香良洲漁港 KARASU

種別:第1種 所在地:津市香良洲町北護
漁港指定:昭和28年3月5日 管理者:津市

香良洲漁港

沿革

 本漁港は、浦浜漁港として自然の浜州を係留荷揚場として利用してきたが、最も利用されていた遊水池を有する中央海浜地区を漁港区域として指定を受けた。昭和28初めには鮫島博士に現地調査を依頼したところ、香良洲町北東部にある旧軍用港建設予定地跡が事業費等の軽減が図られることから改めて現在の漁港区域に変更した。34年度に整備計画漁港の指定を受け、新漁港施設整備に着手し、第2次の37年度までに南防波堤の一部等を築造、第3、4次の38〜47年度には改修事業による防波堤、防潮堤等の築造を実施した。48〜52年度には局部改良事業による物揚場等、52〜55年度には改修事業及び県単改良事業により北防波堤や用地整備等が実施された。平成24年度からは漁港施設機能強化事業により、北防波堤の延伸、泊地の浚渫、係留施設の耐震・耐津波強化対策等が実施されている。

H23港勢

漁業協同
組合
地区人口
(人)
組合員数(人) 経営体数 市町村人口
(人)

 香良洲

4,412

61

51

10

61

280,709





区分 動力漁船 無動力
漁船
総数 3t未満 3〜5 5〜10 10〜20 20〜50 50〜100 100t以上
登録
漁船

85

85

52

3

26

4

利用
漁船

85

85

52

3

26

4


属地陸揚量   328.0トン

属地陸揚金額 74百万円

属人漁獲量   328.0トン

ページのトップへ戻る