現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3.  【中止】みえ食の産業振興フォーラムを開催します!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 中小企業・サービス産業振興課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成28年08月30日

【中止】みえ食の産業振興フォーラムを開催します!
~10年後の県食関連産業の隆盛に向け、私たちが今やるべきことは何か~

【平成28年9月20日追記】
 ◆みえ食の産業振興フォーラムは、台風16号接近に伴い、中止します。◆



 三重県では食関連産業の振興を図るため、その取組のキック・オフとして「みえ食の産業振興フォーラム」を開催します。
                       記
1 日 時  平成28年9月20日(火)13時00分~16時45分
2 場 所  志摩観光ホテル「真珠の間」
       (三重県志摩市阿児町神明731)
3 趣 旨
   伊勢志摩サミットでは、三重県の食材や料理、そして料理人の活躍が訪れた方々を魅了しました。
  私たちは、この伊勢志摩サミットで得たレガシーを三重県の食関連産業の振興につなげていく必要があ
  ります。その実現に向けては、サミット終了後のこの契機に、関係者が一丸となって食関連産業の将来
  を担う人材育成について議論を深め、課題を共有するとともに、改善策を検討し、具体的な取組をス
  タートさせていくことが重要です。その取組のキック・オフとして「みえ食の産業振興フォーラム」を
  開催します。
4 日 程
(1)主催者挨拶
  時間 13時00分~13時05分
  内容 あいさつ 三重県知事 鈴木英敬 
(2)トークライブ
  時間 13時05分~13時40分
  出演者 志摩観光ホテル 総料理長 樋口宏江
  県立相可高等学校 教諭 村林新吾
  三重県知事 鈴木英敬
  内容 樋口総料理長と村林教諭をゲストに、鈴木知事が「みえの食」に込める思いや将来への展望など  について対談します。

(3)先進事例紹介
  時間 13時40分~14時50分
  発表者 
  学校法人中村学園産学官連携推進統括コーディネーター 田﨑由香
  内容 経済産業省や教育関係者、食品関連企業等から注目を集める全国初の「フード・マネジメント学
     科」を来春開設する中村学園大学(福岡市)。その内容や開設に至るまでの経緯、地域との連携
     などについて紹介していただきます。
(4)パネルディスカッション
  時間 15時15分~16時45分
  コーディネーター
   東京未来大学 モチベーション行動学部教授 石阪督規
  パネラー
   井村屋株式会社 開発事業戦略本部長 伊藤宏規
   ユマニテク調理製菓専門学校校長  宇佐見靖夫
   株式会社ボン ヴィヴァン代表取締役社長  河瀬 毅
   ヤマモリ株式会社 代表取締役専務執行役員 三林憲司
   三重県立相可高等学校教諭 村林新吾
   学校法人中村学園大学産学官連携推進センター副センター長 渡辺圭祐
  内容「10年後の県食関連産業の隆盛に向け、私たちが今やるべきことは何か」をテーマに、本県食関
     連産業の振興に関わる各パネラーから人材育成に関するご意見をいただき、これからの取組につ
     なげていきます。
5 参加申込
(1)申込方法 以下のいずれかの方法により申込 
  ①チラシ裏面の参加申込書に必要事項を記載の上、FAX送信
  ②会社名・所在地・役職名・氏名・連絡先・当日の交通手段を記載の上、メール送信
   ※食関連産業に関わる方を対象としています。
(2)対象者 県内高等学校、短大、大学、料理専門学校の教員及び管理者、県内食関連企業の役員、
   ホテル・レストラン経営者、県内関連行政機関、市町及び商工団体
(3)定員  150名
(4)締切  9月12日(月)17時必着
(5)問い合わせ・申し込み先
   三重県雇用経済部 中小企業・サービス産業振興課 食の産業振興班
   TEL 059-224-2458 FAX 059-224-2078 
   E-mail:syokusan@pref.mie.jp

(参考)中村学園大学とは
 1953年(昭和28年)に認可された学校法人中村学園(福岡市)が設置する大学。1954年(昭和29年) に開校した福岡高等栄養学校をスタートに、栄養学、家政学を中心に短期大学、大学、大学院を次々に開 設。管理栄養士の国家試験合格率は全国トップクラス(全国3位、九州1位)を誇り、初等教育分野でも 多くの教員を輩出している。来春には、栄養科学部に全国初の「フード・マネジメント学科」を開設す る。
 なお、同大学の「フード・マネジメント学科教育プログラム」は、経済産業省の平成27年度サービス経 営人材育成大賞を受賞し、事業採択された全国17大学の中でトップの評価を得ている。

【トークライブ出演者経歴】
○志摩観光ホテル 総料理長 樋口宏江
 三重県出身。1991年に志摩観光ホテルに入社。23歳の若さでホテル志摩スペイン村のフランス料理「ア ルカサル」シェフに抜擢される。志摩観光ホテル先代総料理長宮崎英男(現:料理顧問)の薫陶を受け、 料理人としての料理哲学や芸術性を磨く。2008年ベイスイート開業とともにフレンチレストラン「ラ・ メール」シェフに就任。伝統の味を踏まえつつ、新しい感性をプラスし「海の幸フランス料理」を進化さ せてきた。伊勢志摩サミットでは3人の料理人を総括し、自身は初日のディナーを担当した。


○県立相可高等学校 教諭 村林新吾
 松阪市の日本料理店の長男として生まれる。大阪経済法科大学経済学部卒業後、大阪あべの辻調理師専門 学校に入学。同校で10年間教鞭をとり、『料理天国』などの料理番組の助手も務める。94年三重県立相 可高等学校に「食物調理科」が創設されると同時に、高校教師に転身。95年" 即戦力となる料理人を育 てる"を目標に調理クラブを発足させる。以降、持ち前の専門的技術と調理教育にかける情熱から、生徒 は数々の全国料理コンクールにて入賞・優秀な成績をおさめ、2010年受賞回数は250を越えた。
 伊勢志摩サミットにおける配偶者プログラムの昼食会では、相可高校の生徒たちが調理を担当し、その指 導で大きな役割を果たした。

【先進事例発表者経歴】
○学校法人中村学園 産学官連携推進統括コーディネーター 田﨑由香
 統括コーディネーターとして、経済産業省補助事業のマネジメントや企業等との共同研究のアレンジなど 産学官連携全般を担当。民間企業と大規模な共同研究契約を獲得するなど、大学シーズの社会実装に数多くの実績を有している。

【パネルディスカッションパネラー等経歴】
○東京未来大学 モチベーション行動学部教授 石阪督規
 東京都出身。広島大学大学院社会科学研究科博士課程後期単位取得。三重大学人文学部講師、助教授、准教授を経て、同大学キャリア支援センター長(併任)就任。2012年4月から東京未来大学モチベーション行動科学部に移籍し、2015年4月から東京未来大 学モチベーション行動科学部 教授。
 専門は社会学・地域社会学。国政・地方選挙の立候補予定者による公開討論会をはじめ、男女共同参画、若者自立支援、まちづくり、地域再生などにかかわるイベント、シンポジウムに多数参加。

○井村屋株式会社 開発事業戦略本部長 伊藤宏規
 三重県津市出身。1976年 井村屋製菓㈱入社。 2006年 商品開発部長 、2009年 IMU(井村屋USA)
COO(最高経営執行者) を経て2015年から井村屋グループ㈱取締役CTO(最高技術責任者) 兼、井村屋㈱常務取締役 開発事業戦略本部長。現在に至る。

○ユマニテク調理製菓専門学校校長  宇佐見靖夫
 1992年 学校法人大橋学園入職。2002年 ユマニテク調理製菓専門学校 調理学科長。
2006年 ユマニテク調理製菓専門学校 副校長、2016年から現職。四日市地区調理師協会理事、一般社団法人三重県調理師連合会理事。

○株式会社ボン ヴィヴァン代表取締役社長  河瀬 毅
 1954年、三重県生まれ。大学を中退後、洋食店見習いコックとして料理人としてのキャリアをスター ト。79年に上京し、渋谷、六本木のフレンチレストランにて研鑽を積む。83年に独立し、地元伊勢に『ボンヴィヴァン』をオープン。フランス家庭料理の店として始まり、後に本格フレンチレストランも増設。 伊勢市内や県内に姉妹店を立ち上げるなど、伊勢フレンチを牽引している。伊勢市内のレストランのシェ フ、オーナーシェフで構成されるうましくに伊勢シェフクラブ会員。

○ヤマモリ株式会社 代表取締役専務執行役員 三林憲司
 明治大学 経営学部卒。 1990年 ヤマモリ入社。 1996年 マーケティング部長 。2008年 管理本部長兼 総務人事部長。 2013年 経営企画室長兼 管理本部長。 2015年 経営企画室長兼 営業本部長。

○学校法人中村学園大学 産学官連携推進センター副センター長 渡辺圭祐
 中村学園において経営企画や産学官連携全般を担当。経済産業省にて中小企業支援、JAXAにて技術移転、ものづくり企業にて経営戦略、その他ベンチャー企業取締役等を歴任。芝浦工業大学産学官連携本部の設立も手がけ、企業との契約実績を3倍以上に成長させる等の実績も有している。政府ものづくり日本大賞特別賞を受賞。直近では内閣府にて大学を中心とするイノベーション実現のための政府戦略の立案を担当した。

関連資料

  • みえ食の産業振興フォーラムチラシ(PDF(903KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 中小企業・サービス産業振興課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2534 
ファクス番号:059-224-2078 
メールアドレス:shinsan@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000186265