現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. 監視指導 >
  5. 監視指導結果 >
  6. H26食品監視指導結果 >
  7.  平成26年度食品等の試験検査結果
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農産物安全・流通課  >
  4.  食の安全・安心班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成26年度食品等の試験検査結果

 食品の安全性を確保するため、県内で製造または流通している食品等を抜き取り(収去検査)、食品衛生法に基づき食品添加物、残留農薬等の検査や遺伝子組換え食品の検査などを実施しています。

  また、自主管理の指標として定めた食品の衛生管理指標に基づき一般細菌、大腸菌、サルモネラ等の細菌検査を実施しています。

  平成26年度は、2,243検体(実検体数2,228検体)の検査を実施したところ、規格基準違反3件、県の衛生管理指標不適合が68件ありました。

規格基準等違反

 残留農薬の一律基準値を超過したピーマン1件(県外産)及び、ほうれん草1件(県内産)については、流通状況を確認するともに、生産者を所管する自治体及び農林水産部へ情報を提供し、回収の対応がとられました。

 規格基準(腸炎ビブリオ最確数)を超過した生食用カキ1件(県内産)については、流通していないことを確認し、改善を指導し、確認を行いました。

衛生管理指標不適合

 食品の衛生管理指標に不適合だった68件の食品の製造・販売者に対し、自主検査の実施等、食品の衛生管理の改善を指導し、確認を行っています。

検査項目

26

規格基準等違反件数及び衛生管理指標不適合件数








 ・































残留農薬

83

83

       

2

             

2

残留動物用医薬品

58

58

           

 

         

 

遺伝子組換え食品

10

10

                       

 

環境汚染物質

14

14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレルギー物質

60

60

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食品添加物

145

145

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

器具及び容器包装

5

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カビ毒

10

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

微生物検査
(衛生管理指標適合性検査等)※※

1,115

1,858

7

 

 

 

 

18

30

 

 

 

4 

10

69

合計

1,500

2,228

7

 

 

 

2 

18

30

 

 

 

 4

10

71

 ※ 残留動物用医薬品検査検体58検体のうち、5検体は残留農薬検査と同一検体で、10検体は環境汚染物質と同一検体で検査を実施しています。
※※微生物検査については、食品の衛生管理指標のほか、規格基準に基づく検査も一部で実施しています。

〈収去検査〉 収去検査とは、食品の安全確保のために、食品衛生法に基づき、食品衛生監視員が、製造施設や販売施設から食品等を抜き取り、検査することです。
〈規格基準〉 食品の規格基準とは、食品衛生法第11条第1項及び第18条第1項の規定に基づき、厚生労働大臣が定める食品や添加物の製造・加工・使用・調理・保存の方法についての基準、食品や添加物の成分についての規格のことを指しています。また、各種の食品のうち牛乳や乳製品などの規格基準については、他の食品とは別に「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」の中で規定されています。
食品の衛生管理指標 自主衛生管理の指標として三重県独自で定めている基準です。

その他の検査 

検査種類 検体数

給食等の食品検査

171

拭き取り検査

617

〈給食等の食品検査〉 県では、大量調理施設で調理された給食など同時に30人分以上の同じ食品を調理した場合には、食中毒発生時の原因究明等に用いるため、その1食分を検査用として72時間以上(10℃以下)保存するよう定めています。
〈抜き取り検査〉 食中毒を予防するために、食品の製造や調理の現場が細菌で汚染されていないかを検査する方法です。食品の製造加工に携わる人の手指や、調理器具、容器などは清潔で衛生的でなければいけません。これらの検査対象物の細菌汚染の状況を知るために、検査しようとする器具、器材または手指の一定面積内の細菌数や大腸菌群数、時には病原細菌などの検査を行ないます。

  

事務担当

健康福祉部
  食品安全課

  食品衛生班
  TEL:059-224-2343
  e-mail:shokusei@pref.mie.jp


 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 農産物安全・流通課 食の安全・安心班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-3154 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:shokua@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000040536