現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 担い手・新規就農 >
  5. 新規就農 >
  6.  令和2年度農業次世代人材投資資金(準備型)等の交付対象者公募のお知らせ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 担い手支援課  >
  4.  担い手育成班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

令和2年度農業次世代人材投資資金(準備型)等の交付対象者公募のお知らせ
令和2年度から先進農家又は先進農業法人での研修も対象になります!

 県では、青年就農者の拡大につなげるため、就農に向けて研修を受ける新規就農希望者に対して、農業次世代人材投資資金(準備型)等を交付する「新規就農者総合支援事業」を実施しています。
 このたび、令和2年度における本資金の交付対象者を下記のとおり公募しますので、既に研修を開始されている方や、研修開始を予定されている方は、是非ご応募ください。

                        記

1 農業次世代人材投資資金(準備型)の概要
 就農に向けて、県が認める研修機関等(三重県農業大学校、先進農家又は先進農業法人など)において研
修を受ける者に対して、一人あたり年間最大150万円を最長2年間交付します。

2 主な応募要件
 主な応募要件は次のとおりです。なお、応募要件の詳細は公募要領をご覧ください。
(1) 就農予定時の年齢が、原則50歳未満であり、次世代を担う農業者となることについて強い意欲
  を有する方
(2) 応募時点において、すでに研修を開始している方又は開始される予定の方
(3) 県が認める研修機関等で研修を受ける方
(4) 研修期間が概ね1年かつ概ね年間1,200時間以上で、研修期間を通じて、就農に必要な技術
  や知識の研修に取り組む方
(5) 常勤の雇用契約を締結していない方
(6) 原則として、生活費の確保を目的とした国の他の事業による給付等を受けていない方
(7) 研修計画の承認申請時において、前年の世帯(本人のほか、同居又は生計を一にする別居の配偶
  者、子及び父母が該当する。)全体の所得が600万円以下の方

3 応募方法
(1)先進農家等で研修を受ける場合
   応募を行う前に、研修先となる先進農家等と研修について合意が成立している必要があります。
   研修先の先進農家等が未定の場合は、研修予定地の最寄りの県農林水産(農政・農林)事務所
  各地域農業改良普及センターにご相談ください。
   (相談先の電話番号等は公募要領第11に記載しています。)
(2)公募要領に基づいて申請書類を作成のうえ、「4 申請書類の提出先」まで提出してください。

4 申請書類の提出先(住所や連絡先は公募要領をご参照ください。)
(1)研修先が先進農家又は先進農業法人の場合
   研修先の地域を管轄する農林水産(農政・農林)事務所  各地域農業改良普及センター(※)
   (※ 尾鷲市及び紀北町の場合は、農政・農村基盤室)
(2)(1)以外の場合は研修機関に提出してください。
   ①三重県農業大学校
   ②学校法人古川学園 中部水耕栽培福祉専門学校

5 応募の受け付け及び交付対象者の選定
 随時、応募の受け付けを行い、三重県農業次世代人材投資資金交付検討委員会による審査(年に2回
程度予定)を経て、本事業の趣旨に沿って優先度の高い者に対して、予算の範囲で交付対象者の選定を
行います。
 なお、研修計画の承認申請時の年齢が原則30歳以上で、かつ、就農予定時の年齢が49歳以下の就職
氷河期世代等を対象に、令和2年度限りで「就職氷河期世代の新規就農促進事業」を実施します。
 年齢の要件に該当する場合は、当事業による資金の交付対象として選定する場合もあります。

詳細は公募要領をご覧ください。 

公募要領(PDFファイル)
 別紙様式第1号(研修計画) ワードファイル PDFファイル
 別紙様式第1号(別添様式) ワードファイル PDFファイル

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 担い手支援課 担い手育成班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2354 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:ninaite@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000239842