現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4.  訪問介護事業所への行政処分及び介護員養成研修事業者に対する改善指導について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  健康福祉部  >
  3. 長寿介護課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成24年09月25日

訪問介護事業所への行政処分及び介護員養成研修事業者に対する改善指導について

 このことについて、本日付けで、下記のとおり介護保険法第77条第1項に基づき訪問介護事業所の行政処分を行うとともに、三重県介護員養成研修事業者指定事務取扱要綱第13条に基づき、同事業者が実施した介護員養成研修に対して改善指導を行いました。

                      記

1 訪問介護事業所に対する行政処分について
 (1)行政処分の対象
   【開設者】
     法 人 名   株式会社アクティブ・スマイル
     所 在 地   志摩市阿児町鵜方3000-2
     代 表 者   代表取締役 谷川 信行(たにかわ のぶゆき)
     設立年月日  平成17年11月1日
   【事業所名】
     事業所名   ヘルパーステーションすまいる
     所 在 地   志摩市阿児町国府3677-3
     サービス種類 訪問介護サービス
     開設年月日  平成23年1月1日
(2)行政処分を行う理由
  ア 訪問介護員等の資格を有しない職員(後述の2(4)アに該当する1名)に単独で訪問介護の
   サービスを提供させ、当該サービスに係る介護報酬を不正に請求した。
   (法第77条第1項第6号に該当)
  イ 指定訪問介護事業所に在籍していない職員の名前を使用して、実際にはサービスを提供して
   いない訪問介護記録を作成し、当該サービスに係る介護報酬を不正(架空)請求した。
   (法第77条第1項第6号に該当)
(3)行政処分の内容
    当該事業所の「指定の取消」
    取消年月日:平成24年9月25日
    ※指定取消の効果:今回処分を受けた株式会社アクティブ・スマイルは、今後、5年間は、
     在宅系サービス(訪問介護、通所介護、短期入所等)の指定を受けることができなく
     なります。
(4)介護報酬不正請求額
    2,747,898円
    ※今後、保険者が課徴金も含めて3,847,057円を返還請求
(5)これまでの経緯
   ・平成23年11月から平成24年8月の間、介護員養成研修の実施状況の調査とも連携を
    取りながら定期監査を実施する中で上記違反事実が確認された。
   ・平成24年9月19日(水)に行政手続法に基づく聴聞を実施したところ、事業者は違反
    事実を認めるとともに、処分内容に係る異議がない旨を確認した。

2 介護員養成研修事業者に対する改善指導について
(1)改善指導の対象
   【事業者名】
     法 人 名   株式会社アクティブ・スマイル
     所 在 地   志摩市阿児町鵜方3000-2
     代 表 者   代表取締役 谷川 信行(たにかわ のぶゆき)
     設立年月日  平成17年11月1日
(2)研修の実施状況 平成19年度から平成23年度において、介護員養成研修
           (訪問介護2級課程)を10回実施
            通信制9回 受講者77名
            通学制1回 受講者17名
            受講者は、合計94名。
(3)改善指導を行う理由
  ア 介護員養成研修において、3名の受講者が研修課程のうち介護実習を未受講であったにも
   かかわらず、修了証明書を交付したことは不適正である。
  イ 通信制の介護員養成研修のうち、一部の教科目のレポート添削指導において、資格要件を
   満たしていない者に添削指導を行わせており、不適正な取扱いである。
  ウ 研修にかかる書類の管理が不十分である。
(4)改善指導の内容
  ア 介護実習を未受講であり、かつ3名とも本人がその事実を認識していたことから、研修課程
   を修了したとは認められず、交付した介護員研修修了証明書は無効とすること。
  イ 資格要件を満たしていない者に添削指導を受けた受講者は、研修課程を修了したとは
   認められないことから、該当する73名の受講者に対し、資格要件を満たした講師による
   補講を実施すること。
    なお、レポート添削指導が未修了となる受講者の介護員研修修了証明書については、補講を
   行う一定期間までは、現在の証明書を有効なものとして取り扱い、補講修了後は、新たに
   証明書を交付することとする。
  ウ 研修にかかる関係書類を整備し、保存すること。
(5)これまでの経緯
   ・平成23年11月に研修事業の実績報告書を求め、提出された書類についての追加資料等を
    求めていた結果、最終的に平成24年2月に提出された。
   ・平成24年3月から5月にかけ、研修内容について実地調査を行った。
   ・平成24年6月から7月にかけ、実地調査結果の整理、補足調査等を行った。
   ・平成24年8月から9月に、これまでの調査結果の取りまとめ及びレポート添削が未修了と
    なる受講者に対する補講の実施方法等について、事業者と調整を行った。
3 その他
 (1)取消処分を受ける訪問介護事業所利用者に対する対応
    当該事業所は平成24年5月から事業を休止し、利用者は他の訪問介護事業所のサービスを
   既に利用しているため、取消による影響はありません。
 (2)介護員養成事業者への対応
   ・株式会社アクティブ・スマイルに対して、研修が未修了となる受講者の補講が確実に
    行われるよう、確認及び指導を行います。
   ・介護員養成研修を実施する県内全事業者(67事業者)に対し、研修事業の適正な実施に
    ついて、文書により注意喚起を行います。
   ・平成23年度以降に指定した事業者について、実地調査を行います。


関連資料

  • 参考資料1 行政処分に係る介護保険法関係条文抜粋(PDF(115KB))
  • 参考資料2 三重県介護員養成研修事業者指定事務取扱要綱(抜粋)(PDF(60KB))
  • 参考資料3 介護員養成研修(訪問介護2級課程)の概要(PDF(86KB))
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 健康福祉部 長寿介護課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-3327 
ファクス番号:059-224-2919 
メールアドレス:chojus@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000100271