現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 建設業 >
  5. 建設業に関するお知らせ >
  6.  建設工事等に係る資格(指名)停止措置
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 建設業課  >
  4.  入札制度班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年09月29日

建設工事等に係る資格(指名)停止措置

 平成29年9月28日、三重県建設工事等資格(指名)停止措置要領に基づき県土整備部建設工事競争入札審査会を開催した結果、下記のとおり資格(指名)停止することとしました。

                      記

1 資格(指名)停止業者名
 ア 株式会社丸八土建 代表取締役 橋本 智弥
 (多気郡大台町江馬668-1)
 イ 株式会社マルハテック 代表取締役 磯田 茂
 (松阪市飯南町深野3684番地)

2 資格(指名)停止期間
 平成29年9月29日から平成29年10月28日まで(1か月) 

3 資格(指名)停止理由
 松阪建設事務所発注の一般国道422号平成27年国災第200号道路災害復旧工事において、平成29年8月23日に一次下請負人である株式会社マルハテックの作業員1名が法面工事準備中、高所作業用ロープの取り扱いを誤り、法面上を約10m転落し負傷した。
 この事故の原因について、平成29年9月21日開催の県土整備部建設工事事故調査委員会において、一次下請負人である株式会社マルハテックが、ロープ高所作業指揮者に、作業中の安全帯等の使用状況を監視させていなかったこと【労働安全衛生法第21条第2項(労働安全衛生規則第539条の6第2号)】、及び、元請負人である株式会社丸八土建が、関係請負人の労働者に労働安全衛生法に違反しないよう必要な指導を行っていなかったこと【労働安全衛生法第29条第1項】が、作業員の転落に至った原因であり、元請負人及び一次下請負人の安全管理の措置が不適切であったと判断された。
 なお、この事故に関して、平成29年8月31日に松阪労働基準監督署より元請負人及び一次下請負人に対し、労働安全衛生法に違反するとして是正勧告書が出されている。
 県発注工事の施工にあたり、安全管理の措置が不適切であったため、工事関係者に負傷者を生じさせたことは、三重県建設工事等資格(指名)停止措置要領別表第1第7号に該当する。
  

(参考)
●三重県建設工事等資格(指名)停止措置要領(関係部分抜粋)
別表第1第7号(安全管理措置の不適切により生じた工事関係者事故)
 県発注工事の施工に当たり、安全管理の措置が不適切であったため、工事関係者に死亡者又は負傷者を生じさせたと認められるとき
1か月以上4か月以内

●労働安全衛生法(関係部分抜粋)
(事業者の講ずべき措置等)
第21条 
2 事業者は、労働者が墜落するおそれのある場所、土砂等が崩壊するおそれのある場所等に係る危険を  防止するため必要な措置を講じなければならない。
(元方事業者の講ずべき措置等)
第29条 元方事業者は、関係請負人及び関係請負人の労働者が、当該仕事に関し、この法律又はこれに基 づく命令の規定に違反しないよう必要な指導を行なわなければならない。

●労働安全衛生規則(関係部分抜粋)
(作業指揮者)
第539条の6 事業者は、ロープ高所作業を行うときは、当該作業を指揮する者を定め、その者に前条第 一項の作業計画に基づき作業の指揮を行わせるとともに、次の事項を行わせなければならない。
 2 作業中、安全帯及び保護帽の使用状況を監視すること。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 建設業課 入札制度班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2723 
ファクス番号:059-224-3290 
メールアドレス:kengyo@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000206686