現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 観光 >
  4.  三重県・奈良県・島根県・皇學館大学連携シンポジウム『今改めて考える「遷宮・式年造替」とは何か』の参加者を募集します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 観光政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年02月07日

三重県・奈良県・島根県・皇學館大学連携シンポジウム『今改めて考える「遷宮・式年造替」とは何か』の参加者を募集します

 三重県、奈良県及び島根県は、「記紀・万葉・神話」にゆかりがあり、アンテナショップも日本橋に揃っていることから、3県で連携して記紀神話や遷宮を核とした観光情報発信を行っているところです。
 この度、連携事業のひとつとして、三重県・奈良県・島根県・皇學館大学連携シンポジウム『今改めて考える「遷宮・式年造替」とは何か』を企画しましたので、下記のとおり参加者を募集します。


1 日時
  平成29年3月4日(土)13時30分~16時00分(12時30分開場)

2 場所
  大阪産業創造館 4階イベントホール(大阪市中央区本町1-4-5)

3 内容
(1)主催者挨拶 (13時30分~13時35分)
(2)基調講演  (13時35分~14時15分)
  ○演題:起源の語り と、遷宮儀
         ~意識伝承された起源譚から、造替遷宮儀を彷徨う~
  ○講師:出雲大社 権宮司 千家和比古 氏
(3)シンポジウム(14時30分~16時00分)
  ○テ ー マ:『遷宮・式年造替』とは何か
  ○パネリスト:岡田芳幸 氏(皇學館大学 研究開発推進センター 教授)
         今井祐次 氏(春日大社式年造替奉賛会事務局次長・春日大社 禰宜)
         千家和比古 氏(出雲大社 権宮司)
  ○司   会:錦田剛志 氏(万九千神社 宮司、しまね観光PR大使)

4 参加費 無料

5 定員 250名(先着順)

6 申込方法
(1)ハガキに次の事項を記載の上お申し込みください。
  ①連携シンポジウム受講希望、②お名前(ふりがな)、
  ③同伴者の方のお名前(ふりがな)、④ご住所、⑤電話番号
(2)申込先
  〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1-11-15
  若杉グランドビル別館603号 島根県大阪講座係
(3)応募締切
  平成29年2月20日(月)必着 ※ただし、定員に達し次第締め切ります。
(4)当落のご連絡
  平成29年2月20日(月)以降、受講の可否をハガキでお知らせします。

7 問合せ先
  三重県雇用経済部観光局観光政策課
  電話:059-224-2077(平日8時30分~17時15分 土日祝休)

8 主催
  三重県・奈良県・島根県・皇學館大学

9 その他
  奈良県、島根県及び大阪府の各府県政記者クラブへも資料提供します。

関連資料

  • チラシ(PDF(1MB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 観光局 観光政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁1階)
電話番号:059-224-2077 
ファクス番号:059-224-2801 
メールアドレス:kanko@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000197323