現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. 監視指導 >
  5. 監視指導結果 >
  6. 食品監視指導結果 >
  7.  カビ毒に関する監視指導
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農産物安全・流通課  >
  4.  食の安全・安心班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

カビ毒に関する監視指導

 アフラトキシン (aflatoxin)は、アスペルギルス(Aspergillus属)等のかびが作り出す毒の一種で、強い発がん性を有する物質として知られており、輸入穀類、ナッツ類等に含有されている可能性があります。
 食品衛生法により、総アフラトキシン(アフラトキシンB1、B2、G1及びG2の総和)として、10μg/kgを超えないことと規制されています。
 県では、検査方法が確立したため、平成25年度から検査を実施しています。

検査品目

 豆類、穀類、豆類・穀類加工品

検査結果

年度 検査項目      計画検体数 合計検体数 検査対象品(検体数) 検査結果

26

総アフラトキシン

10

10

豆類・穀類(5)

穀類加工品(5)

検出せず

25

総アフラトキシン

20

20

穀類(7)

穀類加工品(13)

検出せず

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 農産物安全・流通課 食の安全・安心班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-3154 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:shokua@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000117313