現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 国民健康保険・後期高齢者医療制度 >
  5. 福祉医療費助成制度 >
  6.  子どもの医療費助成における補助制度を拡充します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 健康福祉部  >
  3. 医務国保課  >
  4.  国保事業支援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年12月27日

子どもの医療費助成における補助制度を拡充します

 三重県は、子どもの医療費助成における現物給付化に対応するため、市町に対する補助制度である福祉医療費助成制度を拡充することとしました。

 1 現行制度の概要
  医療機関の窓口で自己負担分を支払った後、2か月程度で自己負担の全額が自動償還される仕組みと 
 なっています(自動償還払方式)。実施主体は市町であり、県は市町に対して2分の1の負担割合で補助
 を行っています。

 2 制度拡充の目的
   現行の自動償還払方式による窓口での一時的な医療費負担も困難な家庭の存在が指摘されていること
  から、家庭の経済状況に関わらず子どもがより安心して医療を受けることができるよう、セーフティ 
  ネットの拡充を目的とします。

 3 新たな補助対象
 (1)対象制度
    現物給付:医療機関の窓口で自己負担分の支払いをすることなく診療を受けることができる方式
 (2)対象者
   ① 「一人親家庭等医療費助成制度」の対象となる0~6歳の子ども
   ② 児童扶養手当の所得制限基準を適用した「障がい者医療費助成制度」の対象となる
     0~6歳の子ども
   ③ 児童扶養手当の所得制限基準を適用した「子ども医療費助成制度」の対象となる
     0~6歳の子ども

 4 導入時期
   平成31年4月導入を目途とします。
   なお、市長会等からの要望も踏まえて、準備を急いでいただき平成31年度より早く現物給付を導入
  する市町に対しては、早期のセーフネットの拡充は望ましいことから、平成30年9月受診分からの助
  成分についても補助対象とします。

関連資料

  • (参考1)全国の制度状況一覧(PDF(179KB))
  • (参考2)県内市町の制度状況一覧(PDF(217KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 健康福祉部 医療対策局 医務国保課 国保事業支援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2285 
ファクス番号:059-224-2340 
メールアドレス:iryos@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000209739