現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 人権・男女共同参画・NPO >
  4. 平和啓発 >
  5. 三重県の取組 >
  6.  平和への想いを次の世代へ~平和に関する企画展2022~ 県内高校生と広島県の高校生による活動発表会を開催しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 戦略企画総務課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平和への想いを次の世代へ~平和に関する企画展2022~ 県内高校生と広島県の高校生による活動発表会を開催しました

 令和4年8月20日に、「平和への想いを次の世代へ~平和に関する企画展2022~」における県内高校生と広島県の高校生による活動発表会を開催しました。
 三重県原爆被災者の会の坂牧幸子さんから被爆体験をお話しいただき、その後、県立久居農林高等学校放送部、広島市立基町高等学校の生徒さんから、平和に関する伝承活動の取組成果について発表していただきました。
 その後、発表者による意見交換を行いました。
 当日の映像は次のリンク先からご視聴いただけます。
 インターネット放送局による動画配信

【県内高校生と広島県の高校生による活動発表会 概要】
(1)戦争体験者による証言 坂牧 幸子 様
    坂牧さんは1歳3か月のころ、長﨑への原爆投下の際に被爆されました。被爆の後遺症でご両親を亡く
   し、坂牧さんも様々な後遺症に悩まされました。現在は、「三重県原爆被災者の会」事務局長を務め、原
   爆の恐ろしさ、命の尊さを伝える活動などをされています。
(2)三重県立久居農林高等学校放送部による取組発表
    三重県立久居農林高等学校放送部は、「NHK杯全国高校放送コンテスト」に出場するなど全国を舞台
   に活動を発表。アナウンス・朗読の技術を磨いたり、ラジオやビデオの番組作成をされています。当日
   は、校内に残る防空壕の保存活動について発表いただきました。
(3)広島市立基町高等学校による取組発表
    基町高等学校は、平成19年度から、被爆体験証言者の方と共同し、証言者の記憶に残る被爆時の光景
   を高校生が絵に描き、当時の状況を伝える「原爆の絵」の制作に取り組まれています。
(4)両県高校生による意見交換
    両県高校生から、同世代に対して呼びかけたいことやこれからの抱負等についてお話ししていただきま
   した。

戦争体験者による証言
 戦争体験者による証言

県立久居農林高等学校放送部による取組発表 
 県立久居農林高等学校放送部による取組発表


 広島市立基町高等学校による取組発表


 両県高校生による意見交換
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 戦略企画総務課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2009 
ファクス番号:059-224-2069 
メールアドレス:sensomu@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000266734