梶賀漁港 KAJIKA

種別:第1種 所在地:尾鷲市梶賀町
漁港指定:昭和26年12月13日 管理者:尾鷲市

梶賀漁港

沿革

 本漁港は、賀田湾入口の南部に位置し、北東に向かって湾内側に開口している。明治29年頃定置網漁業が始まり、漁船の動力化が進むにつれ、漁港整備の必要性が生じ、地元関係者による小規模な船溜等の造成が行われ、昭和29年度に局部改良事業による防波堤の延長が行われた。34年の伊勢湾台風で施設が壊滅する被害を受けたため、災害復旧事業により37年度までに北防波堤、護岸、突堤等を整備するとともに、36、37年度には高潮対策事業による南防波堤が整備された。45〜50年度には局部改良事業により物揚場、護岸、船揚場等がされた。平成11〜13年度には岸壁、用地整備が行われた。

H23港勢

漁業協同
組合
地区人口
(人)
組合員数(人) 経営体数 市町村人口
(人)

三重外湾

203

91

30

61

22

20,684





区分 動力漁船 無動力
漁船
総数 3t未満 3〜5 5〜10 10〜20 20〜50 50〜100 100t以上
登録
漁船

53

52

34

8

9

1

1

利用
漁船

53

53

34

9

9

1


属地陸揚量  410.0トン

属地陸揚金額 124百万円

属人漁獲量  410.0トン

ページのトップへ戻る