現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 斎宮歴史博物館 >
  5.  第1回「さいくう西脇殿歴史フォーラム」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 斎宮歴史博物館  >
  4.  学芸普及課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成31年04月27日

第1回「さいくう西脇殿歴史フォーラム」を開催します
~平安時代の復元建物で斎宮を感じる・学ぶ~

 斎宮歴史博物館は、平安時代はじめの斎宮の中心施設である「寮庁(りょうちょう)」を再現した「さい
くう平安の杜」に復元された建物のひとつ「西脇殿(にしわきでん)」で、斎宮や周辺地域の歴史や文化を
感じ、学ぶ講座・シンポジウム「さいくう西脇殿歴史フォーラム」(全5回)を開催します。
 第1回は、伊勢参りと斎宮、斎王や天皇の交替についてのお話です。平安時代の空間で、斎宮の歴史・文
化に触れてみませんか。

1 開催日時
 平成31(2019)年5月25日(土) 13時30分から15時30分まで
 ※受付開始は13時から

2 会場
 「さいくう平安の杜」西脇殿(多気郡明和町斎宮2800番地)

3 内容
 ・「伊勢参りのトリビア(雑学)」
    講師 船越重伸(斎宮歴史博物館)
    伊勢神宮という神社がある?知っているようで知らない伊勢参りに関係する雑学のお話です。かつ
    て伊勢神宮に仕えた皇女「斎王」が暮らした都「斎宮」にまつわることも含めてお話しします。
 ・「斎王の交替と天皇の交替」
    講師 榎村寛之(斎宮歴史博物館)
    斎王は天皇一代に一人と定められていますが、どのように交替したのでしょう。新しい斎王の選ば
    れ方、伊勢斎宮への旅などについて、天皇の代替わりの儀礼も少しふれながらご紹介します。

4 参加方法
 事前申込不要・当日会場先着100名(当日会場に直接お越しください)

5 参加費
 無料

6 会場への交通
 電車でお越しの場合
  近鉄斎宮駅 史跡公園口から右方向(伊勢側)にむかって徒歩3分
 お車でお越しの場合
  伊勢自動車道玉城ICより車で約20分
  松阪・伊勢市内より車で約30分
   ※史跡公園「さいくう平安の杜」東側の臨時駐車場、もしくは北側の「いつきのみや地域交流センタ
    ー」の駐車場をご利用ください。

7 問い合わせ先 
 斎宮歴史博物館 学芸普及課「さいくう西脇殿歴史フォーラム」係
 〒515-0325 三重県多気郡明和町竹川503番地
 電 話 0596-52-3800(代表)
 FAX 0596-52-3724

8 主催    
 斎宮歴史博物館

9 協力    
 明和町・公益財団法人 国史跡斎宮跡保存協会

10 今後の予定
 第2回 平成31(2019)年8月3日(土) 13時30分から15時30分まで
     ・「斎宮薬部司をめぐって」(斎宮歴史博物館 大川勝宏)
     ・「下園東区画の考古学的成果の示すもの~いつきのみや地域交流センターの地下には
       何があったの?~」(斎宮歴史博物館 宮原佑治)
 第3回 平成31(2019)年11月2日(土) 13時30分から15時30分まで
     ・「万葉集と大来皇女」(斎宮歴史博物館 岸田早苗)
     ・「三条天皇と当子内親王~斎王への天皇の期待~」(斎宮歴史博物館 松田 茜)
 第4回 平成32(2020)年1月25日(土)  13時30分から15時30分まで
     ・「ザイショの身近な歴史~明和町の歴史ストーリーとその特徴~」
                        (明和町斎宮跡・文化観光課 乾 哲也)
     ・「中世の斎宮と伊勢平氏」(斎宮歴史博物館 天野秀昭)
 第5回 平成32(2020)年3月14日(土) 13時30分から16時00分まで
     ・発掘成果によるミニシンポジウム (斎宮歴史博物館 調査研究課)

関連資料

  • さいくう西脇殿歴史フォーラム チラシ(PDF(446KB))

関連リンク

地図情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 斎宮歴史博物館 学芸普及課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7026 
ファクス番号:0596-52-3724 
メールアドレス:saiku@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000225969