現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 三重県総合博物館 >
  5.  三重の実物図鑑 特集展示「明治前期の三重のできごと」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 総合博物館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成31年04月06日

三重の実物図鑑 特集展示「明治前期の三重のできごと」を開催します

 三重県総合博物館(MieMu)では、明治時代前期に起こった三重の出来事を、当館が所蔵する歴史的公文書などで紹介します。

1 期間
  平成31年4月16日(火)から5月19日(日)までの開館時間中

2 場所
  三重県総合博物館3階 三重の実物図鑑人文コーナー(津市一身田上津部田3060)
  どなたでも無料でご覧いただけます。

3 概要
(1)三重県庁舎の新築と市町村合併
    1877(明治10)年頃から1890年代には、中央集権化に伴い、地方制度の改革、市町村合併が
   推し進められました。三重県内でも三重県庁舎が新築され、新しい市町村が誕生しました。
   ここでは、新庁舎建設や市町村合併に関する公文書を展示します。

(2)産業振興と博覧会への出品
    明治政府は近代化政策の一環として、在来産業の奨励、欧米技術の導入など殖産興業政策を推進
   し、内国勧業博覧会を開催しました。三重県でも1878(明治11)年に県内博覧会が開催され、
   全国に誇れる多くの名品が出品されました。
   ここでは、博覧会に関連した公文書や実物を展示します。

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県総合博物館(MieMu) 〒514-0061 
津市一身田上津部田3060
電話番号:059-228-2283 
ファクス番号:059-229-8310 
メールアドレス:MieMu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000225323