現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産業総合 >
  5. 水産増殖 >
  6. 栽培漁業 >
  7.  栽培漁業
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産資源・経営課  >
  4.  水産増殖班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

栽培漁業の推進について

  1. 栽培(さいばい)漁業とは、陸上の水槽などで魚・貝類等の親から卵をとり、子供(種苗)を大量に生産して、生き残る力がつく大きさまで大事に育ててから放流し、資源を管理しながら大きくなるまで育ててとる漁業のことです。
  2. 三重県では、どのような魚・貝類等をどれだけ作って放流するのかを定めた「三重県栽培漁業基本計画」を作っています。これを基に三重県栽培漁業センター、三重県尾鷲栽培漁業センターでマダイ、ヒラメ、トラフグ、カサゴ、クルマエビ、ヨシエビ、アワビ等の種苗を生産しています。これら種苗は県内各地に放流され、大きくなってから漁業によって私達の食卓に届けられます。
     

種苗生産・放流実績(平成27年度)

魚種 種苗生産数 種苗放流数 種苗放流場所
マダイ

60万尾

53万尾

鳥羽市~紀宝町の沿岸域
ヒラメ

20万尾

18万尾

伊勢市~熊野市の沿岸域
トラフグ

38万尾

37尾

伊勢市~熊野市の沿岸域
カサゴ

18万尾

18万尾

志摩市~熊野市の沿岸域
クルマエビ

310万尾

219万尾

鈴鹿市~志摩市の沿岸域
ヨシエビ

350万尾

231万尾

四日市市~松阪市の沿岸域
ガザミ

160万尾

46万尾

四日市市~志摩市の沿岸域

アワビ 

94万個

68万個

鳥羽市~熊野市の沿岸域

ナマコ

4万個

4万個

伊勢市~志摩市の沿岸域

この数量は三重県栽培漁業センター及び三重県尾鷲栽培漁業センターで生産された種苗のみの成果です。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 水産資源・経営課 水産増殖班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2584 
ファクス番号:059-224-2608 
メールアドレス:suisan@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000038275