各要因が条件に該当するかどうかの判断基準


三重県における過去の調査・研究結果から、健康被害の発生予測にはいくつかの条件が大きく関与していることがわかってきています。
各要因が条件に該当するかどうかの判断基準については、以下のとおりで、これらの要因を総合的に判断し、情報を提供していくこととしています。

 


 

1) 感染性胃腸炎の流行
伊勢湾に河川が流れ込んでいる三重県内の地域の感染症発生動向調査で流行を確認しています。本システムでは、感染性胃腸炎が流行していると判断した時点で「+」と表記します。

 


 

2) 養殖海域の水温が10℃以下

養殖海域の海水温を測定しています。本システムでは、海水温が10℃以下になった時点で「+」と表記します。

 


 

3) ノロウイルス遺伝子がカキのサンフ゜ルから検出
水深3-3.5mのカキ1検体(各養殖海域でサンプリングし、浄化していないカキ3個を1検体とする)のノロウイルス検査を実施しています。本システムでは以下のとおり表示します。
 陽性検体数
 0/1 該当せず
 1/1 +

※「1/1」は検査したサンプル1検体からノロウイルス遺伝子が検出されたことを示します。
※サンプルは浄化前のものを使用します。

 


 

4) 50mmを超える雨が降り河川水が大量に海に流れ込んだとき
最寄りの観測局における1日の降水量が50mmを超えたとき「+」と表記します。

 


 

5) カキの健康被害があったとき
鳥羽海域あるいは的矢湾産のカキを食べて食中毒様症状が出たものを調査依頼(届出)を受けた保健所が調査をしているとき「+」と表記します。

 


 

もどる