現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. くらし >
  4. 県の税金 >
  5. その他のお知らせ >
  6.  不正軽油は許さない!自動車燃料の路上抜取調査を実施しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 税収確保課  >
  4.  課税支援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成30年06月28日

不正軽油は許さない!自動車燃料の路上抜取調査を実施しました

 三重県では、軽油引取税の脱税に繋がる不正軽油の調査の一環として、公道を走行するディーゼル自動車(大型トラック等)を対象に、燃料の抜取調査を実施しています。
 6月には、県独自の路上抜取調査強調月間として、県税事務所が各地で抜取調査を実施し、その結果は以下のとおりでした。
 なお、今後も路上抜取調査を随時実施し、不正軽油の撲滅に向けた取り組みを進めていきます。

1.路上抜取調査の結果
 1)実施日  平成30年6月12日(火)から6月27日(水)の期間中5日間
 2)実施場所 尾鷲市大字南浦地内(国道42号線上り車線)を含む県内6箇所
 3)抜取本数 計127本
   詳細は「路上抜取調査実施結果」を参考にしてください。

2.今後の調査
 抜き取った燃料については、県税事務所で検査を行ったうえで、必要に応じて外部機関に詳細な分析を依頼します。その結果、当該燃料が不正軽油であることが疑われる場合には、さらに製造、流通経路の追跡調査を実施します。 

3.情報提供のお願い
 三重県では、不正軽油の製造・販売・使用に関する情報を集めるため「不正軽油110番」を設置し、広く県民に情報提供を呼び掛けています。不正軽油に関する情報を「不正軽油110番」又は、県税事務所へお寄せください。
 「不正軽油110番」連絡先
   電話番号059-224-2980 FAX番号059-224-2130
   E-mail zeimu@pref.mie.jp

4.参考
(路上抜取調査について)
・軽油引取税の脱税に繋がる不正軽油の調査の一環として、毎年各県税事務所の管内で随時実施しているもので、公道を走行する大型トラック等から燃料を採取して分析を行い、不正軽油の使用・流通の有無を確認するとともに、正規の軽油の流通確保に努めています。

(不正軽油について)
・不正軽油とは、不正に、軽油に灯油や重油を混ぜたり、重油と灯油を混ぜたりしたものをいい、これを製造し販売することはもちろん、使用することも県税である軽油引取税の脱税に繋がります。また、不正軽油を製造・販売することや、不正軽油であることを知りながら運搬・保管・購入をした者等には重い罰則が適用されます。
・不正軽油を用いた場合、ディーゼルエンジン内部で不完全燃焼が発生しやすくなり、排気ガス中の大気汚染の原因となる有害物質(PM(粒子状物質)やNOx(窒素酸化物))などを増加させ、環境や人体に悪影響を及ぼします。

タンクから燃料を採取する様子(6月27日 尾鷲市)

関連資料

  • 路上抜取調査実施結果(PDF(69KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 税収確保課 課税支援班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2128 
ファクス番号:059-224-4321 
メールアドレス:zeimu@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000215607