現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 人権・男女共同参画・NPO >
  4. 平和啓発 >
  5. 三重県の取組 >
  6.  三重県にある戦争に関する遺跡
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 戦略企画総務課  >
  4.  企画調整班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平和啓発について

三重県にある戦争に関する遺跡

  三重県内にも、数多くの戦争の傷跡が残されています。その中から、いくつかご紹介します。

 また、この他にも、三重県の戦争に関する資料・遺跡について、県HP「戦争資料館」内にて紹介しています。以下のページも参考にご活用ください。

県HP「戦争資料館」-「資料展示室」

伊賀

被弾ピアノ 名張市
被弾ピアノ(正面)被弾ピアノ(説明文)

被弾ピアノ(弾痕跡)被弾ピアノ(側面)

↑被弾ピアノ 概要

 名張市立蔵持小学校が所蔵していたもので、昭和20年6月9日に被弾し、右側面の足の部分がむき出しになった。

 平成18年に修復され、現在は名張市武道交流館で保存されている。希望すれば誰でも弾くことができる。
(住所:名張市蔵持町里2928 名張市武道交流館いきいき)

北勢

桑名空襲慰霊之碑 桑名市
桑名空襲慰霊之碑貝塚公園

 昭和20年7月17日の桑名空襲を語り継ぐ礎として、平成10年7月、爆弾を受けた貝塚公園内に建立。

 毎年7月の第3日曜日に桑名空襲追悼式が開催される。

(住所:桑名市内堀5月2日-2 貝塚公園内)

四日市空襲殉難碑 四日市
四日市空襲殉難碑(表)四日市空襲殉難碑(裏)
 昭和20年6月18日の四日市空襲を語り継ぐ礎として、鵜の森公園内に建立。

 (住所:四日市市鵜の森1-251 鵜の森公園内)

中勢

子午の鐘 津市
子午の鐘子午の鐘

 1736年(江戸時代)に久居城下に時を知らせるために製造。

 太平洋戦争中には陸軍に供出されたが、終戦後に旧津市内に放置されていた鐘が見つかり、無事戻されたといわれる。

(住所:津市久居幸町)
JR阿漕駅前 津市
JR阿漕駅前 JR阿漕駅前

 昭和20年7月24日被弾。

 JR阿漕駅前ロータリーの緑地帯に、弾痕が残るコンクリート塀が設置されている。

(住所:津市西阿漕町54)
塔世橋弾丸跡 津市
塔世橋塔世橋

 昭和20年7月24日被弾。

 平成4年に架け替えられたが、弾痕の残る旧橋の高欄が現在も保存されている。

(住所:津市栄町)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 戦略企画総務課 企画調整班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2009 
ファクス番号:059-224-2069 
メールアドレス:sensomu@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000039538