現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. みえの食 >
  4. 郷土料理 >
  5. 東紀州の郷土料理 >
  6.  郷土料理 カツオの塩辛
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産事務所等  >
  3. 尾鷲農林水産事務所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

郷土料理 カツオの塩辛

カツオの塩辛写真 ポイント
◎ねかせる日数によって塩分量を変えます。
◎肝で味をマイルドに調えます。
◎酒のつまみにどうぞ。
   
(材料)
カツオ:普通なら捨ててしまう小腸や肝も塩辛にして美味しく食べられます。
   
カツオの小腸   一升に対し塩3合   (1年間置く場合)
              塩2合5勺 (半年置く場合)
              塩2合   (1ヶ月~2ヶ月)

カツオの肝 少々 必要に応じて酢、砂糖、大根の千切り(入れなくても良い)
   
(作り方)
1  カツオの小腸に塩を入れて10日以上置く。
2 小腸をすごき千切りにしてビンに入れる。
3  肝を少し入れると甘味、色合いがでる。
*酢、砂糖を入れて大根・逅リりにして食べると一層美味しくなります。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 尾鷲農林水産事務所 〒519-3695 
尾鷲市坂場西町1番1号(尾鷲庁舎5階)
電話番号:0597-23-3486 
ファクス番号:0597-23-0683 
メールアドレス:onorin@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000030511