現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 地域づくり >
  4. 都市政策 >
  5. 街路・公園 >
  6. 近鉄川原町駅周辺総合整備事業 >
  7.  一般国道477号西浦バイパスの供用を4月30日に開始します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  建設・流域下水道事務所  >
  3. 四日市建設事務所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成26年04月24日

一般国道477号西浦バイパスの供用を4月30日に開始します

 近鉄川原町駅周辺総合整備事業で進めていました一般国道477号西浦バイパス道路改良工事(鉄道と立体交差するバイパス)がこのたび完了し、平成26年4月30日(水)午後3時に供用を開始します。この総合整備事業は、県、四日市市、近鉄の三者が連携して、近鉄川原町駅付近連続立体交差事業、二級河川三滝川河川改修事業、一般国道477号西浦バイパス道路改良事業の3事業により、総合的なまちづくりを行う事業で、平成19年度から進めています。
 

(1)開通日時
   平成26年4月30日(水)午後3時

(2)事業概要
   事 業 名 一般国道477号西浦バイパス道路改良事業
   事業区間 四日市市西町~四日市市西浦二丁目
   全体延長 350m
   幅  員 車道3.0m×2車線(全幅員7.5m)
   事業期間 平成19年度~平成26年度

(3)工事前の状況
  1)近鉄線の踏切により慢性的な交通渋滞が発生。(ピーク時遮断時間約28分/時)
  2)道路が三滝川右岸の河川敷内を通過するため、洪水時には通行規制を伴う。

(4)事業効果
  1)鉄道と道路を立体交差させ、踏切を除却しました。このことにより慢性的な交通渋滞が解消され
   特に朝夕の渋滞が緩和されます。
  2)踏切を除却したことにより、踏切区間での交通事故発生が解消されます。
  3)幅員狭小区間が解消されることにより、大型車の円滑な相互通行が可能となります。
  4)河川内にあった道路を、堤防の市街地側に振り替えたため、河川増水時の通行規制が解消され、交
   通機能が確保されます。


    ※報道資料配布先 県政記者クラブ、第二県政記者クラブ、四日市市市政記者クラブ



関連資料

  • 位置図(PDF(2MB))

地図情報

adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 四日市建設事務所 〒510-8511 
四日市市新正4-21-5(四日市庁舎3階)
電話番号:059-352-0660 
ファクス番号:059-352-0666 
メールアドレス:hkenset@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000100987