現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 学校教育 >
  4. 高校教育 >
  5. 県立高等学校活性化 >
  6.  平成28年度第3回伊勢志摩地域高等学校活性化推進協議会を開催しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年03月31日

平成28年度第3回伊勢志摩地域高等学校活性化推進協議会を開催しました

1 日時 平成29年3月7日(月)19時00分から21時00分まで
2 場所 県伊勢庁舎 401会議室 (伊勢市勢田町628-2)
3 主な内容と意見
平成29年度入学者選抜にかかる志願状況や、次期「県立高等学校活性化計画(仮称)」最終案(素案)について報告し共有するとともに、伊勢志摩地域の高等学校活性化の進め方について協議を行いました。主な意見は次のとおりです。
≪次期「県立高等学校活性化計画(仮称)」最終案について≫
○ 「高等学校の規模と配置」において、地域協議会での意見が反映され、小規模校の活性化への取組期間が認められたことは、一定の前進である。
≪伊勢志摩地域の県立高校の活性化の進め方 ①小規模校の活性化≫
○ 各地域が学校と一体となった活性化を進める際には「生徒ファースト」という視点を大切にしなければならない。
○ 各市町が、自分の地域に所在する高等学校を支援することは賛成であるが、支援にあたっては教育環境の整備に注力すべきである。教育内容の検討にあたっては各高等学校が主体的に考えるべきである。
○ 南伊勢町では、「地域は子ども達のために学校とともに取り組む」という次期活性化計画の視点を大切にしつつ、南勢志摩地域を担う若者の育成につながるよう、南伊勢高校南勢校舎への支援に努めていきたい。
○ 各学校の活性化に地域が協力する方向性はよいが、学校別協議会での協議においては、県がリーダーシップを発揮してほしい。

≪伊勢志摩地域の県立高校の活性化の進め方 ②PRの促進≫
○ この地域の県立高校が一同に会して小中学生とその保護者対象に、自校の魅力や特色を伝える説明会を実施することは大いに賛成である。実施にあたっては、プレゼンをより工夫することで、自分の学校の良さを見直すきっかけにもなる。
○ 本来、合同説明会はPTA主体で行うことが望ましいが、この地区が広域にわたるため協力体制を作ることが難しいのが現状である。実施にあたっては、できるだけ負担が少ないよう運営の工夫をお願いしたい。
○ 十分なPRの機会がない高等学校にとっては、合同説明会のような場は貴重であるので、生徒や教員の負担に配慮しつつ、充実した内容にしていきたい。

≪平成29年度の協議会・ワーキング会議等の持ち方について≫
○ 次年度に小規模な学校の活性化に注力することは理解できる。一方で中学校卒業者数の急速な減少を見据えて、地域全体の高等学校の在り方についても考えていく必要がある。


附属機関等会議概要

関連資料

  • 事項書及び資料(PDF(2MB))
  • 議事録(PDF(613KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2951 
ファクス番号:059-224-2319 
メールアドレス:kyosei@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000205507