安乗漁港 ANORI

種別:第3種 所在地:志摩市阿児町安乗
漁港指定:昭和26年7月28日 管理者:三重県

安乗漁港

沿革

 本漁港は志摩市阿児町の東北端的矢湾口に位置し、古くから風持ち港として栄えてきた。昭和26年に漁港指定を受け、整備を進めてきたが、漁船の近代化・大型化により漁港施設が狭隘となってきたため、第4次計画で大規模な計画見直しを行い、昭和44年から本格的な整備に着手した。昭和63年から県営第3種漁港になり、阿児町における中心的な漁港として整備を進めてきた。第9次計画では安全性が高くより機能的な施設とするために、臨港道路の整備、港内の静穏度を高めるための中突堤の築造等を行ってきた。漁港施設整備と平行して、平成3〜15年度に漁港集落環境整備事業をじっしした。平成13〜19年度に流通の効率化を目的とした漁港関連道の整備を実施した。平成18〜21年度の広域漁港整備事業では、泊地浚渫及び浮桟橋の整備等が実施された。

H23港勢

漁業協同
組合
地区人口
(人)
組合員数(人) 経営体数 市町村人口
(人)

三重外湾

1,963

519

98

421

100

56,533





区分 動力漁船 無動力
漁船
総数 3t未満 3〜5 5〜10 10〜20 20〜50 50〜100 100t以上
登録
漁船

172

170

104

19

34

13

2

利用
漁船

214

212

128

24

39

19

1

1

2


属地陸揚量  3,550.3トン

属地陸揚金額 753百万円

属人漁獲量  3,550.3トン

ページのトップへ戻る