現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 斎宮歴史博物館 >
  5.  逸品~エントランス無料企画展示~ 「第4回 三衣一鉢(さんえいっぱち)~斎宮と仏教の不思議な関係~」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 斎宮歴史博物館  >
  4.  調査研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成28年12月15日

逸品~エントランス無料企画展示~ 「第4回 三衣一鉢(さんえいっぱち)~斎宮と仏教の不思議な関係~」を開催します

 斎宮歴史博物館では、これまで展示の機会がなかった博物館資料の中から、選りすぐった「逸品(いっぴ
ん)」を展示するミニ企画展を開催しています。
 平成28年度最後の第4回となる展示では、伊勢神宮との関係が深く、仏教的な色合いをもつ文物である
鉢の形をした須恵器(すえき)を紹介します。

1日時
  平成28年12月20日(火)から平成29年1月22日(日)まで
  9時30分から17時まで (ただし展示室への入館は16時30分まで)
  ※博物館の休館日の平成28年12月26日(月)、29日(木)~31日(土)と平成29年1月1
   日(日)~3日(火)、10日(火)、16日(月)を除きます。
 
2場所
  斎宮歴史博物館エントランスホール(三重県多気郡明和町竹川503)

3内容
  斎宮は伊勢神宮との関係が深いことから、斎宮制度のうえでは仏教的なものを避けていました。仏教に
 関わる言葉、たとえば「僧」を「髪長(かみなが)」、「お経」を「染紙(そめがみ)」とわざわざ言
 い換える「忌詞(いみことば)」が定められていたほどです。
  ところが、史跡斎宮跡の中でも、寺院などで使われ、僧の最低限の持ち物を指す「三衣一鉢」のひとつ
 にあたる「瓦鉢(がはつ)」と呼ばれる須恵器の鉢がしばしば出土します。本来は相いれないはずの斎宮
 と仏教の知られざる一面を紹介します。
  展示資料: 須恵器 瓦鉢 1点

  ※「三衣一鉢」 「さんえいっぱち」(「さんねいっぱつ」とも)と読みます。簡素な生活を送るべき
          とされた修行僧が所有することを許された最低限の持ち物で、三種類の衣と托鉢(た
          くはつ)などに使う金属や陶器でできた鉢を指します。

4観覧料金
  無料(常設展の観覧には別途観覧料が必要です)

5問い合わせ先
  斎宮歴史博物館 調査研究課
  電話:0596-52-3800(代)  FAX:0596-52-3724 

関連資料

  • 斎宮跡出土の瓦鉢形の須恵器・現代の托鉢僧(PDF(156KB))

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 斎宮歴史博物館 調査研究課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7027 
ファクス番号:0596-52-3724 
メールアドレス:saiku@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000190527