現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 人権・男女共同参画・NPO >
  4. NPO >
  5. お知らせ一覧 >
  6.  お知らせ(平成25年度)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. ダイバーシティ社会推進課  >
  4.  NPO班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
 

目  次

平成25年度(2013年度)トピックス 詳細情報をクリックすると記事に移動します。 

 平成26年3月25日

 

 平成26年度福島県ふるさとふくしま帰還支援事業(県外避難者支援事業)の募集について#

平成26年3月12日 平成26年度「伊勢湾 森・川・海のクリーンアップ大作戦」参加団体を募集しています
平成26年2月26日 平成26年度「児童生徒の人間関係形成能力やコミュニケーション能力等の育成に関する研修等の調査研究」の募集について#
平成26年2月5日 ~東紀州のまちづくりを考える~まちづくり交流会を開催します
平成26年1月24日 多様な地域ニーズを多様な組織が連携して支える~大規模災害時の支援の現場から~を開催します#
平成26年1月6日 共感の輪を広げる広報力を高める講座『まずは「広報力」!』を開催します#
平成25年12月27日 『「共に未来を創る」フューチャーセンター』を開催します#
平成25年11月20日 「ホンキで寄付を集めて活動を広げたい団体のための寄付セミナー」を開催します#
平成25年11月15日 認定・条例指定を目指すNPO法人のための説明会
平成25年9月10日 第7回三重県新しい公共支援事業運営委員会を開催します
平成25年9月9日 内閣府「市民の社会貢献に関する実態調査」にご協力下さい
平成25年8月28日

「県民税の寄附金税額控除の対象となる寄附金及びNPO法人の指定の基準及び手続等を定める条例(仮称)」素案に対する意見募集結果をお知らせします

平成25年7月24日 NPO法人会計基準セミナー・出張個別相談を実施します#
平成25年6月25日

「県民税の寄附金税額控除の対象となる寄附金及びNPO法人の指定の基準及び手続等を定める条例(仮称)」素案に対するご意見を募集します

平成25年6月25日 (二次募集)三重県サンパウロ州姉妹提携40周年記念旅行の参加者を募集します#
平成25年6月20日

三重県サンパウロ州姉妹提携40周年記念旅行の参加者を募集します#

平成25年6月7日 「地域で頑張る企業・NPO」を“つたえ”“つなげる”学生レポーター募集説明会の参加者を募集します#
平成25年5月31日 岩手県「平成25年度復興支援の担い手の運営力強化実践事業」の募集について#
平成25年5月29日 福島県地域づくり総合支援事業(ふるさと・きずな維持・再生支援事業)の募集について#
平成25年5月20日

NPO活動推進自治体フォーラム三重大会

「地域に新しい公共を築くために」を開催します#

平成25年5月20日 三重県新しい公共支援事業フォーラム~2年間の成果を共有し「協創の三重づくり」を加速させる!~を開催します#
平成25年5月2日 第6回三重県新しい公共支援事業運営委員会を開催します詳細情報
平成25年4月23日 「まちづくりの話し合い」を成功させる実践的ノウハウを学ぶ研修 参加者を募集します#
平成25年4月15日 NPO等からの協働事業提案(新しい公共の場づくりのためのモデル事業)事業実施報告会を開催します#
 

 

ページのトップへ戻る

 

 平成26年度福島県ふるさとふくしま帰還支援事業(県外避難者支援事業)の募集について

 福島県では、県外に避難する福島県民の皆さんが避難先で安心して暮らし、最終的には福島県に帰還できるよう、避難者支援団体等が避難先において実施する支援活動事業に対して助成が行われます。
1 申請者
(1) 福島県外の避難者支援団体等(都道府県又は市区町村の確認書の添付 を条件とする。)
(2)都道府県又は市区町村及び避難者支援団体を構成員に含む県外の協議体 2 補助金額等
(1)補助金額 1事業ごとの上限額100万円
(2)補助率 10/10以内で、知事が必要と認めた額
3 事業実施期間
平成26年6月1日から平成27年3月31日まで
4 スケジュール
  募集期間:平成26年3月24日(月)~平成26年4月18日(金)
  選  考:4月下旬~5月下旬
  交付決定:5月下旬
※詳しくは、「平成26年度福島県ふるさとふくしま帰還支援事業(県外避難者支援事業)募集要領」又は、福島県庁ホームページ「県外に避難されている方々を支援する団体の皆様への情報」をご確認願います。

 平成26年度「児童生徒の人間関係形成能力やコミュニケーション能力等の育成に関する研修等の調査研究」の募集について

 文部科学省から、平成26年度「児童生徒の人間関係形成能力やコミュニケーション能力等の育成に関する研修等の調査研究」についての募集がありました。
 公募要領は、文部科学省ホームページの「調達総合案内」に掲載されていますので、ご確認ください。
 なお、申請される場合には、平成26年3月13日(木)までに文化振興課(TEL:059-224-2233)あてご提出ください。

 

 専門性を持った組織のネットワーク強化を考えるセミナー「多様な地域ニーズを多様な組織が連携して支える~大規模災害時の支援の現場から~」を開催します

       参加申込はこちらから ⇒ セミナー参加申込画面 (終了しました)
     セミナーの案内チラシはこちらから ⇒ セミナー案内チラシ

 災害が発生したとき、自分達のスキルや専門性を発揮して、自分達だからこそ取り組める支援活動を考えてみませんか?
 大地震等の発生時には、多くの人が体育館や公共施設などの避難所で生活することが強いられます。そこでは、避難所運営、炊き出し、支援物品の仕分けなど、生活の基盤を支える支援とともに、特別な配慮を必要とする方々(要介護者や精神的要支援者、外国人、障がい者、アレルギー患者、難病患者、妊産婦、高齢者・・・)の支援も必要となってきます。
 今回のセミナーは、東日本大震災の際に、「特別な配慮を必要とする方々のニーズを把握し、専門性を持ったNPOや関係機関につなぐ活動」を展開した経験を活かして、次の災害に備える実践的な仕組みや訓練の普及に取り組んでいる「日本財団 次の災害に備える企画実行委員会」に協力していただいて開催します。同委員会が紀北町で実施する「次の災害に備えるための被災者支援アセスメント訓練」の報告をしていただき、報告を踏まえて参加者が、「自分達の専門性が災害時にどう活かせるか」、「それに備えて、平時からどのようなことに取り組むことが必要か」を考えます。

  参加申込はこちらから ⇒ セミナー参加申込画面 (終了しました)

日時:平成26年2月26日(水) 13:30~16:30(受付 13:00~)
場所:アスト津3階 みえ県民交流センター 交流スペース
定員:50名(先着順)
対象:NPO、社会福祉協議会、企業、行政、今回のテーマに関心のある方
講師:日本財団 次の災害に備える企画実行委員会
    川北秀人氏(IIHOE 人と組織と地球のための国際研究所 代表)
    田村太郎氏(一般財団法人 ダイバーシティ研究所 代表理事)
プログラム
○報告
日本財団 次の災害に備える企画実行委員会が紀北町で実施した「被災者支援拠点アセスメント訓練」などについて報告します。
○ワークショップ
「自分達の組織が取り組めること」「平時から地域で備えておくこと」を考えます。
○説明
「三重県災害ボランティア支援および特別非営利活動促進基金」など、三重県の取組を紹介します。
主催:三重県
協力:日本財団 次の災害に備える企画実行委員会
後援(予定):社会福祉法人三重県社会福祉協議会、特定非営利活動法人みえNPOネットワークセンター、特定非営利活動法人みえ防災市民会議  

申し込み方法 

(1)電子申請システムをご利用いただき、インターネット上でお申込ください。
  申し込みフォームはこちら (終了しました
(2)下記の募集チラシ内の申込用紙必要事項に記入し、男女共同参画・NPO課NPO班までFAXにてお申込ください。(FAX番号:059-222-5984)

上記以外の方法によるお申込は受付いたしかねますので、ご了承ください。
申込用紙(PDF)


    

 共感の輪を広げる広報力を高める講座『まずは「広報力」!』を開催します

【好評につき、定員を増やしました!】
 地域を善くする活動をしているのに、活動の広がりに課題を抱えていたりしませんか? 自分たちの活動が「地域にどのように役立っているのか」「活動をすることで地域課題が具体的にどう善くなるのか」を伝えずに、「ありがとうと言われている」「熱意を持っている」ことばかり強調していませんか?
 今回の講座で、他の主体と協働し合う場やプレゼンテーションの場で、相手側に活動に重要性や必要性をしっかりと伝えるノウハウを学び、共感の輪を広げていきましょう!

 参加申し込みはこちらから → セミナー参加申込画面 (終了しました

第1回 まずは「キャッチコピー」!

【大雪警報発令のため、延期し、日程及び会場を変更して開催いたしますので、ご注意ください。】
日時 平成26年2月24日(月) 13:30~16:30(受付13:15~)
定員 30名 42名(好評につき、定員を増やしました!)
    会場を変更したため、追加募集を行います。「セミナー参加申込画面」から
    お申込みください。
会場 三重県鈴鹿庁舎 4階大会議室(鈴鹿市西条5-117)
申込期限 平成26年2月20日(木)
川上徹也先生・直伝「コピー制作3つのコツ」をお伝えします。
 1.自分に関係があると思ってもらう
 2.強い言葉を使う
 3.相手の心に「興味」を創り出す
相手の心をつかんでこそ「キャッチコピー」です。
キャッチしていますか?
〔コピーライター川上徹也HP http://kawatetu.info/profile/

第2回 まずは「リード文」!

日時 平成26年2月27日(木) 13:30~16:30(受付13:15~)
定員 30名 42名(好評につき、定員を増やしました!)
会場 鈴鹿市男女共同参画センター ジェフリーすずか
    (鈴鹿市神戸二丁目15番18号)
申込期限 平成26年2月25日(火)
lead文とはタイトルのあとに続く数行の文章のこと。
「何を伝えるのか」と「どう伝えるのか」を表現するべき、導くための文章です。
こちらが期待している反応に相手を導いてこそ「リード文」です。
導いてますか?

第1回・第2回 共通事項

講師
 PRプランナー 米山 哲司氏

NPO法人Mブリッジ理事長
http://www.m-bridge.jp/
(社)日本パブリックリレーションズ協会認定「PRプランナー」
http://pr-shikaku.prsj.or.jp/

申し込み方法

(1)電子申請システムをご利用いただき、インターネット上でお申込ください。
   申込フォームはこちら  (終了しました
(2)下記の申込用紙の必要事項に記入し、男女共同参画・NPO課NPO班までFAXにてお申込ください。(FAX番号:059-222-5984)

上記以外の方法によるお申込は受付いたしかねますので、ご了承ください。
申込用紙(PDF)

 

 

  『「共に未来を創る」フューチャーセンター』を開催します

 NPOと企業の他、学生、行政などのさまざまなセクターから参加者が集まり、「地域が善くなる活動の新たなアイデア」を、未来志向で多様な視点から考える交流会(フューチャーセンター)を開催します。

  1. 日時 平成26年1月17日(金)14:00~17:00 (受付:13:30から)
  2. 場所 みえ県民交流センター交流スペース(アスト津3階)

参加者募集

  • 募集人数  30名(NPO、企業、学生、行政など)
  • 申込方法

 名前、年齢、所属(部署名)、連絡先(電話番号、メールアドレス)を明記して、seiknpo@pref.mie.jp  までメールで申込をしてください。

※今回のフューチャーセンターは色々な立場の方、年齢の方にバランスよく参加していただきたいため、応募状況によっては見学に回っていただくことをお願いする場合もあります。あらかじめご了承ください。(事前にご連絡させていただきます。)

主催 NPOと企業のパートナーシップ促進ワーキンググループ

申込・問合せ先 三重県環境生活部男女共同参画・NPO課NPO班 

 

 「ホンキで寄付を集めて活動を広げたい団体のための寄付セミナー」を開催します

 本気で寄付を集めたい団体を対象に、寄付を集めるための情報発信や信頼性の向上などのノウハウを学び、次の一年に具体的な行動に移せるようにプランニングします。計画的に寄付を集めるための仕組みを学び、活動を広げていきましょう。 

1 日時 平成25年12月17日(火曜日)13時30分から17時30分まで
2 場所 みえ県民交流センター(津市羽所町700 アスト津3階)
      ※ご参加の際は、できるだけ公共交通機関でお越しください。
3 講師 佐藤 大吾 さん(一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパン 代表理事) 4 内容、対象及び定員
<第1部>レクチャー
  ・寄付についての基礎を知る
  ・どのような手法で寄付を集めるか
  ・実践例、成功例
  ・寄付を獲得するときの注意点
 対象:寄付に関心のあるNPO、市民活動支援担当者等 30名
     ただし、第2部まで通して参加される方を優先します。
<第2部>団体別ワークショップ
  ・自分の団体を分析する
  ・いくらの寄付を目指すのか
  ・そのために必要な行動は何か
  ・団体別にアクションプランを立てる
 対象:本気で寄付を集めたいNPO 5団体程度
     同一団体から複数名(2~4名)でご参加ください。

案内チラシ(PDF)
(主催)
三重県、みえ県民交流センター指定管理者特定非営利活動法人みえNPOネットワークセンター

<お申し込み先>
みえ市民活動ボランティアセンター
TEL : 059-222-5995 FAX : 059-222-5971
メールアドレス :  center@mienpo.net
※TEL、FAX、メールにて、(1)参加者全員の氏名 (2)団体名(3)電話番号(4)メールアドレスを12月10日(火)までにお知らせください。

 

 認定・条例指定を目指すNPO法人のための説明会

 平成25年10月、三重県の条例指定制度がスタートしました。これを受け、認定又は条例指定を目指すNPO法人の皆さんを対象とした説明会を開催します。認定又は条例指定を目指すNPO法人以外にも、「認定NPO法人に興味があるけど、どういう手続をするのか知っておきたい」「県の条例指定はどういう制度なの?」といった疑問をお持ちのNPO法人の方にも参加していただけます。

 1 開催日時及び会場
 ①12月 4日(水)18:30~20:30: みえ県民交流センターミーティングルームA
 ②12月 5日(木)14:00~16:00:三重県尾鷲庁舎 201会議室
 ③12月11日(水)18:30~20:30:四日市市なやプラザ 会議室4
 ④12月19日(木)14:00~16:00:いせ市民活動センター 会議室A
 ⑤ 1月10日(金)14:00~16:00:伊賀市ゆめぽりすセンター 会議室1
 ⑥ 1月15日(水)14:00~16:00:三重県桑名庁舎附属棟1階第3会議室
 ⑦ 1月16日(木)14:00~16:00:三重県熊野庁舎 大会議室B
 ⑧ 1月21日(火)18:30~20:30:三重県松阪庁舎31会議室
   ※各回、同じ内容です。NPO法人の設立の説明会ではありません。
2 参加費  無料
3 主催   三重県
4 その他  各回の開催前日までに申込みがない場合は開催を中止しますので、必ず事前に申込みをしてください。また、可能な限り、公共交通機関でお越しください。
5 申込み 事前に、会場(①~⑧)、所属名、氏名を記載のうえ、申込みをしてください。(FAXまたはE-MAIL)

 チラシ・申し込み書は、こちら

■問い合せ・申込み先■
三重県環境生活部男女共同参画・NPO課NPO班(三重県津市羽所町700番地アスト津3階)
電話:059-222-5981   FAX:059-222-5984
E-MAIL:seiknpo@pref.mie.jp

  

 内閣府「市民の社会貢献に関する実態調査」にご協力下さい

内閣府では、全国の20~69 歳までの男女10,000 人の方を対象にボランティアや寄附等、社会貢献に関する実態調査を実施しています。いただいた回答が、今後のNPO関連施策の充実へ向けた貴重な資料となります。御自宅に調査依頼状が届いた方は、是非ご協力いただきますようお願い申し上げます。


調査回答期間:平成25 年9 月7 日(土)~10 月1 日(火)
回答・詳細・お問い合せはこちらのページをご参照下さい。 (終了しました

  

 「地域で頑張る企業・NPO」を“つたえ”“つなげる”学生レポーター募集説明会の参加者を募集します

 三重県では、「地域を元気にしたい!善くしたい!」、「暮らしやすいまちにしたい!」、という地域への熱い想いを持って活動している企業やNPOを、県民の皆さんに「伝え」、「つなげる」活動を一緒に取り組んでいただける学生レポーターを募集します。

活動の説明会を下記のとおり開催いたしますので、是非ご参加ください。

日時:平成25年6月24日(月) 17時~18時30分

場所:みえ県民交流センター(津市羽所町700番地 アスト津3階)

募集人員:10名程度

申し込み方法

1.メールにて申し込みください

 件名を「学生レポーター募集説明会参加希望」とし、本文中に「名前」「学校」「学年」「連絡先(連絡がとれる電話番号、メールアドレス)」を記載していただいて、三重県環境生活部男女共同参画・NPO課NPO班(seiknpo@pref.mie.jp)まで送付してください。

2.FAXにて申し込みください。

 別添のチラシ裏面にある申し込み用紙に必要事項を記入し、三重県環境生活部男女共同参画・NPO課NPO班(059-222-5984)まで送付してください。

募集チラシはこちらから → チラシ

※この取組は、三重県が呼びかけて、産官学民のメンバーで活動している「NPOと企業のパートナーシップ促進ワーキンググループ」の皆さん(特定非営利活動法人Mブリッジ、リプロ株式会社地域活性化推進室、三重大学人文学部青木研修室)と一緒に実施します。

  

 岩手県「平成25年度復興支援の担い手の運営力強化実践事業」の募集について

  岩手県では、多様な担い手が協働・連携して行う復興支援や被災者支援等の取組を推進するとともに、担い手となるNPO法人等の基礎的能力を強化することにより、中長期的な被災地の復興や被災者の支援を図るため、次のとおり補助事業が実施されます。
1 応募資格
(1) NPO法人等及び岩手県内の市町村(又は岩手県)を構成員とする
協議体
岩手県外の団体は岩手県内市町村(又は岩手県)と協議体を形成し、
応募できます。
(2)岩手県内に主たる事務所を有する単独のNPO法人等
2 補助対象期間
  補助金交付決定日から平成26年3月31日まで
3 募集期間
  平成25年5月22日(水)~平成25年6月21日(金)
4 その他
  詳しくは、募集要項様式、岩手県公式ホームページ内のNPO・文化
 国際課のページをご確認願います。   

 福島県地域づくり総合支援事業(ふるさと・きずな維持・再生支援事業)の募集について

 福島県では、高い運営力を有する「NPO法人等」を育成し、復興支援や被災者支援の促進を通して、きずなの維持・再生を図ることを目的として、次のとおり補助事業が実施されます。

1 補助事業の概要
(1)実施主体の主な要件
   補助を受けることのできる「NPO法人等」とは、次の①又は②です。
 ①民間非営利組織
   特定非営利活動法人、ボランティア団体、公益法人、社会福祉法人、
   学校法人、地縁組織(自治会、町内会等)、
   協同組合等(事務所の所在地は問わない)
 ②協議体
   民間非営利組織や地方自治体を構成員に含む協議体又は
   民間非営利組織が主体となった協議体
(2)補助対象事業の主な要件
   福島県の復興支援・被災者支援に効果がある先駆的取組で、
   NPO法人等の人材育成やネットワーク形成に資するもの
(3)補助率
   9/10以内(1/10以上は実施主体の自己負担)
(4)補助金額
   概ね100万円から1,000万円
2 募集期間
  平成25年6月10日(月曜日)17時 提出締切

 詳しくは、「福島県地域づくり総合支援事業(ふるさと・きずな維持・再生支援事業)」募集要項」又は、福島県文化振興課ホームページをご確認願います。
 

 NPO活動推進自治体フォーラム三重大会「地域に新しい公共を築くために」を開催します

 社会の多様なニーズをさまざまな主体により支える「新しい公共」の実現を目指して、全国の行政、NPO、企業、地縁団体の皆さんと一緒に、「私たちはこれからどのような行動をすることが必要なのか」を考えるフォーラムを開催します。
 フォーラムでは、全国で実践されている「新しい公共」の具体的な事例も紹介していただきます。

★参加申込はこちらから → NPO活動推進自治体フォーラム参加申込画面
                   ※お申込はお一人ずつお願いいたします。
                  (終了しました

1 日時 平成25年7月1日(月曜日)10時から16時まで
2 場所 三重県教育文化会館 5階 大会議室
   ※ご来場の際は公共交通をご利用ください。(JR・近鉄津駅から徒歩5分)
3 定員 150名(先着順)
4 対象 行政、NPO、企業、地縁団体、
      その他「新しい公共」を一緒に考えたい方
5 申込期限 平成25年6月21日(金)
6 内容
 (1)「新しい公共」の事例の共有
  ・島根県雲南市の地域自主組織の取組(雲南市役所政策企画部)
  ・「高齢・過疎地域」における共助力アップ支援事業<横手モデル>
   (特定非営利活動法人秋田県南NPOセンター)
  ・沖縄の地域円卓会議の取組(公益財団法人みらいファンド沖縄)
 (2)基調講演 地域に新しい公共を築くために
   講師:IIHOE(人と組織と地球のための国際研究所)代表 川北秀人さん
 (3)「新しい公共」を考える、学ぶ
   事例や基調講演などを踏まえ、参加者で「新しい公共」について考えます。

お申込は電子申請をご利用ください。
NPO活動推進自治体フォーラム参加申込画面 (終了しました

FAXでも受け付けています。チラシをご覧いただき、お申込ください。
案内チラシ(PDF)
上記以外の方法によるお申込は受付いたしかねますので、ご了承ください。

 三重県新しい公共支援事業フォーラム~2年間の成果を共有し「協創の三重づくり」を加速させる!~を開催します

 県では、平成23年度から2年間、「新しい公共」の主要な担い手として期待されるNPO等が自立して活動に取り組む環境整備などを目的として、「三重県新しい公共支援事業」に取り組みました。
 今回のフォーラムでは、県から事業採択を受けた団体からの報告などを通じて、事業で得られた成果、見えてきた課題を共有し、これからの「協創の三重づくり」にどのように活かしていくかについて考えます。

★参加申込はこちらから → 新しい公共支援事業フォーラム参加申込画面
                   ※お申込はお一人ずつお願いいたします。
                   (終了しました

1 日時 平成25年6月30日(日曜日)13時から16時30分まで
2 場所 三重県津庁舎 6階 大会議室
      (津市桜橋3丁目446-34)
    ※ご来場の際は公共交通機関をご利用下さい。(最寄駅:近鉄江戸橋駅)
3 定員 100名(先着順)
4 対象 NPO、企業、地縁団体、行政、その他
5 申込期限 平成25年6月21日(金曜日)
6 内容
 (1)三重県新しい公共支援事業で取り組んだ事業の実施報告
 ※新しい公共を支える資源循環の基盤づくり事業
 ・ささえあいのまち創造基金(四日市NPO協会)
 ・情報誌「HAMACHI」(特定非営利活動法人津市NPOサポートセンター)
 ※NPO等からの協働事業提案
  (新しい公共を支える場づくりのためのモデル事業)
 ・災害にも強い多文化共生地域づくり事業(特定非営利活動法人伊賀の伝丸)
 ・NPOがつなぐ地域と学校連携プロジェクト~教育CSRのネットワークづくり~
                          (特定非営利活動法人a trio)
 (2)パネルディスカッション
  「2年間の成果を生かして、協創の三重づくりを加速させるために」
  パネラー:事例報告団体+事業に参画したステークホルダー
  コーディネーター:IIHOE(人と組織と地球のための国際研究所)
             代表 川北秀人さん

お申込は電子申請をご利用ください。
「三重県新しい公共支援事業フォーラム」参加申込画面 (終了しました

FAXでも受け付けています。チラシをご覧いただき、お申込ください。
案内チラシ(PDF)
上記以外の方法によるお申込は受付いたしかねますので、ご了承ください。 

 第6回三重県新しい公共支援事業運営委員会を開催します

 国の「新しい公共支援事業交付金」を受けて、NPO等が自立的に活動していくことを後押しすることを目的として実施している「三重県新しい公共支援事業」に関して、運営委員会を下記のとおり開催します。

日時 : 平成25年5月8日(水)10時00分~18時00分
場所 : みえ県民交流センター(津市羽所町700 アスト津3階)
内容 : 平成23、24年度事業実績報告等について 
                                  ほか

☆委員会は公開で開催します。
傍聴の受付は会議開始15分前より先着順に行います。
定員(10名程度)になり次第、受付を終了させていただきます。
事前の申込みは不要です。直接会場にお越しください。

 「まちづくりの話し合い」を成功させる実践的ノウハウを学ぶ研修の参加者を募集します

 「まちづくりの話し合い」…この場に、老若男女、色んな立場から参加者が集まり、笑顔がいっぱいの“楽しく”語り合う場になればいいなあって思いませんか?
 この研修では、“楽しく”でも“中身が濃い”、参加した人が「また参加したい!」と思う「話し合いの場づくり」を、誰でも成功させることができる、そんな実践的なノウハウを“これでもかあ!”というくらい学べます!

1 研修日程
  開催時間帯は全て10時から16時です。

※研修テーマに変更があります。日程は変更ありません。

  テーマ 日程
第1回 協働のまちづくり研修(初級)

平成25年6月2日(日)

松阪市橋西地区市民センター

第2回 ファシリテーション研修(初級)

平成25年7月15日(月・祝)

松阪市橋西地区市民センター

第3回 市民活動力UP研修

平成25年8月3日(土)

※松阪市内(会場は後日お知らせします)

第4回 協働のまちづくり研修(中級)

平成25年9月14日(土)

※松阪市内(会場は後日お知らせします)

第5回 ファシリテーション研修(中級)

平成25年10月5日(土)

※松阪市内(会場は後日お知らせします)

第6回 サロン開催の実践編

平成25年11月23日(土)

※松阪市内(会場は後日お知らせします)

第7回

学んだノウハウを試してみよう

(サロン見本開催)

平成26年1月18日(土)

※松阪市内(会場は後日お知らせします)

 
【研修でできるようになること】

  • ファシリテーションのスキルが身につく
  • 上記7回の講座を連続して受講していただくことで、最終的には、地域でまちづくりについて語り合う“楽しいサロン”を自分たちで開催できるスキルが身につく。

2 参加対象者

楽しい“話し合い”の仕方を学びたい方、してみたい方
(NPO、地縁団体、企業関係者、大学生、主婦、行政…どなたでも参加できます)

3 定員

40名(但し、第1回目のみ単発参加者を募集します:20名程度)
※7回連続参加者には「協働のまちづくりファシリテーター認定証」をお渡しします。

4 申込方法

(1)電子申請システムをご利用いただき、インターネット上でお申込ください。
   申込フォームはこちら (終了しました
(2)下記の申込用紙の必要事項に記入し、男女共同参画・NPO課NPO班までFAXにてお申込ください。(FAX番号:059-222-5984)

上記以外の方法によるお申込は受付いたしかねますので、ご了承ください。

申込用紙(PDF)

 NPO等からの協働事業提案(新しい公共の場づくりのためのモデル事業)事業実施報告会を開催します

 県では、NPO等から行政や企業などに地域ニーズに取り組む企画を提案し、それぞれの強みを活かして一緒に事業に取り組む「NPO等からの協働事業提案」を実施しています。

 平成24年度は11件の事業に取り組みましたが、各事業の実施してきた状況や今後の見通しなどについて報告していただく事業実施報告会を下記のとおり開催いたします。

1日時 平成25年4月25日(木) 13時から17時まで
2場所 みえ県民交流センター交流スペース(津市羽所町700 アスト津3階)
3内容 
 企画を提案したNPO等から事業実施の報告をした後、一緒に事業に取り組んだ県関係課からコメントを行い、事業採択の審査を担当した委員との意見交換を行います。
4その他 
  • 報告会は公開で行います。(事前の申込は不要です。直接会場にお越しください。)
  • ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。(JR・近鉄津駅から徒歩3分)
  • この事業における「NPO等」とは、特定非営利活動法人、ボランティア団体、公益法人、社会福祉法人、学校法人、地縁組織、協同組合等の民間非営利組織します。

報告会スケジュール  

各事業の概要

 

 

注目情報・関連リンク

#みえの市民活動 facebook」に「いいね!」して情報をゲットしてください!

自分たちの力で三重県を良くしようとする「アクティブ・シチズン」の皆さんを応援する情報、県民の皆さんと三重県との協創に関する情報などを発信しています。

#寄付集めにチャレンジしています!

「ホンキで寄付を集めて活動を広げたい団体のための 寄付セミナー」に参加した団体が、寄付集めにチャレンジしています。皆さまの参考にしていただくとともに、各団体を応援してください!

# 楽しい会議による、楽しいまちづくりの極意 「まちづくりの話し合い」を成功させる実践的ノウハウを学ぶ研修の実践記録!

NPO、企業、地縁団体、大学生、行政などが一緒に、「まちづくりに主体的に取り組むこと」「まちづくりにたくさんの人が参加すること」などのノウハウを学ぶ研修を実践しています。

 

 #「夢をかたちにするまちづくり~『新しい公共』のヒント集~」について

「夢をかたちにするまちづくり~『新しい公共』のヒント集~」は、三重県新しい公共支援事業の一環として、円卓会議方式を経て策定されました。「今までできなかったことができるようになる」ために大切なことを、これまでの実践を踏まえて、豊富な事例とともに掲載しています。

夢をかたちにするまちづくり~「新しい公共」のヒント集~

注目情報 NPO法人の「認証」とは
三重県知事のNPO法人「認証」とは、「認証申請書類が整っていたことを確認した」行為です。決して、認証申請団体が優良であると知事が判断したものではありません。
あるNPO法人が信頼できるかどうかは、直接、そのNPO法人に確認するか、NPO室が公開している事業報告書類をご覧いただいた上で、県民の皆さんがご判断下さい。

注目情報を示しています
・注目情報を示しています。
関連情報を示しています。
・関連情報を示しています。
関連するホームページへのリンクを示しています。
・関連ホームページへリンクしています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 ダイバーシティ社会推進課 NPO班 〒514-0009 
津市羽所町700番地(アスト津3階 みえ県民交流センター内)
電話番号:059-222-5981 
ファクス番号:059-222-5984 
メールアドレス:seiknpo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035693