現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 学校教育 >
  4. 教育施策 >
  5. 学力向上 >
  6.  平成28年度全国学力・学習状況調査結果の分析報告書を公表します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 学力向上推進プロジェクトチーム  >
  4.  学力向上推進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成28年12月06日

平成28年度全国学力・学習状況調査結果の分析報告書を公表します

 三重県教育委員会では、平成28年度全国学力・学習状況調査の結果を分析し、その分析結果とともに、子どもたちの学力向上に向けた今後の取組等を「分析報告書」としてまとめました。
 また、「分析報告書」を有効に活用していただくため、その内容や特徴を簡潔に、見やすくまとめた「ガイドブック」もあわせて作成しました。分析報告書の主な内容等については、次のとおりです。

1 「分析報告書」の構成
 第1章 三重県全体概況
 第2章 教科に関する調査の分析
 第3章 学校質問紙調査の分析
 第4章 児童生徒質問紙調査の分析
 第5章 学習指導要領の改訂等も見据えた調査項目の分析
 第6章 県内外の取組事例
 第7章 学力向上に向けた施策取組結果等の状況
 第8章 児童生徒の学力向上のための今後の取組
 第9章 各市町等別の質問紙調査

2 主な分析の概要
※< >内は、「ガイドブック」のページ数を、( )内は、「分析報告書」のページ数を示します。
(1)教科に関する調査結果<ガイドブックP.1~>(分析報告書P.3~、P.20~)
   小学校では、調査開始以来初めて、「国語B」、「算数A」で全国の平均正答率を上回りました。中
  学校では、「数学A」で全国の平均正答率に並び、小中学校合わせた8教科中3教科で全国の平均正答
  率以上となりました。
   無解答率についても、8教科中6教科で全国の平均無解答率との差が、これまでになく改善されまし
  た。
   各学校では、組織的・継続的な授業改善のPDCAサイクルを活用した教職員の取組が一層推進され
  るとともに、子どもたちが日頃の学習活動に、主体的に根気よく取り組んできたことが、成果に結びつ
  いたと考えます。
(2)学校質問紙調査結果<P.2~>(P.5~、P.29~)
   中学校での組織的な取組(校長による授業の見回り、「目標(めあて・ねらい)の提示」、「振り返
  る活動」等)の改善が見られます。小学校では、昨年度から更に改善が進んでいます。
(3)児童生徒質問紙調査結果<P.3~>(P.5~、P.43~)
   テレビの視聴時間等の改善が見られますが、スマホ等の使用時間や家での学習習慣(学習時間、復習
  等)、自主的な読書の時間については、引き続き課題が見られます。小学校では改善の方向にあるもの
  の、中学校ではあまり改善が見られない状況です。

3 特徴的な分析結果
(1)平成25年度小学校第6学年、平成28年度中学校第3学年の同一児童生徒の分析
                             <P.1>(P.16~)
  ・全教科で平均正答率・無解答率ともに全国との差が改善。
  ・スマホ等の使用時間、自主的な読書等には、依然として課題が残るものの、学校の組織的な取組等多
   くの項目で改善。
(2)課題が見られる教科の検証<P.1>(P.28)
  ① 小中学校国語A問題の「漢字の読み書き」
   ・「書き」はもとより「読み」にも継続的に課題が見られる。
  ② 中学校国語
   ・中学校国語で継続的に成果が見られる学校では、主体的・協働的な学びの視点による学習指導や図
    書館資料を活用した授業を計画的に実施。
(3)キャリア教育<P.2>(P.13、P.41~)
  ・「授業で学習したことは普段の生活や社会に出たときに役立つ」と肯定的な回答をした児童生徒の割
   合は全国より高く、肯定的な回答をした児童生徒ほど平均正答率も高い。
(4)学力が向上した中学校の取組<P.3>(P.31~)
  ・中学校数学では、習熟の遅い/早いグループへの少人数指導の取組が効果的。
(5)就寝時刻<P.4>(P.9)
  ・小学校では、基本的に就寝時刻が遅くなるほど、各教科の平均正答率も低下。
(6)規範意識<P.4>(P.65~)
  ・昨年度に引き続き、「学校の決まりを守っている」等と肯定的な回答をした児童生徒ほど、国語B問
   題をはじめ教科を問わず、平均正答率も高い。
(7)自尊感情・自己肯定感<P.4~>(P.14~、62~)
  ・「先生がよいところを認めてくれている」「理解していないところについて、分かるまで教えてくれ
   る」と肯定的な回答をした児童生徒の割合は、全国より高く、肯定的な回答をした児童生徒ほど平均
   正答率が高い。

4 今後の取組について
  「毎日が未来への分岐点」との認識のもと、全ては子どもたちの笑顔のために、授業改善等の取組の凡
 事徹底を進めるとともに、子どもたちが達成感・自己肯定感を持ち、その能力を最大限に引き出すことが
 できるよう、県教育委員会では教育行政の立場から創意工夫した取組を進め、学校・家庭・地域の取組を
 支援していきます。

5 その他 
  「分析報告書」及び「ガイドブック」は、小中学校教育課・学力向上推進プロジェクトチームのホームページ
 に掲載しています。(http://www.mie-c.ed.jp/shochu/)

関連資料

  • 平成28年度全国学力・学習状況調査結果分析報告書(PDF(16MB))
  • 平成28年度全国学力・学習状況調査結果の分析報告書(ガイドブック)(PDF(2MB))

関連リンク

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 学力向上推進プロジェクトチーム 学力向上推進班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2931 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:gakupro@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000190227