現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 動物愛護 >
  4. 狂犬病予防・動物愛護管理 >
  5. 動物愛護管理の取組 >
  6.  動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 食品安全課  >
  4.  生活衛生・動物愛護班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました

「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、平成25年9月1日から施行されました。

1 主な改正内容

(1) 動物取扱業の適正化

ペットショップ、繁殖業、動物園など、これまでの営利性のある動物取扱業は「第一種動物取扱業」となり、販売・展示可能な犬猫の日齢制限、動物を販売する際の現物確認・対面説明などの義務が追加されました。

 第一種動物取扱業の登録申請などの手続きについては、こちら

また、営利性のない動物愛護団体の譲渡活動や公園での動物展示などについても、飼養施設を設置して一定数以上の動物を取扱う場合は、「第二種動物取扱業」として都道府県知事等への届出が必要となりました。

 第ニ種動物取扱業の届出などの手続きについては、こちら

#

(2)動物の飼い主の責任

飼い主の責任として、動物がその命を終えるまで、適切に飼うよう(終生飼養)努めることが明記されました。
また、飼っている動物の逸走の防止所有者明示、むやみに増やすことのないよう繁殖制限にも努めることが明記されました。
 

(3)犬や猫の引取り

飼い主の責任として、終生飼養に努めることが明記されたことから、安易な飼育放棄と認められる場合は、保健所で飼い犬や飼い猫の引取りを行うことができなくなりました

 《引取りに応じられない場合》

  • 犬猫等販売業者から引取りを求められた場合
  • 同じ人から繰り返し引取りを求められた場合
  • 犬や猫の繁殖制限に努めていない場合
  • 飼育の継続が困難であると認められない場合
  • 新たな飼い主を見つける努力をしていない場合 など
    ※犬や猫の老齢や疾病は、引取りの理由にはなりません。

 

(4)多頭飼育の適正化

多数の動物(犬や猫であれば、概ね10頭以上)の飼育が原因で動物の飼養環境が悪化し、虐待のおそれのある場合について、都道府県知事等が飼い主に対し、改善の勧告や命令ができるようになりました。
 

(5)災害対応

都道府県の動物愛護管理推進計画に、災害時の動物の適正な飼育等に関する対策を定めることが追加されました。
また、動物愛護推進員の活動として、災害時の動物の避難や保護についての協力が追加されました。

 

(6)虐待の定義と罰則の強化

愛護動物を酷使したり、疾病を放置するなど、虐待の具体事例が明記されました。
また、愛護動物をみだりに殺したり、傷つけた場合や、遺棄・虐待を行った場合の罰則が強化されました

○愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者
1年以下の懲役・100万円以下の罰金 → 2年以下の懲役・200万円以下の罰金
○愛護動物の虐待・遺棄 

50万円以下の罰金 → 100万円以下の罰金   

(7)その他

  • 法の目的に、遺棄の防止、動物の健康及び安全の保持、動物との共生等が加えられました。
  • 基本原則に、取り扱う動物に対する適正な給餌給水、飼養環境の確保が加えられました。
  • 特定動物の飼養保管許可に当たっての申請事項に、「特定動物の飼養が困難になった場合の対処方法」が加えられました。
  • 獣医師が動物虐待等を発見した場合に、都道府県知事、その他の関係機関(警察、市町村等)に通報するよう努めることが義務付けられました。

2 施行日

  平成25年9月1日

3 参考(環境省ホームページ)

○動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(平成24年9月5日法律第79号)
○パンフレット「動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました〈一般飼い主編〉」

○パンフレット「動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました〈動物取扱業者編〉」

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 食品安全課 生活衛生・動物愛護班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2359 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:shokusei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000041515