現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 廃棄物とリサイクル >
  4. 産業廃棄物 >
  5. 行政処分 >
  6.  産業廃棄物処理業者の行政処分(許可の取消し)を行いました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域防災総合事務所・地域活性化局  >
  3. 松阪地域防災総合事務所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成27年04月25日

産業廃棄物処理業者の行政処分(許可の取消し)を行いました

1 要旨
  平成27年 4月23日、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(昭和45年法律第137号。以下
 「法」という。)第14条の3の2第1項の規定に基づき、産業廃棄物処理業者に対し行政処分(許可の
 取消し)を行いました。

2 内容
(1)被処分者
   住 所 三重県松阪市久保町502番地10
   氏 名 大成産業有限会社
       代表取締役 西川 幸成
(2)行政処分の内容
   産業廃棄物収集運搬業の許可の取消し(法第14条の3の2第1項第1号)
(3)行政処分の理由
   大成産業有限会社は、尾鷲市立輪内中学校の解体工事で廃棄物を不法に投棄したとして、平成27年
  3月24日、津簡易裁判所から法第16条違反により罰金100万円の刑に処せられ、同年4月8日に
  刑が確定し、同日に刑の執行が終了していることが判明しました。
   このことから同社は、法第14条の3の2第1項第1号に規定する法第14条第5項第2号イ(第7
  条第5項第4号ハに係るもの)に該当するに至ったため、許可を取り消すものです。
(4)その他
   県は、同社に対して平成26年7月31日付けで、産業廃棄物(がれき類)の受託禁止違反及び管
  理票不交付の引受禁止違反により、90日間の事業停止処分を行っています。

3 参考
(廃棄物の処理及び清掃に関する法律 関係条文)
第十六条 何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。

第十四条の三の二  都道府県知事は、産業廃棄物収集運搬業者又は産業廃棄物処分業者が次の各号のいず
 れかに該当するときは、その許可を取り消さなければならない。
 一 第十四条第五項第二号イ(第七条第五項第四号ロ若しくはハ(第二十五条から第二十七条まで若しく
  は第三十二条第一項(第二十五条から第二十七条までの規定に係る部分に限る。)の規定により、又は
  暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の規定に違反し、刑に処せられたことによる場合に限
  る)又は同号トに係るものに限る。)又は第十四条第五項第二号ロ若しくはヘに該当するに至つたと
  き。
以下(略)

第十四条
1 ~ 4 (略)
5 都道府県知事は、第1項の許可の申請が次の各号に適合していると認めるときでなければ、同項の許可
 をしてはならない。
 一 (略)
 二 申請者が次のいずれにも該当しないこと。
  イ 第七条第5項第四号イからトまでのいずれかに該当する者
以下(略)

第七条
1~4 (略)
5 市町村長は、第1項の許可の申請が次の各号に適合していると認めるときでなければ、同項の許可をし
 てはならない。
 一 ~ 三 (略)
 四 申請者が次のいずれにも該当しないこと。
  イ ~ ロ (略)
  ハ この法律、浄化槽法(昭和五十八年法律第四十三号)その他生活環境の保全を目的とする法令で
   政令で定めるもの若しくはこれらの法令に基づく処分若しくは暴力団員による不当な行為の防止等に
   関する法律(平成三年法律第七十七号。第三十二条の三第七項及び第三十二条の十一第一項を除
   く。)の規定に違反し、又は刑法 (明治四十年法律第四十五号)第二百四条 、第二百六条、第
   二百八条、第二百八条の二、第二百二十二条若しくは第二百四十七条の罪若しくは暴力行為等処罰ニ
   関スル法律(大正十五年法律第六十号)の罪を犯し、罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は
   執行を受けることがなくなつた日から五年を経過しない者
以下(略)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 松阪地域防災総合事務所 〒515-0011 
松阪市高町138(松阪庁舎3階)
電話番号:0598-50-0500 
ファクス番号:0598-50-0618 
メールアドレス:mchiiki@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000101740