現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 建設業 >
  5. 建設業に関するお知らせ >
  6.  建設工事等に係る資格(指名)停止措置
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 建設業課  >
  4.  入札制度班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成31年01月24日

建設工事等に係る資格(指名)停止措置

 平成31年1月23日、三重県建設工事等資格(指名)停止措置要領に基づき県土整備部建設工事競争
入札審査会を開催した結果、下記のとおり資格(指名)停止することとしました。
                     記
1 資格(指名)停止業者名
  ア 株式会社百木組 代表取締役 百木孝司
   (多気郡多気町相可581)
  イ 株式会社三栄建設 代表取締役 出口正文
   (多気郡大台町江馬148-4)

2 資格(指名)停止期間
  平成31年1月24日から平成31年2月23日まで(1か月)
  
3 資格(指名)停止理由
  平成30年12月13日、松阪建設事務所発注の一般県道茅原丹生線他2川平成29年国災第608
 号・595号道路河川災害復旧工事他の資材積込み作業において、容易に移動式クレーンの旋回範囲内に
 作業員が立ち入ることができる状況下で、オペレーターの操作ミスにより荷崩れが生じた際に、一次
 下請負人の作業員1名が旋回範囲内に立ち入り負傷した。
  平成31年1月17日開催の県土整備部建設工事事故調査委員会において、この事故の原因が下記に
 あり、元請負人及び一次下請負人の安全管理の措置が不適切であったと判断された。
  ・一次下請負人である株式会社三栄建設は、資材置き場における移動式クレーンを用いて作業を行う
   ときの作業計画を定めておらず【労働安全衛生法第20条第1項(クレーン等安全規則第66条の
   2)】、また移動式クレーンの旋回範囲内への作業員の立ち入り防止措置を講じていなかった。
   【労働安全衛生法第20条第1項(クレーン等安全規則第74条)】。
  ・元請負人である株式会社百木組は、三重県公共工事共通仕様書1-1-32工事中の安全確保(安全指針
   等の遵守)の規定に基づき、介錯ロープの使用や上記の安全管理の措置に関し、一次下請負人に
   指導、教育する【労働安全衛生法第29条】か元請負人自らが講じなければならなかったがされて
   おらず、講ずるべき災害の防止が図られていなかった。
  なお、この事故に関して、平成30年12月28日に松阪労働基準監督署より、元請負人及び一次
 下請負人に対し労働安全衛生法に違反するとして是正勧告書が出されている。
  県発注工事の施工にあたり、安全管理の措置が不適切であったため、工事関係者に負傷者を生じさせた
 ことは、三重県建設工事等資格(指名)停止措置要領別表第1第7号に該当する。

 
 (参考)
  ●三重県建設工事等資格(指名)停止措置要領(関係部分抜粋)
   別表第1第7号(安全管理措置の不適切により生じた工事関係者事故)
   県発注工事の施工に当たり、安全管理の措置が不適切であったため、工事関係者に死亡者又は負傷者
  を生じさせたと認められるとき。
    1か月以上4か月以内
  ●労働安全衛生法(関係部分抜粋)
  (事業者の講ずべき措置等)
  第二十条 事業者は、次の危険を防止するため必要な措置を講じなければならない。
  一 機械、器具その他の設備(以下「機械等」という。)による危険
  二 爆発性の物、発火性の物、引火性の物等による危険
  三 電気、熱その他のエネルギーによる危険
 (元方事業者の講ずべき措置等)
  第二十九条 元方事業者は、関係請負人及び関係請負人の労働者が、当該仕事に関し、この法律又はこ
  れに基づく命令の規定に違反しないよう必要な指導を行なわなければならない。
  ●クレーン等安全規則(関係部分抜粋)
  (作業の方法等の決定等)
  第六十六条の二 事業者は、移動式クレーンを用いて作業を行うときは、移動式クレーンの転倒等によ
  る労働者の危険を防止するため、あらかじめ、当該作業に係る場所の広さ、地形及び地質の状態、運搬
  しようとする荷の重量、使用する移動式クレーンの種類及び能力等を考慮して、次の事項を定めなけれ
  ばならない。
  一 移動式クレーンによる作業の方法
  二 移動式クレーンの転倒を防止するための方法
  三 移動式クレーンによる作業に係る労働者の配置及び指揮の系統
  2 事業者は、前項各号の事項を定めたときは、当該事項について、作業の開始前に、関係労働者に周
  知させなければならない。
  (立入禁止)
  第七十四条 事業者は、移動式クレーンに係る作業を行うときは、当該移動式クレーンの上部旋回体と
  接触することにより労働者に危険が生ずるおそれのある箇所に労働者を立ち入らせてはならない。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 建設業課 入札制度班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2723 
ファクス番号:059-224-3290 
メールアドレス:kengyo@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000222366