現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 研究情報 >
  6.  三重県水産研究所、三重大学などによる海女漁業支援に関する共同研究の成果について、報告会を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成28年03月18日

三重県水産研究所、三重大学などによる海女漁業支援に関する共同研究の成果について、報告会を開催します

 三重県水産研究所は、三重大学、東京海洋大学、鳥羽市水産研究所などと共同で、平成25~27年度に海女漁業を支援するためのさまざまな研究を実施し、その成果の一部を「海女漁業のための新技術導入マニュアル」として取りまとめました。
 このたび、同マニュアルの内容を中心に、共同研究の成果について、以下のとおり報告会を開催します。
 海女や漁協関係の方々を対象とした報告となりますが、一般の方も参加可能です(事前の申し込みは不要)。

1 日 時
 平成28年3月19日(土)13時から15時まで

2 場 所
 海の博物館 フォトギャラリー 2F会議室(鳥羽市浦村大吉1731-68)
 ※報告会のみの参加には入館料は不要ですが、博物館の見学には入館料が必要です。

3 内 容
(1)「海女漁業のための新技術導入マニュアルについて」
     松田 浩一 主幹研究員(三重県水産研究所)
(2)新しい技術の紹介
   「アワビ種苗を5cmにすると回収率が2倍以上に」
     阿部 文彦 主任研究員(三重県水産研究所)
   「蓄養中のアワビのへい死を防ぐ方法」
     松田 浩一 主幹研究員(三重県水産研究所)
   「貴重な海藻ハバノリ・カヤモノリを育てよう」
     岩尾 豊紀 技師(鳥羽市水産研究所)

4 定員
 50名

5 主催
 海女漁業支援研究開発コンソーシアム
 (三重県水産研究所、三重大学、東京海洋大学、鳥羽市水産研究所)

6 問い合わせ 
 三重県水産研究所 松田 浩一 
 TEL 0599-53-0016 FAX0599-53-2225

7 その他
 この報告会に係る研究は、農林水産省の「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」を活用して実施したものです。


関連資料

  • 別紙資料(PDF(421KB))
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-2225(本所・職員室)/0599-53-1843(本所・総務担当) 
メールアドレス:suigi@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000103282