現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 三重県総合博物館 >
  5.  第20回企画展「おもちゃ大好き!~郷土玩具とおもちゃの歴史~」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 総合博物館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成30年05月31日

第20回企画展「おもちゃ大好き!~郷土玩具とおもちゃの歴史~」を開催します

 三重県総合博物館(MieMu)では、平成30年7月7日(土)から、第20回企画展「おもちゃ大好き!~郷土玩具とおもちゃの歴史~」を開催します。今回の展示では、日本玩具博物館の日本屈指の玩具コレクションを中心に、明治・大正・昭和の各時代のおもちゃや、伊勢地域をはじめとする各地の郷土玩具が大集合します。
 期間中は記念講演会や、いろいろなおもちゃを体験できるイベントを実施します。ぜひご家族やお友達とお越しください。
 また、今回の企画展のタイアップイベントとして「ミエトイ・キャラバン in MieMu」が開催されます。木製の遊具で遊べるほか、木工教室等も開催されます。合わせてお楽しみください。

1 企画展の概要
(1)期間  :平成30年7月7日(土)から9月2日(日)まで
        休館日:7月9日(月)・17日(火)・23日(月)・30日(月)
            8月6日(月)・13日(月)・20日(月)・27日(月)
(2)開催時間:9時から17時まで(土日祝は19時まで)
        ※入場は閉場の30分前までとなります。
(3)会場  :三重県総合博物館3階 企画展示室(津市一身田上津部田3060)
(4)観覧料 :一般900円、学生540円、高校生以下無料
(5)展示内容
・プロローグ おもちゃは友だち
  昭和30年代から現在まで、日常生活の中で子どもがおもちゃで遊んでいる様子を写真で紹介します。
・第1章 おもちゃ昔むかし
  今から何百年も前の人たちは、どんなおもちゃで遊んでいたのでしょうか?発掘調査で見つかった江戸
 時代以前のおもちゃの数々を紹介します。
・第2章 三重の郷土玩具
  三重県にもかつてはたくさんの郷土玩具がありました。今も残る郷土玩具から、その繁栄の様子を振り
 返ります。
・第3章 郷土玩具 北から南から
  美しい色づかいや愛くるしいかたち、職人の技や技術が光る全国各地の郷土玩具が大集合します。
・第4章 近代日本とおもちゃ
  今から150年前、日本にもたらされた外国の文化がおもちゃに与えた影響を、素材の変化などから
 探ります。
・第5章 戦争とおもちゃ
  昭和の初め頃から、子どもたちに忍び寄る「戦争」の姿を、戦車や軍艦、すごろくなどのおもちゃから
 見ていきます。
・第6章 おもちゃの大変革期
  昭和20年代の終わりに登場するプラスチックが、その後のおもちゃの素材の中心となっていく様子
 や、精巧なブリキ製のおもちゃ、子どもたちの間で人気となった駄菓子屋で売っていたおもちゃなどを
 紹介します。
・第7章 テレビとおもちゃ
  高度経済成長期のテレビの普及や、昭和50年代からのコンピューターの普及が、おもちゃに大きな
 影響を与え、子どもたちの人気となっていったことを紹介します。
・エピローグ
  皆さんが未来の子どもたちに残し伝えたいおもちゃは何ですか?これからのおもちゃのあるべき姿に
 ついて考えます。

(6)主催  :三重県総合博物館
(7)特別協力:日本玩具博物館
(8)後援  :三重県博物館協会、歴史街道推進協議会
(9)助成  :公益財団法人 岡田文化財団

2 展示室でおもちゃで遊ぼう  ※イベントの参加はすべて無料です。
(1)昔からあるおもちゃを動かしてみよう。
(2)巨大すごろくが登場。自分がコマになってゴールまで進もう。
(3)トリケラトプスの全身骨格レプリカが登場。ブロックで作って記念撮影をしよう。
   協力:株式会社 アーテック、株式会社 ロボネット
(4)木のおもちゃがずらり。カタコトカタコト遊んでみよう。
   協力:木工工房 モクスキ、木工房 いやしのコトコト人形

   日時:企画展開催期間中・観覧時間内
   場所:3階 企画展示室
   対象:未就学児は保護者の同伴が必要です。企画展の観覧券が必要です。

3 関連イベント  ※イベントの参加はすべて無料です。
(1)記念講演会
   日時:7月14日(土)
      13時30分から15時まで
   場所:3階 レクチャールーム
   講師:日本玩具博物館 学芸員 尾崎 織女(おざき あやめ)氏
   演題:近代のおもちゃ文化史~明治・大正・昭和~
   定員:80人(当日受付・先着順)

(2)ギャラリートーク
   内容:企画展をみながら、担当学芸員が展示解説を行います。
   日時:7月8日(日)・8月18日(土)
      各日11時から12時まで、14時から15時まで
   場所:3階 企画展示室
   対象:どなたでも参加できますが、企画展の観覧券が必要です。(当日受付)

(3)おもちゃの病院出張診療
   内容:乳幼児から小学生対象のおもちゃの診療(修理)に来てくれます。
      診療(修理)代は無料ですが、部品が必要になった場合は部品代のみいただきます。
   日時:7月8日(日)・28日(土)・8月12日(日)
      各日10時から12時まで、13時から16時まで(診療受付は15時まで)
   場所:2階 エントランス
   受付:先着順で診療しますので、お待ちいただくこともあります。
   備考:具体的な修理内容等は、下記の「受診案内」をご覧ください。
      http://www.zb.ztv.ne.jp/tsu-omocha/tsu/annai.htm
   協力:津おもちゃ診療所

(4)巨大プラスチックレール鉄道おもちゃ運転会
   内容:巨大ジオラマで自分の列車を走らせることができます。
   日時:7月14日(土)・15日(日)
      各日10時から16時まで
   場所:2階 交流展示室
   対象:どなたでも参加できますが、未就学児は保護者の同伴が必要です。
   協力:鉄道おもちゃ博物館(三重のまんなか・まちかど博物館)

(5)大人のための知育玩具活用講座
   日時:7月16日(月・祝)
      13時30分から15時まで
   場所:3階 レクチャールーム
   講師:株式会社ロボネット 堀田 武志氏
   演題:子どもの発育をのばす、一歩進んだ知育玩具の活用法
   定員:30人(当日受付・先着順)
   備考:未就学児に限り、保護者との同伴可能。

(6)ミニ四駆を走らせよう!
   内容:特設コースでミニ四駆のレースを体験でき、自分の車を走らせることもできます。
   日時:7月21日(土)・22日(日)
      各日10時から12時まで、13時から16時まで
   場所:2階 交流展示室
   定員:3人1組で3周のレースを順番に体験していただきます。(当日受付・先着順)
   対象:5歳以上中学3年生までで、未就学児は保護者の同伴が必要です。
      企画展の観覧券が必要です。
   協力:本の王国 文化センター前店
   備考:株式会社タミヤの公式イベントではありません。

(7)変形合体ネジーを組み立てよう!
   内容:オリジナルのネジパーツで、ロボットを組み立てます。
   日時:7月28日(土)・29日(日)
      各日10時から12時まで、13時から16時まで(30分交代制)
   場所:2階 交流展示室
   定員:各回50人(当日受付・先着順)
   対象:5歳以上中学3年生までで、未就学児は保護者の同伴が必要です。
      企画展の観覧券が必要です。
   協力:有限会社 大河内

(8)楽しいかんたんてづくりおもちゃワークショップ
   内容:三重大学美術教育コースの学生による、おもちゃ工作が体験できます。
   日時:8月18日(土)・19日(日)
      各日10時から12時まで、13時から16時まで(30分交代制)
   場所:3階 学習交流スペース
   定員:各回20人(当日受付・先着順)
   対象:どなたでも参加できますが、未就学児は保護者の同伴が必要です。
      企画展の観覧券が必要です。
   協力:三重大学美術教育コース

(9)ボードゲームを楽しもう!
   内容:簡単にできる、世界中のいろいろなボードゲームを体験できます。
   日時:8月25日(土)・26日(日)
      各日10時から12時まで、13時から16時まで(30分交代制)
   場所:2階 交流展示室
   定員:各回30人(当日受付・先着順)
   対象:5歳以上中学3年生までで、未就学児は保護者の同伴が必要です。
      企画展の観覧券が必要です。
   協力:特定非営利活動法人 津市NPOサポートセンター(SANTAS)

4 タイアップイベント「ミエトイ・キャラバン in MieMu」
   内容:三重の木のおもちゃや遊具とのふれあいを通じて、木と親しむ「木育(もくいく)」イベント
      を同時開催!木を使った楽しい工作ができる「森の学校」と「わくわく木育ワークショップ」
      も行われます。
   期間:企画展開催期間中
   時間:9時から17時まで
   場所:2階 交流展示室ほか
   参加費:遊具・おもちゃの体験、「森の学校」は無料。「わくわく木育ワークショップ」は有料。
   主催:三重県農林水産部みどり共生推進課
   共催:みえ森づくりサポートセンター、みえの木育ネットワーク
   備考:「森の学校」「わくわく木育ワークショップ」は、事前申し込みとなります。
      詳しい日程や申し込み方法、参加費などは、下記ホームページでご確認ください。
      http://www.pref.mie.lg.jp/MIDORI/HP/m0118500072.htm

関連資料

  • 案内チラシ(PDF(952KB))

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県総合博物館(MieMu) 〒514-0061 
津市一身田上津部田3060
電話番号:059-228-2283 
ファクス番号:059-229-8310 
メールアドレス:MieMu@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000214975