現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 斎宮歴史博物館 >
  5.  「国史跡斎宮跡第189次調査~初期斎宮の発掘調査と解明~」を公開します!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 斎宮歴史博物館  >
  4.  調査研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年01月21日

「国史跡斎宮跡第189次調査~初期斎宮の発掘調査と解明~」を公開します!

 斎宮歴史博物館では、斎宮跡第189次発掘調査現場を、気軽に見学することのできるように県民の皆様に開放します。第189次発掘調査現場は、史跡西部に位置する「初期斎宮」に該当する場所にあたります。「初期斎宮」は、大来皇女(おおくのひめみこ)が生活したと考えられる飛鳥時代・奈良時代の斎宮ですが、全貌はいまだ解明されていません。その解明を進める発掘調査現場で、歴史ロマンを体感してください。
 また、調査現場公開中には斎宮歴史博物館で発掘調査速報展示「初期斎宮~その成果と展望~」を平成29年1月17日(火)から開催しますので、あわせてお楽しみください。

1 公開期間   平成29年1月30日(月)から3月3日(金)までの平日(月曜日から金曜日) 
         ※ ただし、雨天時や発掘作業を休止している場合は見学できませんので、ご来場の際
           は、事前にお問い合わせください。
2 公開時間   9時から12時まで、13時から16時まで
3 場所     国史跡斎宮跡第189次発掘調査現場(三重県多気郡明和町竹川字中垣内428-2)
         ※ 斎宮歴史博物館から南に約500mの近鉄線路北側です。車でお越しの際は、ふる
           さと広場南の砂利敷駐車場に駐車してください。駐車場から徒歩約5分で発掘調査
           現場までお越しいただけます。
4 参加料    無料
5 見どころ   飛鳥時代・奈良時代のいわゆる「初期斎宮」の中でも奈良時代の区画と考えられる柱列
         の北辺部を探る発掘調査です。過去の発掘調査から、区画の規模は東西方向の幅が50
         mほどであることが確認されていますが、南北方向についてはわかっていませんでし
         た。そのため、今回の調査で柱列の北辺部を確認することができれば、奈良時代斎宮の
         区画規模などの実態解明に繋がる発見となります。その他、区画内部の大来皇女が生活
         したと考えられる建物の解明なども期待されます。
6 問い合わせ先 斎宮歴史博物館 調査研究課
          電話:0596-52-3800(代表)
          FAX:0596-52-3724
7 主催     斎宮歴史博物館

(参考)期間中の関連イベント
○斎宮歴史博物館 発掘調査速報展示「初期斎宮~その成果と展望~」を開催します!
(1)場所   斎宮歴史博物館 常設展示室Ⅱ 速報展示コーナー(三重県多気郡明和町竹川503)
(2)日時   平成29年1月17日(火)から平成29年5月7日(日)まで
        9時30分から17時まで(ただし入館は16時30分まで)
        期間中の休館日:月曜日(祝休日の場合はその翌日)
(3)観覧料金 常設展の観覧料が必要です。
        一般340円、大学生220円、高校生以下無料
        団体(20名以上)の場合:一般260円、大学生180円、高校生以下無料

第189次調査の場所

過去の発掘調査(第146次)でみつかった奈良時代の区画を表す柱列

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 斎宮歴史博物館 調査研究課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7027 
ファクス番号:0596-52-3724 
メールアドレス:saiku@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000196342