現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4. 報道発表資料 >
  5.  県が委嘱した調査員6名分の個人情報記載書類の紛失について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域防災総合事務所・地域活性化局  >
  3. 松阪地域防災総合事務所  >
  4.  地域調整防災室(総務生活課) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年12月07日

県が委嘱した調査員6名分の個人情報記載書類の紛失について

「平成28年国民健康・栄養調査」の調査員6名分の個人情報が記載された、「口座振込申出書・個人番号連絡票」を紛失したことが判明しました。

1 概要及び経緯
 平成28年度の「平成28年国民健康・栄養調査」において、松阪保健所が調査員6名を委嘱し、調査を実施しました。
 平成29年3月に松阪地域防災総合事務所(以下、「松阪防災事務所」)が、調査員から提出された「口座振込申出書・個人番号連絡票(以下、「連絡票」)」(別添様式1)に基づき、調査員に報償費及び旅費を支払いました。
 平成29年11月10日に、平成29年分の源泉徴収事務作業の準備のため、松阪防災事務所職員が「連絡票」を確認しようとした際に、調査員6名分の「連絡票」(計6枚)が「個人番号管理簿」(別添様式2)に編綴されていないことが判明しました。
 昨年度の担当者に確認するとともに、関係簿冊およびロッカー等を捜索しましたが発見することができませんでした。

2 紛失した「連絡票」に記載されている個人情報
 調査員6名分の氏名、住所、生年月日、電話番号、金融機関情報(口座番号、口座名義)、個人番号(マイナンバー)

3 「連絡票」の保管状況等
 報償費及び旅費を支払う場合に支払い対象者から松阪庁舎各所属に提出される「連絡票」は、松阪防災事務所に集約し、「個人番号管理簿」に記録のうえ編綴され、鍵のかかるロッカーで保管することとしています。
 なお、「連絡票」は、支払時や各年分の源泉徴収票等の法定調書の作成時に参照しています。

4 発覚後の対応
 今回のことを受け、個人番号(マイナンバー)の保管を開始した、平成28年1月以降の「個人番号管理簿」の「連絡票」の保管について再度確認を行いましたが、本件以外の「連絡票」に紛失はなく、適正に管理されていました。
 既に、調査員に対して、経緯の説明及び謝罪を行い、県の謝罪を受け入れていただきました。
 なお、現時点で、今回の紛失に関する被害の報告は受けていません。

5 再発防止
 再発防止のため、以下のとおり対策を実施します。
 ・「連絡票」の受け渡し時に、各所属と松阪防災事務所の双方で記録を行います。
 ・「連絡票」の提出を受けた松阪防災事務所において、「連絡票」を管理する主務者・副務者を定め、
  複数の職員による厳重な管理を徹底します。


*備考
 個人番号(マイナンバー)制度の概要
 住民票を有する全ての方に12桁の個人番号(マイナンバー)を指定し、社会保障、税、災害対策などの分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。


関連資料

  • 様式1(PDF(88KB))
  • 様式2(PDF(5KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 松阪地域防災総合事務所 地域調整防災室(総務生活課) 〒515-0011 
松阪市高町138(松阪庁舎3階)
電話番号:0598-50-0500 
ファクス番号:0598-50-0618 
メールアドレス:mchiiki@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000209255