現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化財 >
  5. 守ろう!活かそう!三重の文化財 >
  6. 埋蔵文化財 >
  7.  埋蔵文化財センター設立30周年記念 第38回三重県埋蔵文化財展 ありがとう「平成」-平成の発掘セレクト30-
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター  >
  4.  活用支援課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年08月17日

埋蔵文化財センター設立30周年記念 第38回三重県埋蔵文化財展 ありがとう「平成」-平成の発掘セレクト30-

 三重県埋蔵文化財センターは、平成元年4月、斎宮歴史博物館と併設する形で設立されました。三重県内の埋蔵文化財の発掘調査を行うとともに、その保護のため中枢的な役割を担ってまいりました。この30年間の調査遺跡数は、約760件にのぼり、総面積は約146万平方メートルに及びます。
 今回の埋蔵文化財展は、当センターの発掘調査の歴史をご覧いただくと同時に、選りすぐりの30遺跡の出土品や関連資料、約450点をご紹介いたします。この展覧会を機に皆様には埋蔵文化財保護に一層のご理解をいただくとともに郷土の歴史、地域の魅力を再発見するよい機会となりますよう、多数のご来場をお待ちしています。
                        記
1.期間 令和元年8月24日(土曜)から同年9月23日(月曜・祝日)
  ただし、8月26日(月曜)、9月2日(月曜)、9月9日(月曜)、9月17日(火曜)は休館日
2.場所 斎宮歴史博物館 特別展示室
     多気郡明和町竹川503
  電車の方 近鉄「斎宮駅」下車 徒歩約15分
  自家用車の方  伊勢自動車道「玉城IC」から約20分
3.主催 三重県埋蔵文化財センター 
4.共催 斎宮歴史博物館
5.助成 公益財団法人 岡田文化財団
6.入場料 無料(博物館展示室へは別途入館料が必要です)
7.関連イベント
  (1)記念講演「ヤマト王権からみた三重の古墳」
         (講師 広瀬和雄氏 国立歴史民俗博物館名誉教授)
   日時 令和元年8月31日(土曜)13時30分から15時00分
   場所 斎宮歴史博物館 講堂
   参加費 無料 事前申し込み不要 当日、直接会場へお越しください。 定員125名
  (2)展示説明会
   日時 令和元年8月24日(土曜)・25日(日曜)
      13時30分から14時30分
   場所  特別展示室 
   参加費 無料  事前申し込み不要 当日、開始時間までに会場へお越しください。
  (3)公開考古学講座「三重を掘る」(第3回)
   日時 令和元年9月14日(土曜) 13時30分から15時00分
   場所 斎宮歴史博物館 講堂 
   参加費 無料
   テーマ・講師 「最古の土偶-松阪市粥見井尻遺跡-」埋蔵文化財センター 中川明
          「最古の庭-伊賀市城之越遺跡」   埋蔵文化財センター 穂積裕昌
   申込み不要、定員125名
  (4) 体験コーナー 本物に触れてみよう、大型パズル・ぬりえにチャレンジ
   日時 期間中終日(メニューにより開催日が異なりますのでご注意ください。)
   場所 休憩コーナー(館内入口右側のスペース)
   申し込み 不要 直接会場へお越しください。
   参加費 無料
   内容 本物に触れてみよう・ぬり絵 (8月24日・25日、27日から31日)
   大型パズル・ぬり絵 (9月3日から6日、10日から13日、18日から20日)
8.展覧会に関する問合せ先
   三重県埋蔵文化財センター 活用支援課
   〒515-0325 多気郡明和町竹川503
   電話 0596-52-7034   FAX 0596-52-7035
 なお、イベント内容については、三重県埋蔵文化財センターのホームページもあわせてご覧ください。

県内最大の馬形埴輪(石薬師東古墳群)

古墳副葬品(東条1号墳)

日本最古の土偶(粥見井尻遺跡)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 活用支援課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7034 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000229553