
ファクス番号:059-224-2319 
メールアドレス:kyoiku@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000106231