現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 市町村 >
  4. 市町の財政 >
  5. 市町財政の現状 >
  6.  地方交付税から見た三重県内の市町財政の現状
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 市町行財政課  >
  4.  財政第2班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

地方交付税から見た三重県内の市町財政の現状

 地方交付税は、市町の財源を保障するもので、県内のどの市町にも交付されており、その総額は国全体で16.3兆円(地方財政計画ベース)となっています。

 地方交付税は、全ての地方公共団体(都道府県、市町村)を対象として、その団体において標準的な行政サービスを提供できるよう、税収だけでは十分ではない地方公共団体に対して国が財源を保障するものです。

 国の4つの税(所得税、法人税、酒税、消費税)の一定割合及び地方法人税の全額を財源とし、総額の94%が普通交付税で、それぞれの地方公共団体ごとに標準的な経費を算出し、税収などの収入との差が財源不足分として交付されます。残りの6%は、この一律の算定方法では把握できない特別な事情に応じて交付されます。

 県内の29市町のうち、平成29年度に普通交付税が交付されなかった市町は、四日市市と川越町の2団体のみとなっています。また、それぞれの市町の交付額は、税収の状況などにより大きく異なっています。

 県内のそれぞれの市町ごとに、地方交付税額を住民一人当たりに換算すると、平均して約7万円となりますが、最大が大紀町(約43万円)、最小が川越町(約1千円)となっています。

【表】住民一人あたり地方交付税額の状況

区 分 市町数   該当市町名
40万円台

1

大紀町
30万円台 ●●●

3

熊野市、大台町、南伊勢町
20万円台 ●●●●

4

度会町、紀北町、御浜町、紀宝町
10万円台

●●●●●

6

尾鷲市、鳥羽市、志摩市、伊賀市、木曽岬町、
多気町

10万円未満
 ~5万円以上

●●●●●
●●

7

津市、伊勢市、松阪市、名張市、いなべ市、
明和町、玉城町

5万円未満

●●●●●
●●●

8

四日市市、桑名市、鈴鹿市、亀山市、東員町、
菰野町、朝日町、川越町

合 計

 

 29

 

市町別グラフ 住民一人あたり地方交付税額

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 市町行財政課 財政第2班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2173 
ファクス番号:059-224-2219 
メールアドレス:shichos@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000026032