現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4.  漁船登録変更手数料の過誤納付がありました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産資源課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成28年03月23日

漁船登録変更手数料の過誤納付がありました

 漁船登録変更手続きの際に三重県に納付される手数料について、過大に納付されていた事例が2件あったことが判明しました。

1 経緯
  平成28年3月7日、漁業協同組合職員から、伊勢農林水産事務所水産室を経由して漁船登録変更の手
 数料を教えて欲しいとの電話依頼があり、回答を行うため、過去の申請書も含め確認していたところ、平
 成22年6月と平成25年2月に各1件ずつ、漁船登録変更手数料を多く納付されていた事例が確認され
 ました。

2 事例の概要
 (1)漁船法により、船舶を漁船として使用するためには漁船登録が必要であり、登録事項(長さ、推進
   機関など)を変更する場合にも変更手続が必要です。
    いずれも、手続きの際には申請書に手数料として、三重県手数料条例第2条第1項に基づく別表第
   一で定める手数料を納付することとされています。
    今回確認された事例は、既に登録されている動力漁船(推進機関(エンジン)を有する漁船)を無
   動力漁船(推進機関のない漁船)として変更登録する際の手数料徴収事務において、変更後の無動力
   漁船(推進機関のない漁船)として適用すべきところ、変更前の動力漁船として適用し、各1,10
   0円ずつ多く納付されていました。(※)
   (※)参考 三重県手数料条例(平成9年~平成26年)(抜粋)
    別表第一 第二百五十一項
    「無動力漁船にあっては一隻につき二千三百円、総トン数二十トン未満の動力漁船にあっては一隻
    につき三千四百円(後略)」
 (2)平成28年3月17日、各申請者に対し納付の際の確認不足について謝罪を行いました。
    なお、平成25年の申請に係る過誤納付金額については、返還することとしていますが、平成22
   年の申請に係る過誤納付については、5年を経過しており、時効により権利が消滅しているため、返
   還しないこととしています。
 (3)その他、申請書類が存在する平成21年度以降の変更登録について確認したところ、上記2件以外
   は問題がないことを確認しました。

 4 今後の対応
   今後同様の事例が起こらないよう、既存のマニュアルに当該規定の適用に関する説明を加え、再発防
  止に努めてまいります。


関連資料

  • 三重県手数料条例抜粋(PDF(101KB))
adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 水産資源課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2522 
ファクス番号:059-224-2608 
メールアドレス:suisan@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000103296