古江漁港 FURUE

種別:第2種 所在地:尾鷲市古江町
漁港指定:昭和28年3月5日 管理者:尾鷲市

古江漁港

沿革

 本漁港は、賀田湾を前面にして南東に開口し、直接外洋波浪を受けることのない天然の良港であり、大正12年に同港南西端の最も平穏な水域で浅いところを選び、船溜突堤と物揚場を整備したが本港の始まりで、昭和19年の地震による地盤沈下のため、28、29年に救農土木事業等により物揚場の嵩上げを行ったが、34年の伊勢湾台風で漁港施設が甚大な被害を蒙ったため、35〜38年度には災害復旧事業及び高潮対策事業で護岸、突堤物揚げ等の整備を行うとともに、38年度には整備計画漁港の指定を受け、第3〜5次に亘る51年度までは改修事業による南防波堤及び船揚場の造成、第6次の52〜55年度には修築事業として北防波堤等主要施設の整備が行われた。

H23港勢

漁業協同
組合
地区人口
(人)
組合員数(人) 経営体数 市町村人口
(人)

三重外湾

516

0

 0

20,684





区分 動力漁船 無動力
漁船
総数 3t未満 3〜5 5〜10 10〜20 20〜50 50〜100 100t以上
登録
漁船

51

51

44

5

2

利用
漁船

51

51

44

5

2


属地陸揚量   37.1トン

属地陸揚金額 27百万円

属人漁獲量   37.1トン

ページのトップへ戻る