現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 雇用・仕事さがし >
  4. 就労支援 >
  5. 障がい者の就労支援 >
  6.  障がい者やひきこもり状態にある人を対象に分身ロボットを活用したテレワーク就労体験を実施します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 雇用対策課  >
  4.  障がい者雇用班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和03年11月16日

障がい者やひきこもり状態にある人を対象に分身ロボットを活用したテレワーク就労体験を実施します

 県では新型コロナウイルスの感染防止や通勤負担の軽減などの観点を踏まえて、令和2年度から「障がい者のテレワーク」による就労促進に取り組んでいます。今年度は、障がい者に加えて、ひきこもり状態にある人も対象として、下記のとおり就労体験を実施します。

                     記

1 目的
  分身ロボットを活用することで、重度の身体障がいやコミュニケーションが苦手な障がい者、ひきこも
 り状態にある人など、これまでなかなか就労につながらなかった方々の新しい就労形態のひとつとして推
 進するとともに、県民や企業の方へ障がい者などの多様な働き方について理解の促進を図ります。

2 協力事業所(計2団体)
  ①社会福祉法人洗心福祉会シルバーケア豊壽園 白塚指定居宅介護支援センター(津市)
   期間:令和3年11月22日(月)から12月10日(金)
      平日午前10時から午後3時の間で実施
  ②株式会社OCKBa-mi(オーシーケーバーミィー) ステップアップカフェ「だいだい食堂」(津市)
   期間:令和3年12月14日(火)から12月24日(金)
      土日月を除く平日午前11時から午後2時の間で実施
   ※訓練時間は、1日あたり約1時間から半日程度です。

3 参加予定団体(計8団体、参加予定者数計30名※今後、参加者が増えることがあります。)
  (1)特別支援学校(4校、生徒計10名)
    特別支援学校北勢きらら学園(四日市市)
    城山特別支援学校(津市)
    度会特別支援学校(度会町)
    特別支援学校東紀州くろしお学園おわせ分校(尾鷲市)
  (2)就労支援事業所等(4団体、障がい者及びひきこもり状態にある人計20名)
    一般社団法人 COCOLO(こころ)(鈴鹿市)
    一般社団法人 家庭教育研究センター FACE(ふぁす)(鈴鹿市)
    就労移行支援事業所・自立生活訓練支援 ぐりー(鈴鹿市)
    社会福祉法人 聖マッテヤ会 ふらっと・つぅ(津市)

4 取組の概要
   シルバーケア豊壽園では、特別支援学校の生徒を中心に、分身ロボットを介して、遠隔地のデイサ
  ービスを利用する祖父母のような年代の高齢者と会話します。
   また、「だいだい食堂」では、分身ロボットを操作して、あいさつやメニュー紹介などの接客業務
  を体験します。

5 使用する分身ロボット OriHime(株式会社オリィ研究所。東京都)

6 取材対応
   本事業に関する取材については、取材対応可能な日にち及び時間帯の連絡のほか、協力事業所及び
  参加者に対して事前に調整(※)が必要な場合があるため、雇用対策課にご相談をお願いします。
  ※体験開始日(11月22日)の予定 13時00分から14時00分 城山特別支援学校の生徒が参加

7 問い合わせ先
  (就労体験全般について)
    雇用経済部雇用対策課    TEL 059-224-2510 FAX 059-224-2455
                  メール koyou@pref.mie.lg.jp
  (特別支援学校での取組について)
    県教育委員会特別支援教育課 TEL 059-224-2961 FAX 059-224-3023
                  メール shienkyo@pref.mie.lg.jp

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 雇用対策課 障がい者雇用班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2510 
ファクス番号:059-224-2455 
メールアドレス:koyou@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000255697